福島テレビオープン(2005/06/26) のレース情報

基本情報
福島芝・右1800M
第02回 福島 04日目
11 R
芝・右1800M
曇  
オープン特別
サ3上(混)(指) / 別定
福島テレビオープン
11 頭
15:30発走
本賞金) 2,400 - 960 - 600 - 360 - 240 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 292 M
ペース平均:
41
内枠好走:
9
勝タイム:
1.47.7
前半5F:
59.5
後半3F:
36.3
ペース:平均
50 (20+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 田中剛 56.0 1.47.7 36.0 -2--2--3--2 9 76.4 デインヒル / キョウエイスノー 美) 上原博之 530 +6 6 6
02 1/2 後藤浩輝 56.0 1.47.8 36.4 -1--1--1--1 6 10.9 Spinning World / Misty Silver 美) 手塚貴久 494 +3 10 8
03 ハナ 田中勝春 56.0 1.47.8 36.0 -4--4--4--2 4 7.5 デインヒル / ダイナフラツグ 美) 伊藤正徳 460 0 8 7
04 クビ 中舘英二 56.0 1.47.9 35.9 -4--5--5--5 1 2.0 ダンスインザダーク / ビーモル 栗) 橋口弘次 486 0 9 7
05 11/2 川原正一 60.0 1.48.1 35.8 -7--7--8-10 7 31.7 エイシンサンディ / ユウコウターナ 地) 粟津豊彦 494 -8 7 6
06 21/2 吉田豊 56.0 1.48.5 36.0 10-11-10--8 10 97.3 トニービン / ルフィーラ 栗) 池江泰郎 494 -10 5 5
07 1/2 北村宏司 56.0 1.48.6 36.6 -6--6--5--5 2 5.3 サンデーサイレンス / ノースオブダンジグ 美) 藤沢和雄 526 +12 3 3
08 鈴木啓之 56.0 1.49.1 36.9 11--9--7--7 5 10.3 サツカーボーイ / フラワーケープ 地) 松浦裕之 438 -5 1 1
09 21/2 石崎隆之 56.0 1.49.5 37.1 -8--8--9--8 3 5.9 ブロッコ / ケイシュウキット 地) 村上頼章 470 +3 4 4
10 1/2 戸崎圭太 55.0 1.49.6 36.9 -9--9-11-11 11 98.3 ジェネラス / トウショウチャイナ 美) 勢司和浩 466 -5 2 2
11 11/2 村田一誠 56.0 1.49.8 38.2 -2--2--2--2 8 57.7 ノーザンテースト / ナショナルフラッグ 美) 上原博之 480 -18 11 8
単勝 6番 (9人) 76.4 枠連 6-8 (17人) 59.7 複勝 6番(10人)
10番(5人)
8番(3人)
13.5
3.4
2.4
ワイド 6-10(42人)
6-8(30人)
8-10(16人)
57.8
35.1
11.8
3連複 6-8-10 (82人) 499.8 馬連 6-10 (41人) 344.6
3連単 6-10-8 (560人) 5,406.5 馬単 6-10 (90人) 959.3
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 6番スプリングシオン(田中剛騎手)
「結果的にハナに行けなかったこと、前にも横にも馬がいてくれたことで、変な気を出さなかったことが良かったと思います。前残りの競馬が多い馬場ですし、うまくいってくれました」
(上原博之調教師)
「とにかく状態が良くなっていましたし、ペースも位置取りもちょうどよかったですね」
2着 10番シベリアンホーク(後藤浩輝騎手)
「力のあるところはみせてくれたし、距離が持つこともわかってよかったと思います」
3着 8番ロードフラッグ(田中勝春騎手)
「うまく折り合ってはいたんだけど、やっぱりジリ脚だよね」
4着 9番ツルマルヨカニセ(中舘英二騎手)
「1コーナーで他馬と接触したからね。伸びてはいるんだけど、コーナーで加速するのが下手。不器用なところもあるので、小回りは向いていないかも……」
5着 7番ミツアキサイレンス(川原正一騎手)
「芝は合っているし、60kgを背負ってよく頑張っていると思います。ペースが落ち着いてしまったので、もう少し積極的に乗ればよかった」
7着 3番マチカネアカツキ(北村宏司騎手)
「スムーズに折り合っていましたが、やはり久々のぶん伸びを欠きました。次は良くなると思いますよ」
8着 1番ウエノマルクン(鈴木啓之騎手)
「全然ダメでした。前走の疲れが残っているのかもしれません」
9着 4番インターセフォー(石崎隆之騎手)
「芝に戸惑っていたということはないが、まあ1回や2回使っても無理じゃないのかな」し、初のダート戦というのを考えれば内容は悪くないと思う」
13着 マズルブラスト(内田博幸騎手)
「イチかバチかでとにかく前につけていったんですが、結果を考えるともう少し後ろでじっとしていた方が良かったかもしれません」
(取材:中野雷太)しまった」いい馬だが、今日は悪かった。勝った馬の後ろに行きたかったが。超スローのわりによく伸びてはいるけど」
8着 8番ダイワレイダース(後藤浩輝騎手)
「スタート後、他馬に寄られてかかってしまった。なんとかなだめていたんだけど、思ったよりかかっていたんだね」j
「行く馬がいないのでどうせなら最初からハナに行った方が良かったかもしれません。そうすればもっと折り合いがついたでしょうね。いずれにしてもどこからか行くつもりでいたんです。馬場に出てからのフットワークなどは、やはり走る馬というイメージがありましたよ」ッどね。結果は残念でしたが、こういうときもありますよ」
11着 ラヴァマン(C・ナカタニ騎手)
「向正面の直線で左前脚の底部を怪我して出血し、その後はレースにならなかった。大変残念だ」
13着 タップデイ(E・コア騎手)
「調子はこちらに来て上がっていたので、楽しみにしていたが残念だ。もう少し固い馬場がこの馬に合っている」
14着 パーソナルラッシュ(藤田伸二騎手)<

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する