メルボルントロフィー(2005/04/23) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1200M
第03回 京都 01日目
10 R
ダート・右1200M
曇  
3勝クラス特別
サ4上(混)[指] / ハンデ
メルボルントロフィー
16 頭
15:10発走
本賞金) 1,800 - 720 - 450 - 270 - 180 (万
コース・ラップ
スローペース
直線 329 M
ペース平均:
-31
内枠好走:
2
勝タイム:
1.10.8
前半5F:
58.5
後半3F:
35.9
ペース:スロー
-60 (33-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 橋本美純 55.0 1.10.8 35.6 -------2--3 3 6.9 フジキセキ / フリートスティード 栗) 岩元市三 496 +2 16 8
02 1/2 幸英明 55.5 1.10.9 35.0 -------8--7 4 9.0 サクラローレル / リンガスマドンナ 美) 境征勝  464 -6 11 6
03 クビ 四位洋文 58.0 1.10.9 35.4 -------5--5 2 5.1 Twining / La Gueriere 美) 土田稔  496 +4 7 4
04 武豊 55.5 1.11.1 35.3 -------8--6 1 2.0 エリシオ / スペシャルアラート 美) 萩原清  538 +4 4 2
05 小坂忠士 54.0 1.11.4 35.1 ------12--9 7 21.5 ニホンピロウイナー / イイデコマクサ 栗) 矢作芳人 470 -4 3 2
06 11/4 秋山真一 55.0 1.11.6 35.0 ------13-14 10 63.6 エンドスウィープ / マキシマムデニール 栗) 野村彰彦 456 0 12 6
07 11/2 小林徹弥 53.0 1.11.8 35.6 ------10-11 16 275.1 ウォーニング / ダンスパーティー 美) 本郷一彦 496 -4 2 1
08 アタマ 小牧太 55.0 1.11.8 35.3 ------13-12 14 110.9 アフリート / ファイトカオリ 栗) 宮本博  478 +6 5 3
09 ハナ 安藤勝己 54.0 1.11.8 36.7 -------2--2 13 106.4 End Sweep / ディアブロズストーリー 美) 手塚貴久 450 -8 8 4
10 安田康彦 58.0 1.12.0 37.1 -------1--1 5 12.9 シャンハイ / ハヤノキフジン 美) 松山康久 498 -24 6 3
11 1/2 太宰啓介 54.0 1.12.1 35.2 ------15-14 15 163.1 Meadowlake / Tashjir 美) 水野貴広 506 -4 1 1
12 クビ 渡辺薫彦 53.0 1.12.1 35.2 ------15-14 11 68.1 オジジアン / カガミアスカ 美) 久保田貴 434 -8 10 5
13 13/4 松永幹夫 55.0 1.12.4 37.2 -------2--3 8 23.0 Rahy / Head East 美) 和田正道 536 -2 14 7
14 クビ 武幸四郎 55.0 1.12.5 36.6 -------6--9 6 20.6 Pulpit / Marshesseaux 栗) 松田国英 504 -2 15 8
15 1/2 和田竜二 54.0 1.12.6 36.2 ------11-13 12 68.4 ダンシングブレーヴ / カムイイットー 美) 石栗龍彦 492 +8 9 5
16 1/2 池添謙一 56.0 1.12.7 37.0 -------6--7 9 50.0 アフリート / オンワードウイツチ 栗) 平田修  490 +4 13 7
単勝 16番 (3人) 6.9 枠連 6-8 (8人) 16.5 複勝 16番(4人)
11番(2人)
7番(3人)
2.2
1.9
2.0
ワイド 11-16(8人)
7-16(7人)
7-11(4人)
7.5
7.4
5.2
3連複 7-11-16 (10人) 32.5 馬連 11-16 (9人) 20.5
3連単 16-11-7 (46人) 184.0 馬単 16-11 (14人) 38.5
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 テイエムアクション(橋本美純騎手)
「今週調教に乗って動きが良かったので期待していました。スタートはとにかく気をつけていましたが五分に出れて、道中は思っていたように好位でレースができました。能力の高い馬でこれからが楽しみです」
6着 ボードスウィーパー(秋山真一郎騎手)
「1400mならね。1200mでは余裕がなかったですね。1400mなら条件も揃いますしね。スタートは問題ありませんでしたよ」のところでは、勝てるかという手応えでした。外を回されましたが内をついたほうが良かったかもしれませんね。他馬との位置の差がアヤでしたね。馬は頑張っていました」
6着 オレンジワールド(福永祐一騎手)
「前が壁になってしまいましたが、最後まで内をついたほうが良かったですね。折り合いは問題ありません。ただ今日みたいに終いに徹するレースをしていれば、もっと上のクラスでも行ける馬だと

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する