きさらぎ賞(2005/02/13) のレース情報

基本情報
京都芝・右外1800M
開催
第02回 京都06日目
コース
京都芝・右外1800M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(混)(特)
頭数
9
発走時刻
15:45
回次
第 45 回
本賞金(万
4,200 - 1,700 - 1,100 - 630 - 420
レース名
きさらぎ賞 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
勝ちタイム:1.48.5
平均ペース
-28 (-58+30)
前半5F:
1.01.5
後半3F:
35.0
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤田伸二 56.0 1.48.5 34.5 -------3--3 2 3.7 Stravinsky / Principium 栗) 山内研二 490 -2 7 7
02 ハナ 松永幹夫 57.0 1.48.5 35.0 -------1--1 6 32.4 ディアブロ / マキハタリリー 栗) 新川恵  504 +4 5 5
03 1/2 武豊 56.0 1.48.6 33.7 -------8--8 1 2.5 アドマイヤベガ / アドマイヤラピス 栗) 橋田満  524 -4 8 8
04 クビ 四位洋文 56.0 1.48.7 34.0 -------6--5 3 4.4 サンデーサイレンス / デインスカヤ 栗) 長浜博之 450 -8 3 3
05 アタマ 熊沢重文 56.0 1.48.7 35.0 -------2--2 7 43.6 ヘクタープロテクター / ワカセイウン 栗) 五十嵐忠 490 -2 4 4
06 21/2 小牧太 56.0 1.49.1 34.4 -------8--5 9 145.6 フジキセキ / リキパラダイス 栗) 崎山博樹 508 +4 2 2
07 11/4 幸英明 56.0 1.49.3 35.4 -------3--3 8 102.7 グラスワンダー / シルキーヒロイン 栗) 岡田稲男 482 +6 1 1
08 21/2 安藤勝己 56.0 1.49.7 35.1 -------5--5 5 7.7 サンデーサイレンス / ローザネイ 栗) 橋口弘次 464 -4 6 6
09 長谷川浩 56.0 1.51.0 36.2 -------6--8 4 6.7 ブライアンズタイム / モーニングタイド 栗) 中村均  448 0 9 8
~払い戻し~
単勝 7番 (2人) 3.7 枠連 5-7 (10人) 35.0 複勝 7番(3人)
5番(7人)
8番(1人)
1.5
4.8
1.2
ワイド 5-7(14人)
7-8(1人)
5-8(12人)
10.2
2.1
8.9
3連複 5-7-8 (10人) 27.7 馬連 5-7 (12人) 35.5
3連単 7-5-8 (71人) 203.3 馬単 7-5 (21人) 56.4
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 コンゴウリキシオー(藤田騎手)
「元々、スタートのいい馬。ちょうど引っ張ってくれる馬がいて予想通りの位置取り。思い描いていた通りのレースが出来た。直線で2着馬が頑張っていてヒヤッとしました。出来もよかったです。使うたびに折り合いもつくようになり、モタれる面も解消してきて乗りやすくなってきています。これから楽しみです。距離も徐々に伸ばせば大丈夫でしょう」
8着 レジェンダロッサ(安藤勝騎手)
「テンションが高く、力んで走っていました。ゲートで遅れたのは仕方ないでしょう。使えばもっと走ってくるでしょう。まだ馬がどっしりしていません」鴻^ーキッシュ(吉田豊騎手)
「道中はそれほどでもなかったのですが、追ってからまったく伸びませんでした。道悪を気にしている様子もありませんでしたし、ちょっとよくわかりません。でも一度使って必ず変わると思いますよ」いたところ、勢いのある馬に来られてしまいました」
5着 ハギノベルテンポ(後藤浩輝騎手)
「この馬場では運が悪いとしか思えない。でもこの上がりできてるんですから、馬場さえよければ勝ち負けだったでしょう」ニ思います」
(熊坂光広調教師)
「前走後、調教パターンを変えてみた

予想動画
関連記事
関連つぶやき