新潟大賞典(2005/05/15) のレース情報

基本情報
新潟芝・左外2000M
開催
第01回 新潟06日目
コース
新潟芝・左外2000M
クラス
オープンGⅢ(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(国)
頭数
16
発走時刻
15:30
回次
第 27 回
本賞金(万
4,100 - 1,600 - 1,000 - 620 - 410
レース名
新潟大賞典 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 659 M
勝ちタイム:1.58.9
平均ペース
-3 (-32+29)
前半5F:
59.4
後半3F:
35.0
結果着順・払戻
馬メモモード


馬メモ


TI
ME
3
F
通過







01 藤田伸二 55.0 1.58.9 34.5 -------7--8 1 4.4 チーフベアハート / リボンストライプ 栗) 梅田智之 468 -2 14 7
02 クビ 柴山雄一 57.5 1.59.0 34.7 -------7--7 4 8.0 アンバーシヤダイ / カタリナラビット 美) 佐藤吉勝 470 -8 8 4
03 アタマ 田辺裕信 52.0 1.59.0 34.5 ------12-10 14 53.1 タマモクロス / ホウヨウファイナル 美) 久保田貴 474 +10 4 2
04 1/2 大西直宏 56.0 1.59.1 34.2 ------15-16 9 18.0 ブライアンズタイム / エリモアメジスト 栗) 坂口正則 476 +2 7 4
05 1/2 小牧太 55.0 1.59.2 34.5 ------13-13 3 7.6 ダンスインザダーク / ビーモル 栗) 橋口弘次 486 -12 13 7
06 クビ 北村宏司 56.0 1.59.2 34.5 ------13-13 2 4.8 ティンバーカントリー / サイレントプレアー 美) 藤沢和雄 486 -2 16 8
07 ハナ 秋山真一 57.0 1.59.2 34.4 ------16-15 11 22.1 パラダイスクリーク / スプリームクィーン 栗) 鶴留明雄 514 +2 11 6
08 アタマ 中舘英二 57.0 1.59.2 34.6 ------10-10 5 10.4 ウォーニング / ループスキークロス 栗) 山内研二 500 -6 15 8
09 木幡初広 57.5 1.59.7 35.3 ------10-10 10 18.0 ペンタイア / ダイナマッケンジー 美) 田中清隆 470 +4 9 5
10 武士沢友 56.0 1.59.9 36.0 -------2--2 12 26.9 デインヒル / ダイナフラツグ 美) 伊藤正徳 462 0 5 3
11 11/2 江田照男 56.5 2.00.1 35.9 -------5--6 7 15.2 ホワイトマズル / キクノトッポリーノ 栗) 森秀行  518 -4 10 5
12 31/2 上村洋行 57.5 2.00.7 36.6 -------5--3 13 28.6 タマモクロス / マヤノカンパネラ 美) 国枝栄  558 +24 3 2
13 クビ 川島信二 51.0 2.00.8 36.4 -------7--8 15 122.5 ロドリゴデトリアーノ / ハヤルビー 栗) 鮫島一歩 436 -14 12 6
14 アタマ 長谷川浩 56.0 2.00.8 36.6 -------3--3 8 17.3 ソヴィエトスター / マチカネポッペア 栗) 小野幸治 468 +4 1 1
15 13/4 加藤士津 51.0 2.01.1 37.0 -------3--3 16 155.1 ティンバーカントリー / アナスミラビリス 美) 国枝栄  502 +11 6 3
16 藤岡佑介 55.0 2.01.4 37.5 -------1--1 6 11.7 サンデーサイレンス / アンブロジン 栗) 池江泰郎 456 -6 2 1
~払い戻し~
単勝 14番 (1人) 4.4 枠連 4-7 (2人) 9.3 複勝 14番(1人)
8番(4人)
4番(14人)
2.1
2.7
10.1
ワイド 8-14(5人)
4-14(40人)
4-8(72人)
9.3
26.7
49.4
3連複 4-8-14 (138人) 367.6 馬連 8-14 (5人) 21.7
3連単 14-8-4 (545人) 1,523.6 馬単 14-8 (5人) 36.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 エアセレソン(藤田騎手)
「気のいい馬なので中団でじっくりと構えていった。直線はそれにしても本当に長かった。でもその長い直線のおかげで勝てた感じだね。何とか競り合いをものにすることができました。来週以降のGIシリーズでも頑張ります」
2着 カンファーベスト(柴山騎手)
「最後はみんな同じような脚色になってしまったね。うまいこと前が開いたんだけど…。もう最後は脚が止まってしまった」
3着 プライマリーケア(田辺騎手)
「最後にきて、他の馬に当てられてバランスを崩してしまったね。あれがなければ2着はあったと思うよ」
6着 スズノマーチ(北村騎手)
「馬込みの中でレースをさせたかったので内に潜り込ませようとしたんだけれど、内の馬に外に来られて張り出されてしまった。(馬の)雰囲気はよかったので残念です」P00パーセントの状態でもないしね」
7着ヨシノイチバンボシ(吉田稔騎手)
「状態は悪く無かったけど、3コーナーで前の馬が下がってきて邪魔になったのと、コースも合わなかったのかも」
(取材:木和田篤) オた。それがなければ突き抜けていたと思うのですが」
4着 エルノヴァ K.デザーモ騎手
「前回、並んだところで馬が走るのをやめてしまったので、今日は追い出しを遅らせました。それでも並んだところで同じようにやめてしまいました。僕が馬に負けたということです」
5着 チャクラ 藤田伸二騎手
「直線の手応えも抜群だったし、上手な競馬はできたと思いますが・・・」。状態もレース振りも完璧で、これで勝てないならどうやって勝つんだっ

予想動画
関連記事
関連つぶやき