ニセコ特別(2005/09/19) のレース情報

基本情報
札幌芝・右1200M
第02回 札幌 04日目
9 R
芝・右1200M
晴  
1勝クラス特別   サ3上(特) / 別定
ニセコ特別
16 頭
14:25発走
本賞金) 1,050 - 420 - 260 - 160 - 105 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 266 M
image
直線 266 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.10.9
前半5F:
58.0
後半3F:
36.7
ペース:平均
31 (83-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 秋山真一 57.0 1.10.9 36.0 -------7--8 4 6.6 アラジ / メジロブルテリア 美) 谷原義明 454 0 9 5
02 クビ 武英智 55.0 1.10.9 35.7 ------11-11 8 23.3 フジキセキ / スリーリリック 栗) 西橋豊治 482 +6 3 2
03 1/2 北村宏司 55.0 1.11.0 35.6 ------13-12 7 14.7 ブラックタイアフェアー / スムーチ 美) 鈴木勝美 468 -4 8 4
04 アタマ 蛯名正義 55.0 1.11.0 36.1 -------7--4 1 3.7 サクラバクシンオー / クリスタルトロフィ 栗) 笹田和秀 468 0 14 7
05 ハナ 川島信二 55.0 1.11.0 36.8 -------1--1 11 59.0 ダンスインザダーク / ダイワラブリー 美) 杉浦宏昭 490 +30 7 4
06 クビ 柴山雄一 57.0 1.11.1 36.7 -------2--2 5 9.6 ダンスインザダーク / ドミナスローズ 美) 水野貴広 508 +4 12 6
07 1/2 菊沢隆徳 57.0 1.11.2 36.2 -------9--8 12 59.9 サンデーサイレンス / ビーモル 美) 松山康久 466 +4 5 3
08 竹之下智 55.0 1.12.0 36.4 ------14-14 10 43.5 ビッグサンデー / サキノサンサン 美) 大和田稔 472 0 15 8
09 ハナ 本田優 53.0 1.12.0 36.0 ------16-14 13 60.5 サンデーサイレンス / ストームザミント 栗) 山内研二 496 -4 10 5
10 1/2 松永幹夫 55.0 1.12.1 37.5 -------3--3 6 10.7 サクラチトセオー / ハシケンクイン 栗) 松永昌博 442 +6 13 7
11 ハナ 横山典弘 55.0 1.12.1 37.1 -------9--8 2 4.6 エリシオ / ベルクラシック 美) 後藤由之 432 -6 4 2
12 13/4 津村明秀 55.0 1.12.4 37.8 -------3--4 14 118.1 エリシオ / ノースサファイア 美) 小島茂之 464 -6 1 1
13 クビ 川島洋人 55.0 1.12.5 36.9 ------14-16 16 211.8 カリスタグローリ / リンボーチャンス 地) 鈴木英二 432 +12 16 8
14 小林徹弥 53.0 1.12.7 37.5 ------11-12 15 157.4 ディアブロ / シンツインクル 地) 北川数男 462 -18 11 6
15 クビ 藤田伸二 57.0 1.12.7 38.1 -------3--4 3 5.2 ジェイドロバリー / アトムピット 美) 南田美知 480 -8 6 3
16 21/2 藤岡佑介 55.0 1.13.1 38.4 -------3--4 9 34.5 ブライアンズタイム / レッドレス 栗) 坂口正大 476 -2 2 1
単勝 9番 (4人) 6.6 枠連 2-5 (5人) 10.6 複勝 9番(4人)
3番(8人)
8番(7人)
2.3
6.6
4.3
ワイド 3-9(25人)
8-9(15人)
3-8(40人)
22.4
12.6
44.5
3連複 3-8-9 (74人) 278.4 馬連 3-9 (25人) 73.1
3連単 9-3-8 (391人) 1,519.3 馬単 9-3 (48人) 132.3
該当なし
レース後のコメント


1着 9番メジロモーガン(秋山真一郎騎手)
「函館からずっと乗ってきましたが、ようやく勝てました。使ってきても疲れはなかったし、とにかくこの馬は展開なんです。今日はうまく流れが向いてくれました」
2着 3番スリーリサイタル(武英智騎手)
「距離はこのぐらいの方がいいですね。以前乗ったときより状態はかなり良くなっていました。道中もうまく運べたんですが、最後少しモタれました。その分だっただけに勝ちたかったです」
3着 8番ステキナブロンコ(北村宏司騎手)
「状態はいいと聞いていたので期待はしていました。しかし、ズブいというか、エンジンのかかりが遅くて、勝負どころで後手を踏んで先に他の馬に行かれてしまったのが痛かったですね。もうちょっとだったのになぁ」
4着 14番エアニックス(蛯名正義騎手)
「いい感じで行って、いざ追ったらモタれてしまってまともに追えなかったよ。まっすぐ走っていればね」、だんだん解消されては来ていると思います。あとは全体に幅が出てもっと迫力が出てこればと思います。この秋はジャパンカップダートを最大目標にしていますが、その前にステップを使うのか、使うとするとどのレースを使うのかは今後馬の状態と相談することになるでしょう」
2着 サンライズバッカス(音無調教師)
「勝負どころに来ての、瞬発力の差が出てしまいました。あそこで離された差が、最後まで詰まりませんでしたからね。でも、あそこでついて行っても、最後は突き放されたような気もしています。3着以下は離した訳ですし、今回は強い馬がいて運がありませんでした。既に古馬とは対戦して勝っていますし、ある程度は今後の見通しもついたと思います」
(佐藤哲三騎手)
「最後に内を突く手もあったでしょうが、今まで外を回って伸びていますからね。これだけ差をつけられたのはち

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する