東京シティ盃(2005/03/09) のレース情報

基本情報
大井ダート・右1400M
第23回 大井 03日目
11 R
ダート・右1400M
重賞   /
東京シティ盃
13 頭
00:00発走
本賞金) 2,000 - 700 - 400 - 200 - 100 (万
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 的場文男 56.0 1.25.4 - ----------- 4 0.0 483 +2 9 6
02 張田京 58.0 1.25.6 - ----------- 1 0.0 マジックマイルズ / ラッキーアルテミス 地) 岡林光浩 508 -13 12 8
03 内田博幸 58.0 1.25.8 - ----------- 3 0.0 スキャン / エイシンキャロル 地) 井上孝彦 506 -1 8 6
04 クビ 石崎隆之 58.0 1.25.8 - ----------- 10 0.0 Smart Strike / Top Ruhl 美) 古賀史生 483 +3 2 2
05 1/2 酒井忍 58.0 1.25.9 - ----------- 6 0.0 アジュディケーティング / グリンパサー 地) 佐藤賢二 508 -15 3 3
06 クビ 今野忠成 56.0 1.26.0 - ----------- 12 0.0 アフリート / ツバキヒメ 栗) 小野幸治 501 -2 6 5
07 1/2 桑島孝春 58.0 1.26.1 - ----------- 8 0.0 ヒシアリダー / ホクトプロスパー 地) 八木正喜 470 +2 10 7
08 ハナ 早田秀治 58.0 1.26.1 - ----------- 2 0.0 518 0 7 5
09 クビ 山田信大 54.0 1.26.1 - ----------- 7 0.0 447 -6 1 1
10 クビ 石崎駿 58.0 1.26.2 - ----------- 5 0.0 463 +1 13 8
11 細川勉 58.0 1.26.6 - ----------- 13 0.0 Rizzi / Timber Ghost 栗) 瀬戸口勉 497 -2 11 7
12 1/2 戸崎圭太 56.0 1.26.7 - ----------- 9 0.0 505 +1 5 4
13 大差 森下博 58.0 1.29.9 - ----------- 11 0.0 481 +16 4 4
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


 大井競馬場で行われた東京シティ盃のレース後の関係者のコメントは以下の通り。
1着 ブルーローレンス
(的場文男騎手)
「いやぁ、まさかこんな良い脚を使うとはねぇ。このメンバーでは前に付けられないだろうと思ってあの中団後ろの位置に付けたんだが、思ったほどペースは速くなかったね。手応えは良かったんだよ。だけど勝つまでは思っていなかったんだ。でも4コーナーでグッときたから、これはひょっとするとと思ったんだよ。シャンハイの産駒だけど1800メートルぐらいは大丈夫だろうね。今後もこの馬と共に頑張りますよ。」
(足立調教師)
「ここに出走できるかさえ微妙だったんです。だから勝てるかどうかまで考えませんでしたよ。レースについては的場騎手にすべてまかせていたんですが、もっと前の位置に付けると思ったんですよ。直線は力が入りましたよ。思わず声が出ちゃいました。この後は様子を見て決めますが、マイルグランプリを考えています。」
2着 トミケンマイルズ(張田騎手)
「外枠は気になりませんでしたよ。マイナス13キロという体重も問題なかったですね。まぁ、休み明けだから仕方がないかな。それでもこれだけのレースをするのだから、やはり力があるんですね。」
3着 カセギガシラ(内田博幸騎手)
「58キロがどうか心配でしたが、馬の状態も良く道中の動きも良かったですよ。こういう番手につけても競馬が出来ることがわかったのは収穫でしたね。今後もマイルまでなら楽しみですよ。」
(取材:小林雅巳)ヲは良かったのですが、最後はバテた馬を交わしただけでした。今日は追って伸びませんでした。以前のイメージとは違うのかもしれません」
5着 メイショウボーラー(福永祐一騎手)
「船橋のダート自体は問題ありませんでした。しかしフェブラリーSのように芝からのスタートならいいのですが、スタートがダートの上だとダッシュがつきづらく、それが今日も影響しました。体が減っていたことも、影響があったかもしれません」
(取材:小島友実、小塚歩)騎手)
「今日は逃げようと決めていたわけではなく、ゲートを出たなりの位置で行こうと思っていた。ハナを切ったらずい分楽なペースで逃げることが出来て、直線半ばでは勝てるかと思ったぐらい。ただ、腰が弱い馬なので坂を上がってからフォームがバラバラになってしまった。パンとしてたらなぁ…ただ、現時点ではスタッフが完璧に仕上げてくれたし、悔いはないです」
5着 ブリトン(田中勝騎手)
「折り合いがついたので直線では伸びてくれよと思っていました。距離も大丈夫でした。競馬が上手な馬ですね」
6着 ジェダイト(藤田騎手)
「少し折り合いを欠いた。ペースが遅かったし、気性的にまだ子供だからどんな距離でもあんな感じなんだ。でも6着に残れているんだから力はあるよ。これから気性が落ち着いてきたら、もっとよくなってくるよ」
8着 アドマイヤメガミ(池添騎

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する