ミモザ賞(2006/04/01) のレース情報

基本情報
中山芝・右2000M
第03回 中山 03日目
9 R
芝・右2000M
晴  
1勝クラス特別
サ3才牝 (特) / 馬齢
ミモザ賞
11 頭
14:30発走
本賞金) 1,000 - 400 - 250 - 150 - 100 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
ペース平均:
7
内枠好走:
7
勝タイム:
2.01.8
前半5F:
1.01.3
後半3F:
35.5
ペース:平均
-21 (-50+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 吉田豊 54.0 2.01.8 34.4 11-11-10--7 7 46.0 スペシャルウィーク / スプライトパッサー 美) 谷原義明 454 +2 11 8
02 クビ 蛯名正義 54.0 2.01.8 35.3 -4--3--3--3 2 4.0 アグネスタキオン / レディータイクーン 美) 勢司和浩 458 -2 8 7
03 クビ 後藤浩輝 54.0 2.01.9 35.3 -3--3--4--4 1 1.8 フジキセキ / ブルーサヴァンナ 美) 秋山雅一 488 -2 2 2
04 3/4 小林淳一 54.0 2.02.0 35.3 -6--5--5--6 6 18.5 フジキセキ / ローランロード 栗) 野中賢二 452 +6 4 4
05 クビ 藤田伸二 54.0 2.02.1 35.3 -7--7--5--4 3 7.1 ヘクタープロテクター / グランドクロス 美) 堀宣行  462 0 9 7
06 北村宏司 54.0 2.02.6 35.7 -9--7--7--7 11 167.1 アグネスカミカゼ / カナミドリ 地) 林正人  448 -6 1 1
07 13/4 松岡正海 54.0 2.02.9 36.6 -1--1--1--1 8 58.4 Josr Algarhoud / ミスカースティー 美) 中野栄治 458 -4 3 3
08 11/4 石崎隆之 54.0 2.03.1 35.7 10-10-10-10 10 102.4 アジュディケーティング / オリエントサンデー 地) 小林真治 448 -9 10 8
09 11/2 田中勝春 54.0 2.03.3 36.2 -7--7--8--9 9 75.9 ホワイトマズル / リュドゥパーム 美) 戸田博文 478 -4 5 5
10 31/2 柴田善臣 54.0 2.03.9 37.6 -2--2--2--2 4 9.4 マヤノトップガン / ビューティシラオキ 美) 斎藤宏  460 -4 6 6
11 大差 横山典弘 54.0 2.06.8 39.6 -4--6--8-11 5 16.6 ボストンハーバー / ゴールデンキャロル 美) 久保田貴 462 0 7 6
単勝 11番 (7人) 46.0 枠連 7-8 (11人) 45.1 複勝 11番(7人)
8番(2人)
2番(1人)
4.9
1.4
1.1
ワイド 8-11(20人)
2-11(12人)
2-8(1人)
20.5
9.1
1.9
3連複 2-8-11 (10人) 28.5 馬連 8-11 (21人) 76.2
3連単 11-8-2 (150人) 579.2 馬単 11-8 (44人) 228.0
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 マイネサンサン 吉田豊騎手
「引っかかる馬で、2000mが初めてで外枠だったので思い切って後ろから行ったんです。4コーナーの手応えでは伸びるなと思いましたが、最後は右にモタれて追えませんでした。今日は良いペースで前が引っ張ってくれて少頭数でしたからね。今後も折り合い次第でしょう」
谷原義明調教師
「折り合わなかったらハナに行ってもいいと言っておいたんだが、あんな後ろからとは。でも、上手く吉田君が乗ってくれました。思えば新馬戦も最後方から行って勝っていたんですよね。去年の秋は体調が悪くて勝てませんでしたが、これで次を考えないとね。オークスへ向けてトライアルを使うことになるでしょう」
2着 ノンコ 蛯名正義騎手
「最後は休み明けが出たかなぁ。でも、馬は良くなっていましたよ。落ち着いて上手く流れに乗れたね。この距離も対応できて良い方向に行っている感じだね」
3着 ハネダテンシ 後藤浩輝騎手
「4コーナーの手応えなら弾けても良かったんだが。上手く直線で前も開いたのに。まだ勝ちに行くケイバをすると足りないのかなぁ」ね。馬も落ち着いて、安定して走ってくれています。もう少し、距離があった方がいいですね」
(取材:中野雷太)田豊騎手)
「1-2コーナーで外に振られるロスがあってきついレースだったけど、最後までよく踏ん張ってくれました」いたのですが、負けてしまったわけですから、結果的にはスパートが早かったということでしょう」
6着 サクラメガワンダー(内田博騎手)
「もう少し前で競馬がしたかった。外枠だったし、人気馬が前に行っていて動くに動けなかった。馬場も少し気にしていたね」
7着 ジャリスコライト(横山典騎手)
「いい感じだったし、4コーナーでの手応えもよかったのですが…。久々でしたし、まだこれからの馬ですからね」
(藤沢師)
「まあ、7番目ですからまずまずでしょうか? イレ込む馬ではないし、競馬も上手になってきていますね。いい馬ですから、これでもう少し逞しくなってくれば力を出せるでしょう。ダービーまでにもう1回使ってということにな

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する