優駿牝馬(オークス)(2005/05/22) のレース情報

基本情報
東京芝・左2400M
開催
第03回 東京02日目
コース
東京芝・左2400M
クラス
オープンGⅠ(定量
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才牝 (指)
頭数
18
発走時刻
15:40
回次
第 66 回
本賞金(万
9,700 - 3,900 - 2,400 - 1,500 - 970
レース名
優駿牝馬 
呼び名・略称 →追加申請
オークス 
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
スローペース
直線 525 M
勝ちタイム:2.28.8
スローペース
-64 (-124+60)
前半5F:
1.03.1
後半3F:
34.4
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 福永祐一 55.0 2.28.8 33.3 15-16-13-12 1 1.5 スペシャルウィーク / キロフプリミエール 栗) 角居勝彦 460 +6 4 2
02 クビ 武豊 55.0 2.28.8 33.8 -9--8--7--6 2 8.6 サンデーサイレンス / エアデジャヴー 栗) 伊藤雄二 470 +8 5 3
03 クビ デザーモ 55.0 2.28.9 33.7 12-12-11--9 3 9.0 サンデーサイレンス / ポトリザリス 栗) 角居勝彦 426 +4 9 5
04 1/2 武幸四郎 55.0 2.29.0 34.6 -1--1--1--1 5 17.6 エイシンサンディ / エイシンララミー 栗) 武邦彦  490 +2 11 6
05 13/4 田中勝春 55.0 2.29.3 34.3 -4--5--6--6 12 105.2 サクラローレル / スイートバンブー 栗) 武邦彦  450 0 2 1
06 3/4 藤田伸二 55.0 2.29.4 34.8 -2--2--2--2 10 33.2 サンデーサイレンス / グリーンポーラ 栗) 松永幹夫 474 +8 18 8
07 クビ 吉田豊 55.0 2.29.4 34.1 -6--6--7-11 9 29.6 サンデーサイレンス / バブルウイングス 美) 大久保洋 452 +6 17 8
08 クビ 池添謙一 55.0 2.29.5 33.8 17-17-17-16 7 28.0 エルコンドルパサー / アドマイヤサンデー 栗) 松田博資 444 0 6 3
09 1/2 蛯名正義 55.0 2.29.6 34.5 -7--6--7--9 4 13.3 サンデーサイレンス / マンファス 栗) 松田国英 462 0 7 4
10 11/4 柴山雄一 55.0 2.29.8 34.3 12-12-13-12 14 132.8 フジキセキ / ロモーラ 栗) 中村均  424 +2 3 2
11 クビ 北村宏司 55.0 2.29.8 35.0 -4--4--4--5 13 124.8 ビッグサンデー / ビッグモンロー 栗) 中尾正  430 +4 16 8
12 ハナ 後藤浩輝 55.0 2.29.8 34.4 11-10-11-12 8 29.2 フレンチデピュティ / フサイチエアデール 栗) 松田国英 450 0 10 5
13 11/4 横山典弘 55.0 2.30.0 34.6 15-14-13-12 6 27.1 サンデーサイレンス / ミヤビサクラコ 栗) 森秀行  470 -4 14 7
14 クビ 内田博幸 55.0 2.30.1 34.4 17-17-13-16 11 41.0 オペラハウス / エリモセントラル 栗) 北出成人 442 -2 1 1
15 3/4 小野次郎 55.0 2.30.2 35.5 -3--2--2--3 15 147.4 エルコンドルパサー / スキーパラダイス 栗) 森秀行  434 -2 8 4
16 11/2 柴田善臣 55.0 2.30.4 34.5 12-14-17-18 16 197.9 サンデーサイレンス / ヤマニンパラダイス 栗) 浅見秀一 436 -6 15 7
17 江田照男 55.0 2.30.7 36.0 -9-10--4--3 17 214.4 ブライアンズタイム / オースミダンサー 美) 大江原哲 420 +4 13 7
18 須貝尚介 55.0 2.32.0 37.0 -7--9--7--6 18 236.8 サンデーサイレンス / セトフローリアン2 美) 小島太  464 +12 12 6
~払い戻し~
単勝 4番 (1人) 1.5 枠連 2-3 (1人) 5.2 複勝 4番(1人)
5番(2人)
9番(3人)
1.1
1.8
2.0
ワイド 4-5(1人)
4-9(2人)
5-9(6人)
2.5
3.5
7.7
3連複 4-5-9 (1人) 12.8 馬連 4-5 (1人) 6.3
3連単 4-5-9 (1人) 33.3 馬単 4-5 (1人) 8.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 シーザリオ(福永騎手)
