日経新春杯(2006/01/15) のレース情報

基本情報
京都芝・右外2400M
開催
第01回 京都06日目
コース
京都芝・右外2400M
クラス
オープンGⅡ(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
晴 稍
条件
サ4上(国)[指]
頭数
12
発走時刻
15:45
回次
第 53 回
本賞金(万
6,000 - 2,400 - 1,500 - 900 - 600
レース名
日経新春杯 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
勝ちタイム:2.26.3
平均ペース
48 (-12+60)
前半5F:
59.9
後半3F:
36.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 福永祐一 55.0 2.26.3 35.5 -6--7--8--6 2 5.4 アドマイヤベガ / アドマイヤラピス 栗) 橋田満  536 +12 4 4
02 アタマ 岩田康誠 54.0 2.26.3 35.1 11-11-10--9 6 10.7 サンデーサイレンス / ホワイトウォーターアフェア 栗) 森秀行  484 -6 11 8
03 クビ 佐藤哲三 56.5 2.26.4 35.9 -4--5--6--4 1 2.6 スペシャルウィーク / アンデスレディー 栗) 佐々木晶 482 +12 5 5
04 13/4 熊沢重文 55.0 2.26.7 36.6 -2--3--3--2 7 12.5 チーフベアハート / レアシングチェリー 栗) 田所清広 506 +6 1 1
05 11/4 赤木高太 54.0 2.26.9 36.1 -6--7--6--6 5 9.5 サンデーサイレンス / ミュンシー 栗) 平田修  458 -2 8 6
06 クビ 芹沢純一 54.0 2.26.9 36.8 -2--2--2--2 4 8.2 エルコンドルパサー / ズーナクア 栗) 野中賢二 434 +4 6 5
07 1/2 太宰啓介 54.0 2.27.0 37.0 -1--1--1--1 8 16.1 サンデーサイレンス / キョウワホウセキ 栗) 吉岡八郎 484 -4 3 3
08 3/4 川田将雅 51.0 2.27.2 36.7 -4--4--4--5 12 176.0 A.P. Indy / アセルティンズエンジェルス 栗) 新川恵  534 -4 12 8
09 21/2 生野賢一 53.0 2.27.6 36.3 12-12-12-12 9 62.6 エンドスウィープ / アズテックヒル 栗) 松元茂樹 490 -8 10 7
10 クビ 武豊 55.0 2.27.7 36.6 10-10-10--9 3 5.5 サンデーサイレンス / シンコウエルメス 美) 藤沢和雄 484 +8 2 2
11 21/2 鮫島良太 53.0 2.28.1 37.2 -9--9--8--9 11 114.5 ラムタラ / タニノビッグネーム 栗) 松田国英 486 -6 7 6
12 大差 和田竜二 56.0 2.30.0 39.3 -6--6--5--8 10 95.0 リアルシヤダイ / ヤマノトウショウ 栗) 福永甲  482 +6 9 7
~払い戻し~
単勝 4番 (2人) 5.4 枠連 4-8 (13人) 27.3 複勝 4番(3人)
11番(5人)
5番(1人)
1.9
2.4
1.5
ワイド 4-11(16人)
4-5(1人)
5-11(8人)
7.9
3.7
7.0
3連複 4-5-11 (12人) 33.4 馬連 4-11 (17人) 26.6
3連単 4-11-5 (79人) 221.2 馬単 4-11 (19人) 44.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 4番アドマイヤフジ(福永祐一騎手)
「前走から馬がしっかりしてきました。坂の下りはうまくありませんが、今日は克服してくれました。接戦でしたが直線ではまだ伸びていました。力をつけてきましたし、古馬相手に勝ったのは収穫です。これからも楽しみです」
2着 11番スウィフトカレント(岩田康誠騎手)
「ゴール前で一度は前に出たのですが、残念です。おとなしくて乗りやすい馬ですし、力があります」
3着 5番インティライミ(佐藤哲三騎手)
「残念ですが、休み明けでいいレースができたのは収穫です。ハンデ差が最後響きました。でも8カ月ぶりでいい伸びをみせたので、次につながるレースになりました」
(佐々木晶三調教師)
「次走は阪神大賞典へ向かいます」藤騎手とはレース前に話していませんでしたが、このところレース振りが非常に安定していますし、メンバーと枠順を見た時に、これは逃げる可能性もあるなと考えていました。過去2年はこのレースでレマーズガールに負けていますから、最後の最後まで安心は出来ませんでした。この後は、これまた2年連続参戦して勝てていない(連続2着)エンプレス杯に向かいたいと思います。今日、レマーズガールとは斤量差が2kgあったにも関わらず、最後は差を詰められていました。あれを見ても、やはり楽には勝てないなと思いましたので、これからまた頑張っていきますよ」
2着 レマーズガール(武豊騎手)
「気性的に掴みづらい面のある馬、だから走ったり走ら

予想動画
関連記事
関連つぶやき