報知杯弥生賞(弥生賞)(2006/03/05) のレース情報

基本情報
中山芝・右2000M
開催
第02回 中山04日目
コース
中山芝・右2000M
クラス
オープンGⅡ(馬齢
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(混)(指)
頭数
10
発走時刻
15:35
回次
第 43 回
本賞金(万
5,400 - 2,200 - 1,400 - 810 - 540
レース名
報知杯弥生賞 
呼び名・略称 →追加申請
弥生賞 
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
勝ちタイム:2.01.5
平均ペース
-11 (-40+29)
前半5F:
1.01.2
後半3F:
35.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武豊 56.0 2.01.5 34.7 -9--9--8--8 1 1.6 エンドスウィープ / マイケイティーズ 栗) 松田博資 472 -6 2 2
02 1/2 柴田善臣 56.0 2.01.6 35.1 -5--7--6--4 6 53.7 スペシャルウィーク / グロリオーサ 美) 矢野英一 452 -6 3 3
03 内田博幸 56.0 2.02.1 35.4 -8--8--8--8 5 50.4 タイキシャトル / ハイパスチャー 栗) 池添兼雄 472 -4 7 7
04 ハナ 安藤勝己 56.0 2.02.1 35.0 10-10-10--8 2 2.9 グラスワンダー / サクラメガ 栗) 友道康夫 472 0 1 1
05 クビ 四位洋文 56.0 2.02.1 35.6 -5--6--6--7 3 9.7 ロドリゴデトリアーノ / ユウサンポリッシュ 栗) 矢作芳人 452 -4 4 4
06 横山典弘 56.0 2.02.3 36.1 -3--2--3--4 4 12.1 エルコンドルパサー / ミッドナイトボイス 美) 後藤由之 458 0 10 8
07 デムーロ 56.0 2.02.5 36.6 -1--1--1--1 7 57.5 サンデーサイレンス / ラークホイッスル 美) 小島太  490 -2 6 6
08 1/2 石橋守 56.0 2.02.6 36.3 -4--5--5--4 8 62.2 ヴィクトリースピーチ / ウイニングフェロー 栗) 田所清広 470 -6 5 5
09 11/4 蛯名正義 56.0 2.02.8 36.9 -2--2--2--2 9 82.9 Singspiel / Elegant 美) 田中清隆 502 -4 8 7
10 田中勝春 56.0 2.03.1 37.0 -5--2--3--3 10 83.4 フジキセキ / シャープウィッテッド 美) 的場均  494 +2 9 8
~払い戻し~
単勝 2番 (1人) 1.6 枠連 2-3 (7人) 31.6 複勝 2番(1人)
3番(7人)
7番(5人)
1.2
6.6
5.5
ワイド 2-3(9人)
2-7(7人)
3-7(33人)
11.2
9.9
66.1
3連複 2-3-7 (29人) 171.6 馬連 2-3 (8人) 36.2
3連単 2-3-7 (99人) 669.7 馬単 2-3 (13人) 47.4
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 アドマイヤムーン(松田博師)
「今日のレース振りですか? 最高でしょう。展開はまあ、ああなるだろうと思っていましたから、理想通りでしょう。抜けるとフラフラするところがあるのでちょっとだけ勝てばいいんです。共同通信杯以来、そう大きく変わった、成長したという点はありませんね。掛かることもないし、普段大人しいので仕上げは楽ですよ。この後は皐月賞に向かいますが、間隔が詰まっているので、このまま行ってくれればと願っています」
2着 グロリアスウィーク(音無師)
「調教で動くタイプではないので、レース間隔を詰めて使っている。最後、馬場の緩いところを通って際どい勝負に持ち込んだのはすごい。本番が楽しみになりました」
3着 ディープエアー(内田博騎手)
「前の馬についていこうかちょっと迷いましたが、我慢していいところを追走したのが逆に良かったかもしれませんね。交わされそうになってから、また伸びてくれましたし、長いところで追って味がある馬です」
4着 サクラメガワンダー(安藤勝騎手)
「ゲートでジャンプしながら出た。ダッシュつかず最後方からの競馬になった。どれくらいいい脚を使えるかはかったが、前走よりシャープさは出た。でも久々の分、伸びなかった。勝ち馬との差は悲観していない」
5着 スーパーホーネット(四位騎手)
「今日は馬の後ろで我慢させようと思った。1コーナーまで気負っていたが、すぐ落ち着いた。直線で不利を受けてリズムを崩したが、本番に向けてこの距離で折り合いもついて収穫もあった」
6着 ナイトレセプション(横山典騎手)
「休み明けでテンションが高く、レースの間、ハミを取らなかった。道中、前に壁を作って走ったが、力んで走っていた。血統的に母系の短いところが出てきたのかなぁ?」
7着 モエレソーブラッズ(小島太師)
「外にあれだけピタッとつかれたら苦しいはずですが、それでもあそこにいるんですから大したものです。やはり、このスピードを生かしたマイル戦なら、この馬の特性が生きると思いますので、マイル路線に向かうことになります」gってということになるでしょう」
10着 スーパーホーネット(矢作師)
「そんなに減ってたのかな? そうは見えなかったなぁ。まあ、他の馬との成長力の差は感じない。この馬が勝つとすれば、今日のような戦法しかありませんからね。前がもっと速くなって、前が潰れる展開にならない限り、ウチの馬にはチャンスはないですからね」
13着 キャプテンベガ(安藤騎手)
「乗っていて本当に気持ちのいい馬なのですが、まだ身が入ってないのか、今日はダラッと回ってきて終わってしまった感じです」スときについていけなかった。経験の差だろう」
14着 4番スナークスズラン(田中勝春騎手)
「道中ノメって伸びきれなかった」
18着 9番レクレドール(蛯名正義騎手)
「馬場が悪いとダメ。ノメっていた。ペースアップしたくてもできないんだ」着 18番コイウタ(吉田隼人騎手)
「前で競馬をするつもりでしたし、4コーナーまでは手応えも良かったのですが……。久々の分だと思いますから、次は良くなるでしょう」ェ、終いが甘くなってしまった。ソロッと行っていたら違っていたかも」
13着 2番アンバージャック(横山典弘騎手)
「馬体は前走より良かったが、この時期はあまり良くないのかも。暖かくなればもっとやれると思う」
14着 サチノスイーティー(吉田隼人騎手)
「馬場が悪く、予定通りの位置取りも4コーナーでノメって反応が悪くなってしまいました」
18着 10番モンローブロンド(岡部誠騎手)
「流れについていけませんでした」なのかな…トモが崩れるような感じで、ゴールの後止めてましたからね。状態は良かったのですが…」
13着 ネヴァブション(北村騎手)
「今日はしょうがないですね。まだ体が弱いところがあります。折り合いは問題ありませんでした」Aあの枠順では前に行くしかなかった。ただ、

予想動画
関連記事
関連つぶやき