アメジストステークス(2005/02/20) のレース情報

基本情報
東京芝・左1800M
開催
第01回 東京08日目
コース
東京芝・左1800M
クラス
1600万特別(ハンデ
レースNO
10 R
天候馬場
雨 重
条件
サ4上(混)[指]
頭数
16
発走時刻
15:00
本賞金(万
1,800 - 720 - 450 - 270 - 180
レース名
アメジストステークス 
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.48.6
平均ペース
25 (-5+30)
前半5F:
1.00.4
後半3F:
36.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武豊 57.0 1.48.6 35.8 ----2--3--3 1 2.7 サンデーサイレンス / ダイナアイドル 美) 松山康久 488 -2 8 4
02 岡部幸雄 57.0 1.49.3 35.8 ---12-12-13 2 4.4 Kingmambo / Jump With Joy 美) 松山康久 492 -10 4 2
03 11/4 北村宏司 57.0 1.49.5 36.7 ----9--3--3 4 10.6 サンデーサイレンス / セトフローリアン2 美) 小島太  492 -4 14 7
04 江田照男 55.0 1.49.7 36.3 ---12-12-11 3 5.2 ゴールデンフェザント / ヤマニンリコール 美) 星野忍  442 +8 9 5
05 クビ 中舘英二 55.0 1.49.7 37.2 ----1--1--1 7 17.8 ラストタイクーン / シゲルルション 栗) 坪憲章  496 -4 12 6
06 1/2 安藤勝己 57.0 1.49.8 35.9 ---15-15-15 5 13.7 ダンスインザダーク / ビーモル 栗) 橋口弘次 480 -10 6 3
07 クビ ペリエ 56.0 1.49.9 36.8 ----9--7--6 9 30.1 Caerleon / Irish Company 美) 藤沢和雄 426 +4 1 1
08 21/2 横山典弘 55.0 1.50.3 37.3 ----4--6--6 11 39.7 ホワイトマズル / アスターナノース 美) 武藤善則 506 0 3 2
09 クビ 木幡初広 56.0 1.50.3 37.3 ----6--7--6 6 16.8 El Prado / Above Mystery 美) 宗像義忠 540 -6 13 7
10 クビ 四位洋文 57.0 1.50.4 36.5 ---16-16-15 13 70.7 サニーブライアン / マナーリー 栗) 佐々木晶 482 -2 2 1
11 11/2 バルジュ 55.0 1.50.6 37.9 ----2--2--2 15 179.6 タイキシャトル / ハイスピリット 栗) 中尾正  488 0 15 8
12 3/4 蛯名正義 57.0 1.50.7 37.6 ----6--7--6 12 52.0 Halling / ファンジカ 美) 大久保洋 502 +12 10 5
13 11/4 菊沢隆徳 54.0 1.50.9 37.2 ---14-14-14 16 289.7 トニービン / ケイウーマン 美) 二ノ宮敬 512 +4 16 8
14 31/2 田中勝春 53.0 1.51.5 38.6 ----4--3--3 14 168.1 サンデーサイレンス / ノーブルメロディー 美) 二ノ宮敬 468 +4 7 4
15 3/4 柴田善臣 55.0 1.51.6 38.4 ----6-10-10 10 35.3 テンビー / ゴールデンショット 美) 石毛善彦 528 0 5 3
16 藤田伸二 57.0 1.52.4 39.0 ----9-10-11 8 25.6 イシノサンデー / バツクツーイースト 栗) 山内研二 494 +10 11 6
~払い戻し~
単勝 8番 (1人) 2.7 枠連 2-4 (1人) 5.7 複勝 8番(1人)
4番(2人)
14番(4人)
1.2
1.4
2.2
ワイド 4-8(1人)
8-14(3人)
4-14(4人)
2.7
5.2
5.3
3連複 4-8-14 (2人) 17.6 馬連 4-8 (1人) 6.8
3連単 8-4-14 (2人) 57.4 馬単 8-4 (1人) 11.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 ダイワレイダース(武豊騎手)
「好スタートが切れて、あの位置で競馬できたことが大きいですね。道悪も上手で強い競馬でした。完勝でしたね」
2着 アサクサキニナル(岡部幸雄騎手)
「スタートしても全然ハミをくわえないんだよ。終いはよく伸びているけど、勝った馬は前のあの位置で、楽な競馬をしていたからね」
4着 ヤマニンアラバスタ(江田照男騎手)
「牝馬でこのメンバーで55キロ。ちょっとキツかったかな。でも久々で少し重かったし、よく頑張ったと思うよ」
勝ったジーナフォンテンは父ベストタイアップ母ジュピターガール(父パークリージェント)の牝7歳栗毛馬、船橋・熊坂光広厩舎の管理馬。通算成績31戦12勝、2年振りの勝利で復活を遂げたジーナフォンテン、交流重賞2勝を含めて重賞5勝目。
-レース後のコメント-
1着 ジーナフォンテン(張田京騎手)
「この馬の復活を願っていた人は多いと思いますので、今日勝てて嬉しいです。道中の手応えも良かったですし、直線抜

予想動画
関連記事
関連つぶやき