平安ステークス(2006/01/22) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1800M
第01回 京都 08日目
11 R
ダート・右1800M
曇  
GⅢ
サ4上(国)(指) / 別定
第13 回 平安ステークス
16 頭
15:45発走
本賞金) 3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
スローペース
直線 329 M
ペース平均:
-7
内枠好走:
4
勝タイム:
1.50.2
前半5F:
1.02.0
後半3F:
35.5
ペース:スロー
-80 (-62-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 池添謙一 55.0 1.50.2 35.5 -2--2--2--2 5 10.3 ブライアンズタイム / ブロードマラ 栗) 池添兼雄 468 -2 2 1
02 アタマ 武豊 57.0 1.50.2 35.3 -3--3--3--3 2 4.2 エルコンドルパサー / スカーレットレディ 栗) 石坂正  528 +20 10 5
03 11/2 藤岡佑介 56.0 1.50.4 35.2 -5--7--6--6 11 37.8 クリスタルグリツターズ / スイートミルド 栗) 作田誠二 488 +6 8 4
04 クビ 松永幹夫 58.0 1.50.5 35.1 10-10--9--9 4 7.4 ブライアンズタイム / スターバレリーナ 栗) 長浜博之 488 -4 9 5
05 四位洋文 57.0 1.50.8 35.6 -8--9--6--6 1 3.6 ティンバーカントリー / タックスヘイブン 美) 中野隆良 548 +4 7 4
06 クビ ルメール 55.0 1.50.9 35.1 13-13-13-14 3 6.0 ブライアンズタイム / ワルツダンサー 美) 久保田貴 446 0 15 8
07 1/2 秋山真一 56.0 1.51.0 35.3 15-14-13-10 9 28.6 マーベラスサンデー / プリンセスエイブル 栗) 増本豊  462 +2 16 8
08 11/4 幸英明 56.0 1.51.2 36.5 -1--1--1--1 8 15.7 バブルガムフェロー / サンエイリボン 美) 畠山重則 524 +4 1 1
09 11/4 熊沢重文 57.0 1.51.4 36.3 -8--7--5--4 10 31.6 サンデーサイレンス / フェアリードール 栗) 池江泰郎 524 -10 3 2
10 安藤勝己 56.0 1.51.7 35.5 16-16-16-15 6 11.0 メジロライアン / ラスティックベル 美) 高市圭二 500 -5 14 7
11 1/2 本田優 57.0 1.51.8 36.0 13-14-13-10 13 138.3 ダンスインザダーク / ドラムメロディー 栗) 加用正  498 +2 13 7
12 古川吉洋 56.0 1.52.1 36.4 10-12-11-10 15 298.3 ロイヤルタッチ / リュウダイヤモンド 栗) 武田博  484 -4 12 6
13 クビ 福永祐一 57.0 1.52.1 36.9 -5--5--6--6 7 14.1 ジェニュイン / メイショウマキバコ 美) 鈴木伸尋 502 +10 6 3
14 13/4 小牧太 56.0 1.52.4 37.5 -3--3--3--4 12 97.3 Mt. Livermore / Sea Breezer 美) 和田正道 488 +12 4 2
15 岡部誠 58.0 1.52.7 37.2 10-10-11-10 16 363.9 エイシンサンディ / ユウコウターナ 地) 粟津豊彦 496 -6 5 3
16 大差 高田潤 58.0 1.56.6 41.1 -5--5--9-16 14 189.0 ダンスインザダーク / アフターザサン 栗) 松田博資 486 +10 11 6
単勝 2番 (5人) 10.3 枠連 1-5 (2人) 7.4 複勝 2番(6人)
10番(2人)
8番(10人)
3.5
2.3
7.7
ワイド 2-10(10人)
2-8(45人)
8-10(34人)
10.2
42.1
27.9
3連複 2-8-10 (78人) 218.7 馬連 2-10 (9人) 24.0
3連単 2-10-8 (444人) 1,307.8 馬単 2-10 (24人) 58.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 タガノゲルニカ(池添騎手)
「内枠で包まれるのが嫌でしたのでスタートだけ気をつけました。スタートも良かったですし、いい流れで行けました。外から迫られましたがよく頑張ってくれました」
(池添師)
「枠順も良かったのでうまく運べました。使い込んでいますがフェブラリーSをやはり考えています」
2着 ヴァーミリアン(石坂師)
「後ろ脚を落鉄していました。折り合いもついて最高の流れだけに残念です。プラス20キロは冬場で少し重かったです。しかしフェブラリーSで丁度よくなると思います。ジョッキーはルメール騎手を予定しています」
3着 ハードクリスタル(藤岡騎手)
「いい手応えで差し切れるかと思いましたが、前の2頭がしぶとかったです。しかしよく走ってくれました。ここまで強い馬に迫れたのは収穫です」のですが、直線は伸びませんでした」配でしたが、状態が良かったから最後まで我慢してくれましたね。
 
 この馬の良さはこのように我慢強さがゴールまで持続するところですかね。この後はフェブラリーステークス、またはかしわ記念にするか状態を見て決めます。今年の目標は帝王賞、そして東京大賞典です。」
2着 シーキングザダイヤ
(O.ペリエ騎手)
「この馬にとって良い流れだったのですが、残念でした。最後の4コーナーで前が狭くなり、行き脚が止まってしまいました。それから立て直した分届かなかったようです。それに勝った馬も強かったですね。」
3着 タイムパラドックス
(武豊騎手)
「あの速いペースで行かれると、ち

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する