「(戻ってきて関係者にまず一言)すいません。かわいそうな競馬をさせてしまいました。今日は馬に勝たせてもらいました。スムースな競馬が出来なくて今日は誇れるレースではなかったです。スタートしても出がよくなくて前を塞がれて後ろの位置になってしまったので、ジタバタしても仕方ないので折り合いに専念しようと思ったんです。道中はかなり行きたがったけど何とか我慢してくれました。前にディアデラノビアがいたのでその後ろを通って4コーナーは少し狭くなったりもして、正直届かないかなと思ったんです。武豊さんからは『負けパターンだったのにね』と言われました(笑)。本当に今日は馬に勝たせてもらったので、これからは腕を磨いて馬に対して失礼なレースをしないようにしたいです」
2着 エアメサイア(伊藤雄師)
「レース前から相手はあの馬だけと思っていましたよ。そして勝つとすれば相手に何かアクシデントがあった時だと思っていたんですが、スタートして(シーザリオが)挟まれて後方になったので『これなら』と思ったんですがね。武君は残り100mまで我慢してくれたのに、それで負けたのだから仕方ないですね。でもまだこの馬は『おねえちゃん』だから本格化はこれからですよ。秋までどれだけ成長するかですね」
(武豊騎手)
「今日は馬が落ち着いていたし、馬体もよかったし、状態はすごくよかった。レースもうまくいったし、勝ったと思ったんだけどなぁ…あれじゃしょうがない。勝ち馬が強かったよ。距離はこれくらいでも大丈夫。状態もレース振りも完璧で、これで勝てないならどうやって勝つんだって感じですよ。とにかく惜しかったなぁ…」
3着 ディアデラノビア(デザーモ騎手)
「直線でも手応えは十分にあった。後続を待って追い出したぐらい。彼女(ディアデラノビア)の素晴らしいところは、最後に手応えがなくなっても、自分で手前を替えて勝ち馬にもう一度ファイトしようとするところだ。とてもいい馬。是非もう一度乗りたいね」
4着 エイシンテンダー(武幸騎手)
「今日は逃げようと決めていたわけではなく、ゲートを出たなりの位置で行こうと思っていた。ハナを切ったらずい分楽なペースで逃げることが出来て、直線半ばでは勝てるかと思ったぐらい。ただ、腰が弱い馬なので坂を上がってからフォームがバラバラになってしまった。パンとしてたらなぁ…ただ、現時点ではスタッフが完璧に仕上げてくれたし、悔いはないです」
5着 ブリトン(田中勝騎手)
「折り合いがついたので直線では伸びてくれよと思っていました。距離も大丈夫でした。競馬が上手な馬ですね」
6着 ジェダイト(藤田騎手)
「少し折り合いを欠いた。ペースが遅かったし、気性的にまだ子供だからどんな距離でもあんな感じなんだ。でも6着に残れているんだから力はあるよ。これから気性が落ち着いてきたら、もっとよくなってくるよ」
8着 アドマイヤメガミ(池添騎手)
「最初からためて行こうと思っていたんです。勝ち馬とは同じ位置にいたんですけどねぇ」
9着 レースパイロット(蛯名騎手)
「(勝ち馬について)いやぁ、あれは負けパターンだよね。あれで勝つんだから大したもんだね。レースパイロットは、素質はヒケを取らないと思ったんだけど、何とかオークスに間に合ったクチだからね。まあ、現時点の完成度の差だね」
11着 ビッグフラワー(北村宏騎手)
「前半少し掛かったけど、すぐに落ち着いてくれた。相手が相手だけに頑張っていますよ。走りそうな馬です」
12着 ライラプス(後藤騎手)
「4コーナー回るところまでは抜けるかなという感じだったけど、残り400mでフォームがバラバラになっちゃって…。やっぱり距離ですね」
13着 ジョウノビクトリア(横山典騎手)
「ペースが遅くなるのは分かっていたけど、勝った馬も後ろの方にいたんだしね。勝った馬は強かったよ」
14着 エリモファイナル(内田博騎手)
「阪神JFに乗せてもらった時はかなり引っ掛かっていたので、今日は折り合いに気をつけていったんですが、伸びませんでした。ペースが遅かったし、なだめるのが難しかったです。折り合いが今後の課題ですね」
15着 アスピリンスノー(小野騎手)
「出遅れて前に取り付こうとしたら引っ掛かってしまった」r />「よく頑張りました。ノメる馬場のぶん、逆に引っかからずに折り合いがついたけど、距離が長かった。秋に短い距離を使うときにまた期待します」
17着 16番ナイアガラ(小牧太騎手)
「道中ずっと追っつけ通しだった」せんし、これから中距離路線で戦うことになると思いますけど、良馬場ならチャンスはあるでしょう」
9着 ダイワメジャー(安藤勝己騎手)
「5-6番手から早めに動けばいいと思っていましたが……。4コーナーからスッと伸びだして、そこで弾かれてしまいました。バランスを崩して馬が斜めになるくらい。これならもっと前に行けば良かったのかも……」
10着 10番ブライトトゥモロー(後藤浩輝騎手)
「それまでいいリズムで、さぁこれからというところでの不利。危なかったです」
11着 5番ローゼンクロイツ(藤岡佑介騎手)
「やや立ち遅れ気味のスタート。2コーナーで寄られて、トモを落としてしまいました。それに、もう少し流れが速くなってほしかったですね」
13着 11番シャドウゲイト(田中勝春騎手)
「行く馬がいなければ行こうと思っていました。流れには乗れたんだけど……この馬得意の流れだったし、本来ならもうひと踏ん張りできるんだけどね。休み明けの分かな……。返し馬の感じも悪くなかったですし、残念です」

予想動画
関連記事
関連つぶやき