サンシャインステークス(2005/03/13) のレース情報

基本情報
中山芝・右外2200M
第02回 中山 06日目
10 R
芝・右外2200M
曇  
3勝クラス特別
サ4上(混)[指] / 別定
サンシャインステークス
12 頭
15:00発走
本賞金) 1,800 - 720 - 450 - 270 - 180 (万
コース・ラップ
スローペース
直線 310 M
ペース平均:
14
内枠好走:
-3
勝タイム:
2.15.9
前半5F:
1.04.2
後半3F:
34.5
ペース:スロー
-69 (-117+48)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 57.0 2.15.9 34.2 -3--4--4--3 4 6.6 キンググローリアス / キーケルナー 栗) 宮徹   472 -6 9 7
02 1/2 四位洋文 57.0 2.16.0 34.6 -1--1--1--1 9 31.5 Kingmambo / Villa Rose 美) 土田稔  514 -2 7 6
03 3/4 横山典弘 56.0 2.16.1 34.1 -5--5--7--7 5 8.8 ドリームウェル / スプリットザナイト 栗) 松田博資 476 -2 2 2
04 クビ 勝浦正樹 56.0 2.16.2 34.0 -8--9-10-10 2 4.1 サンデーサイレンス / キッスパシオン 美) 萩原清  500 0 1 1
05 クビ 江田照男 54.0 2.16.2 34.2 -9--7--7--7 1 4.1 ゴールデンフェザント / ヤマニンリコール 美) 星野忍  434 -8 11 8
06 11/4 吉田豊 57.0 2.16.4 34.8 -3--3--2--3 6 9.2 サンデーサイレンス / セトフローリアン2 美) 小島太  492 0 10 7
07 木幡初広 57.0 2.16.6 34.8 -5--7--5--6 7 14.4 El Prado / Above Mystery 美) 宗像義忠 540 0 4 4
08 クビ 北村宏司 56.0 2.16.6 34.8 -5--5--5--3 3 4.6 サンデーサイレンス / テイクザレインズ 美) 藤沢和雄 490 -2 8 6
09 菊沢隆徳 57.0 2.16.8 35.3 -2--2--2--2 11 79.9 トニービン / ケイウーマン 美) 二ノ宮敬 510 -2 6 5
10 アタマ 柴田善臣 57.0 2.16.8 34.4 11-11-11-11 8 19.8 サンデーサイレンス / ビューチフルドラマ 美) 鈴木康弘 484 -4 3 3
11 21/2 武士沢友 57.0 2.17.2 35.2 -9--9--7--7 12 388.2 ミホシンザン / オンワードシンディ 美) 沢峰次  502 0 5 5
12 田中勝春 57.0 2.17.4 35.1 12-11-11-11 10 72.2 シンボリルドルフ / トーヨージョオー 美) 柴田政人 458 -4 12 8
単勝 9番 (4人) 6.6 枠連 6-7 (2人) 7.5 複勝 9番(4人)
7番(9人)
2番(6人)
2.1
7.9
3.2
ワイド 7-9(30人)
2-9(13人)
2-7(33人)
21.3
7.5
26.3
3連複 2-7-9 (64人) 178.6 馬連 7-9 (31人) 102.1
3連単 9-7-2 (365人) 1,253.1 馬単 9-7 (58人) 190.0
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 キーボランチ(蛯名正義騎手)
「かかるかも知れないと聞いていたので、折り合いだけ気をつけました。上手い具合に馬の後ろに付けられましたから、上手に競馬が出来ました。やはり強い馬とやってきていますから力がありますね」
2着 タイキダイナスティ(四位洋文騎手)
「勝った!と思ったんですがね…。気分良く行けたのが大きいですが、芝の長いところが向くかもしれませんよ」
3着 アドマイヤモナーク(松田博資調教師)
「元々気難しい馬でしたが、段々と解消されてきたようですね。未勝利を勝つまでが長かったけど、勝ってからはトントン拍子に来ていますから、このクラスも慣れればイケるでしょうね」
4着 プラズマ(勝浦正樹騎手)
「昇級緒戦とか能力の限界とか全く関係ありません。前残りの展開でここまで差を詰めていますから、かなり強い馬ですよ。今後大事に使っていけば、かなりの所まで行けますよ」 チアフルワールド(堀井調教師)
「前走でハナを切らなくても結果が出ただけに、今日のように前残りになると、生かしたほうが良かったかも知れませんね。石橋騎手はテン乗りでよく乗ってくれました。この後はニュージーランドTになるでしょう」デッドエージ(白浜雄造騎手)
「これからという時にうまくハミをとってくれませんでした。休み明けのせいもあるかもしれないですね」ら、流れに乗れないまま終わってしまいました」り合いもついた。教えたことを吸収して結果を出してくれたことが嬉しい。今日は嬉しいような、悔しいような2着です」
3着 16番アドマイヤジャパン(横山典弘騎手)
「レース前からある程度前の位置でという指示だったので、積極的に、しかも内に入れていった。道中の手応えも良かったが……。上積みのありそうな馬だったし、距離が延びても

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する