エイプリルステークス(2005/04/10) のレース情報

基本情報
中山芝・右2000M
第03回 中山 06日目
11 R
芝・右2000M
晴  
オープン特別
サ4上(国)[指] / 別定
エイプリルステークス
12 頭
15:30発走
本賞金) 2,400 - 960 - 600 - 360 - 240 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
ペース平均:
7
内枠好走:
7
勝タイム:
2.00.1
前半5F:
1.01.8
後半3F:
34.2
ペース:平均
-58 (-87+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 北村宏司 56.0 2.00.1 34.0 -3--3--3--2 2 5.8 ティンバーカントリー / サイレントプレアー 美) 藤沢和雄 488 +2 2 2
02 13/4 後藤浩輝 56.0 2.00.4 34.4 -2--2--2--1 7 17.5 サンデーサイレンス / セブンレツトウ 美) 和田正道 530 +2 12 8
03 1/2 江田照男 57.0 2.00.5 34.3 -5--5--4--4 4 8.0 アンバーシヤダイ / ミナガワローマン 美) 山田要一 484 -6 4 4
04 クビ 小野次郎 58.0 2.00.5 34.0 -7--9--7--5 8 50.5 ペンタイア / ダイナマッケンジー 美) 田中清隆 466 -6 3 3
05 クビ 蛯名正義 56.0 2.00.6 34.2 -5--5--6--6 5 8.3 キンググローリアス / キーケルナー 栗) 宮徹   472 0 6 5
06 3/4 小林淳一 57.0 2.00.7 34.5 -3--3--4--6 6 16.1 アンバーシヤダイ / カタリナラビット 美) 佐藤吉勝 478 +6 5 5
07 11/2 ボス 59.0 2.00.9 34.3 10-10-10--8 1 1.9 Desert King / Tugela 外) フリード 480 10 7
08 アタマ 田中剛 56.0 2.00.9 35.0 -1--1--1--2 12 251.4 デインヒル / キョウエイスノー 美) 上原博之 524 +4 8 6
09 21/2 郷原洋司 56.0 2.01.3 34.7 -7--7-10-12 10 151.8 ダンスインザダーク / グゼカンノン 美) 谷原義明 462 +2 11 8
10 3/4 張田京 57.0 2.01.5 34.9 11-11-10-10 9 67.2 タイキブリザード / モガミオージー 美) 的場均  518 -6 7 6
11 11/4 安藤勝己 57.0 2.01.7 35.2 12-12--7-11 3 6.7 パラダイスクリーク / スプリームクィーン 栗) 鶴留明雄 512 -6 1 1
12 田中勝春 55.0 2.02.2 35.7 -7--7--7--8 11 229.2 マジックマイルズ / セントラルスキー 地) 堂山芳則 474 -8 9 7
単勝 2番 (2人) 5.8 枠連 2-8 (12人) 20.8 複勝 2番(2人)
12番(6人)
4番(4人)
1.8
3.3
2.0
ワイド 2-12(11人)
2-4(6人)
4-12(15人)
7.8
5.0
8.7
3連複 2-4-12 (13人) 37.5 馬連 2-12 (11人) 23.6
3連単 2-12-4 (90人) 235.9 馬単 2-12 (22人) 40.3
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 スズノマーチ(北村宏騎手)
「今日はある程度自分から動いて押し切る競馬をしようと思って積極的に行った。4コーナーから動いて、抜け出してからもいい手応えだった。強かったと思います」
2着 ハスラー(後藤騎手)
「よく折り合ってくれたと思うけど、逆にビューっと行ってハナに立っていった方がよかったかもしれない。距離はマイルより2000mくらいの方がいいみたい」
5着 キーボランチ(蛯名騎手)
「伸びてはいるけど終始外を回されちゃったね。スタートも少し躓いてリズムが悪くなってしまった。コース取りの利がないと苦しいね」
7着 マカイビーディーヴァ(ボス騎手)
「リラックスして競馬出来ているし、興奮することもなかった。中山の馬場は、この馬には少し硬すぎるようで、本来の走りを見せることが出来なかった。重量や距離が敗因ではないと思う」レて、思ったより位置取りが後ろになってしまいました。しかしその後はうまく乗ってくれて、ファンの支持に応えることができました。やれやれ、ホッとした、というのが今の気持ちです。これで次はダービーですが、気を抜くことなく調整していきたいですね。課題がないとは言い切れませんが、東京コースは中山よりいいだろうし、また頑張りたいですね」
2着 10番シックスセンス(四位洋文騎手)
「この馬にはずっと後ろからの競馬を教えてきた。今日は位置取りもよく、折り合いもついた。教えたことを吸収して結果を出してくれたことが嬉しい。今日は嬉しいような、悔しいような2着です」
3着 16番アドマイヤジャパン(横山典弘騎手)
「レース前からある程度前の位置でという指示だったので、積極的に、しかも内に入れ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する