1勝 (サ3才) 京都 7R 2006/01/29 のレース情報

基本情報
京都ダート・右1200M
第02回 京都 02日目
7 R
ダート・右1200M
晴  
1勝クラス   サ3才(混)(特) / 馬齢
9 頭
13:30発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
image
直線 329 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.12.1
前半5F:
59.1
後半3F:
37.4
ペース:平均
-3 (90-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 秋山真一 56.0 1.12.1 37.2 -------2--2 3 4.9 アグネスタキオン / スプラッシュクイン 栗) 岡田稲男 470 +2 2 2
02 幸英明 56.0 1.12.4 37.3 -------3--3 2 2.8 スキャン / プリンセストウジン 地) 太田進  438 0 4 4
03 21/2 池添謙一 56.0 1.12.8 37.7 -------3--3 1 2.4 フジキセキ / インディアナカーヴ 栗) 瀬戸口勉 466 -6 8 8
04 クビ 岡部誠 54.0 1.12.8 37.0 -------6--6 9 156.1 キンググローリアス / クラシーグリーン 地) 佐藤茂  448 +7 1 1
05 岩田康誠 56.0 1.13.7 37.5 -------8--8 8 35.7 バブルガムフェロー / マロンフラワー 地) 橋本和男 480 -4 5 5
06 クビ 熊沢重文 56.0 1.13.8 39.1 -------1--1 5 14.8 アジュディケーティング / スズノナルビー 美) 郷原洋行 428 +8 9 8
07 31/2 上村洋行 54.0 1.14.4 38.9 -------5--5 6 19.0 スペシャルウィーク / サラトガワールド 栗) 西浦勝一 474 -2 7 7
08 ペリエ 56.0 1.14.6 38.0 -------9--9 7 26.5 ブラックタキシード / ピーチ 美) 佐々木亜 478 +8 6 6
09 21/2 藤田伸二 56.0 1.15.0 39.1 -------6--6 4 12.4 シャンハイ / シルクアンクレット 美) 南田美知 484 +8 3 3
単勝 2番 (3人) 4.9 枠連 2-4 (3人) 7.0 複勝 2番(3人)
4番(1人)
8番(2人)
1.3
1.1
1.1
ワイド 2-4(2人)
2-8(3人)
4-8(1人)
2.1
2.2
1.4
3連複 2-4-8 (1人) 4.2 馬連 2-4 (3人) 7.3
3連単 馬単 2-4 (6人) 16.0
該当なし
レース後のコメント


京都7Rの3歳500万下(ダート1200m)は3番人気ウォーターポロ(秋山真一郎騎手)が2番手追走から直線抜け出して勝利を飾った。勝ちタイムは1分12秒1(良)。2馬身差2着に2番人気シアトルバローズ。1番人気インディドライバーは3着に敗れた。
ウォーターポロは栗東・岡田稲男厩舎所属で、父アグネスタキオン・母スプラッシュクイン(母の父トニービン)という血統の牡馬。
-レース後のコメント-
1着 ウォーターポロ(秋山騎手)
「この馬は函館で追い切りに乗っていて、乗り味のいい馬という印象がありました。スタートしても手応え抜群で先頭に立つ勢いがありましたが2番手に控えました。芝・ダート関係なしに走ると思いますが、やはり短いところの方がいいでしょう。いいスピードを持っています。この馬で勝てて嬉しいです」

ラマ(武幸四郎騎手)
「気が悪くて、返し馬の時から暴れていました。それでも走りそうなので、使って競馬を教えて行けばと思います」

っていたけど、終いはしっかり伸びましたね。力のあるところは見せてくれました」

で行こうという感じがありませんでした。今日は気合いをつけて前に行き、行く馬を見ながら競馬をさせましたが、ペースが上がったところでついて行けなくなりました。何回か使ってからかもしれませんね」

よ!』と言われちゃいましたよ」


5着 ファストタテヤマ 勝浦正樹騎手
「もう少し前でケイバをしたかっただ、ゲートを出ても行かないからじっとしていた。乗りやすい馬だが、ハンデもあったのかな」


6着 ハイアーゲーム 内田博幸騎手
「いいところにつけすぎたか

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する