札幌記念(2005/08/21) のレース情報

基本情報
札幌芝・右2000M
開催
第01回 札幌04日目
コース
札幌芝・右2000M
クラス
オープンGⅡ(別定
レースNO
9 R
天候馬場
雨 良
条件
サ3上(混)(特)
頭数
14
発走時刻
15:25
回次
第 41 回
本賞金(万
6,500 - 2,600 - 1,600 - 980 - 650
レース名
札幌記念 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 266 M
勝ちタイム:2.01.1
平均ペース
47 (18+29)
前半5F:
1.00.5
後半3F:
36.7
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 松永幹夫 54.0 2.01.1 35.9 10--9-11--8 9 17.7 サンデーサイレンス / ファーストアクト 栗) 山本正司 512 -4 4 3
02 アタマ 秋山真一 56.0 2.01.1 35.7 12-13-12-10 12 36.6 ダンスインザダーク / メインゲスト 栗) 安田伊佐 462 -8 6 4
03 11/2 藤岡佑介 56.0 2.01.3 36.9 -1--1--1--1 13 89.6 サンデーサイレンス / レトス 美) 藤沢和雄 530 -2 10 6
04 11/4 四位洋文 56.0 2.01.5 36.8 -2--3--4--2 7 14.7 ジェイドロバリー / ブルーサヴァンナ 栗) 池添兼雄 504 -24 3 3
05 アタマ 福永祐一 56.0 2.01.5 36.4 -7--9--7--5 11 28.6 ブライアンズタイム / マチカネベニザクラ 栗) 梅田智之 456 0 2 2
06 北村浩平 56.0 2.02.0 37.2 -7--6--5--4 2 5.1 ジェネラス / エリモハスラー 栗) 田所秀孝 446 +6 5 4
07 クビ 佐藤哲三 56.0 2.02.1 37.1 -4--6--7--5 1 3.4 オペラハウス / シャルムマイヤー 栗) 佐々木晶 500 +2 1 1
08 クビ 松岡正海 54.0 2.02.1 36.8 12-12-12-10 10 19.3 サンデーサイレンス / ゴールデンカラーズ 栗) 池江泰郎 450 0 9 6
09 五十嵐冬 56.0 2.03.2 38.1 -7--6--7-10 4 9.5 カーネギー / プラチナウェーブ 美) 二ノ宮敬 490 +10 8 5
10 11/4 田中剛 56.0 2.03.4 38.9 -2--2--2--5 14 204.6 デインヒル / キョウエイスノー 美) 上原博之 528 -2 14 8
11 3/4 北村宏司 56.0 2.03.5 38.7 -4--3--5--8 5 10.2 ティンバーカントリー / サイレントプレアー 美) 藤沢和雄 488 -2 13 8
12 クビ 横山典弘 55.0 2.03.6 39.1 -4--3--2--3 3 6.0 サンデーサイレンス / ダンシングキイ 美) 藤沢和雄 482 0 12 7
13 21/2 藤田伸二 56.0 2.04.0 38.9 10--9--7-10 6 11.4 サンデーサイレンス / フェアリードール 栗) 池江泰郎 524 0 11 7
14 蛯名正義 53.0 2.05.1 39.5 14-14-14-14 8 17.4 スペシャルウィーク / ウインドフレスカ 美) 国枝栄  496 +12 7 5
~払い戻し~
単勝 4番 (9人) 17.7 枠連 3-4 (6人) 13.5 複勝 4番(8人)
6番(12人)
10番(13人)
5.4
10.8
18.9
ワイド 4-6(70人)
4-10(79人)
6-10(77人)
81.0
152.0
148.5
3連複 4-6-10 (305人) 4,778.7 馬連 4-6 (66人) 310.7
3連単 4-6-10 (1775人) 27,595.0 馬単 4-6 (129人) 557.8
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 4番ヘヴンリーロマンス(松永幹夫騎手)
「放牧に出して本当に馬が良くなって帰ってきた。前回はあれぐらい走ってもおかしくないと思ったけど、今回はこのメンバーに入ってよく頑張ってくれたね。他は休み明けが多かったのもあると思うけど……」
2着 6番ファストタテヤマ(秋山真一郎騎手)
「ハナを切っている馬が最後邪魔になってしまった。あれがなければもう少し頑張れたと思う」
3着 10番コイントス(藤岡佑介騎手)
「行く馬がいなければ積極的に前でレースをしてくれという指示だった。馬場はかなり悪いのに、ノメることもなくよく走っていた。あと1ハロンまではこのまま押し切ると思った」蛯名正義騎手
「いい位置だと思いましたが、今日は全然行きっぷりが悪かった」ったろうけど」ので、先のことは脚元も見て考えます」
3着 9番ギャラントアロー(幸英明騎手)
「59キロでよく頑張ってくれました。かわされてからもしぶとく走っています。叩いて変わってくれると思うので、次が楽しみです」。調教師になって初めての重賞勝ちですが、やっぱりレースに出すまではドキドキですよ(笑)」
2着 10番グラスボンバー(勝浦正樹騎手)
「インを狙ったわけじゃないけど、手応えが悪くて、勝ち馬の後ろにつけたかったが行けなかった。そ

予想動画
関連記事
関連つぶやき