フラワーカップ(2006/03/18) のレース情報

基本情報
中山芝・右1800M
開催
第02回 中山07日目
コース
中山芝・右1800M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
曇 良
条件
サ3才(混) 牝 (特)
頭数
16
発走時刻
15:40
回次
第 20 回
本賞金(万
4,000 - 1,600 - 1,000 - 600 - 400
レース名
フラワーカップ 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
ハイペース
直線 310 M
勝ちタイム:1.48.9
ハイペース
75 (45+30)
前半5F:
59.3
後半3F:
37.2
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 54.0 1.48.9 35.5 -5--6--6--7 6 20.7 アドマイヤベガ / ロングバージン 美) 戸田博文 418 -6 11 6
02 11/2 角田晃一 54.0 1.49.1 37.3 -2--2--2--1 1 2.0 サンデーサイレンス / ロッタレース 栗) 白井寿昭 480 -4 6 3
03 1/2 川島信二 54.0 1.49.2 35.7 -9--9--8--4 8 23.1 アドマイヤベガ / マイワイルドフラワー 栗) 石坂正  450 -14 7 4
04 3/4 吉田豊 54.0 1.49.3 35.4 12-12-11--9 4 12.8 フジキセキ / ブルーサヴァンナ 美) 秋山雅一 490 +2 2 1
05 3/4 福永祐一 54.0 1.49.4 35.7 -8--8-10--9 3 6.1 キャプテンスティーヴ / ビスクドール 栗) 池江泰寿 430 0 1 1
06 クビ 川田将雅 54.0 1.49.5 36.7 -2--3--3--3 5 14.3 グラスワンダー / シルクベルベット 栗) 矢作芳人 448 -12 8 4
07 小野次郎 54.0 1.49.7 35.8 15-16-11-12 7 22.8 マーベラスサンデー / ライトシップ 栗) 池添兼雄 464 -2 4 2
08 11/2 松岡正海 54.0 1.49.9 36.3 -9--9--8--9 11 47.1 アドマイヤベガ / サクラハゴロモ 美) 萩原清  398 -10 14 7
09 クビ 村上忍 54.0 1.50.0 35.9 14-14-14-14 16 434.3 アドマイヤボス / コスモトップレディ 美) 成島英春 440 +2 10 5
10 クビ 後藤浩輝 54.0 1.50.0 35.9 12-12-14-14 2 5.6 アグネスタキオン / ルビア 美) 萩原清  454 -4 5 3
11 21/2 北村宏司 54.0 1.50.4 38.7 -1--1--1--2 10 33.3 スペシャルウィーク / ミスティーグリーン 美) 増沢末夫 452 +4 9 5
12 11/4 田中勝春 54.0 1.50.6 37.2 -5--6--6--7 15 168.3 パークリージエント / フジノバンナ 美) 秋山雅一 454 +2 13 7
13 1/2 藤田伸二 54.0 1.50.7 36.4 15-14-16-16 9 26.8 クロフネ / ピールオブサンダー 美) 堀宣行  478 -2 16 8
14 柴田善臣 54.0 1.51.0 37.2 11-11-11-12 12 85.9 クロフネ / クリアースター 美) 池上昌弘 424 -6 15 8
15 勝浦正樹 54.0 1.52.0 38.8 -4--4--4--4 14 133.2 キングヘイロー / タマビッグエックス 美) 相沢郁  474 +4 12 6
16 21/2 張田京 54.0 1.52.4 39.2 -5--4--4--4 13 103.7 フジキセキ / ミルフィーユ 地) 岡林光浩 478 -2 3 2
~払い戻し~
単勝 11番 (6人) 20.7 枠連 3-6 (6人) 13.4 複勝 11番(7人)
6番(1人)
7番(8人)
4.3
1.3
5.6
ワイド 6-11(6人)
7-11(31人)
6-7(9人)
7.3
26.4
9.1
3連複 6-7-11 (29人) 88.6 馬連 6-11 (7人) 21.8
3連単 11-6-7 (194人) 687.3 馬単 11-6 (25人) 76.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 11番キストゥヘヴン(横山典弘騎手)
「今まで短いところばかり使ってきましたし、馬場に出たときからハミのかかりがいい馬なので、折り合いに専念しました。でも思った以上に折り合ってくれたので、これは直線で弾けるなと感じていたら、思ったとおりでした。この後は2400mよりも、1600mに戻るほうがレースはしやすいでしょうね」
2着 6番フサイチパンドラ(白井寿昭調教師)
「能力が高いのはわかっているんですが、前に馬がいるとガーッと追いかけてしまう。気性の強さがありますね。もう少し折り合ってくれるといいんですが……。これで桜の権利は大丈夫ですよね。ペースは桜花賞のほうが合うでしょうから、それを楽しみにしましょう」
3着 7番ブルーメンブラット(川島信二騎手)
「ゲートの中で待たされましたし、長距離輸送の影響もあったのだと思いますが、テンションがあがって、スタートがうまくいきませんでした。最後にいい脚を使っているだけに、残念ですね。長いほうがレースはしやすいかもしれません」
10着 5番ルビーレジェンド(後藤浩輝騎手)
「レース中に接触するようなところもあったんですが、輪乗りの際にも周りの馬に気を使うようなところがあって、力を発揮できないようですね」r />「道中は中団につけられましたが、途中でスムーズさを欠いてしまいました。次回はもっとよくなるはずです」
11着 フォンテラ(I・ラプトン騎手)
「道中は好位につけていましたが最後は止まってしまいました。次のレースではもっとよくなるはずです」
13着 アンジュドゥボモン(H・テリアン騎手)
「前半で力を使いすぎてしまい、最終障害では余力が残っていませんでした。スタミナがないわけではないので、この経験は次回に生かせると思います」で1コーナーでごちゃつくロスに巻き込まれてしまった。馬群の中で揉まれるのは嫌だったから、早く外に出したかった。それでも弾けそうな感じはあったけど、なんだか遠慮して走っていたね。走るほうに気が向いていない感じだね」
8着 アイスドール(後藤浩輝騎手)
「多少は前向きになってきたけど、まだ体も気持ちも弱いね。だから他の馬の間を割っていこうとしないんだ。そばに馬が寄ってくると逃げてしまうし。それがロスになって伸び脚をなくしてしまった」
11着 マイネサンサン(吉田豊騎手)
「ゲートをそろっと出すのは予定通り。ただ他馬に後ろにつかれたら

予想動画
関連記事
関連つぶやき