有馬記念(有馬)(2004/12/26) のレース情報

基本情報
中山芝・右2500M
開催
第05回 中山08日目
コース
中山芝・右2500M
クラス
オープンGⅠ(定量
レースNO
9 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(混)(指)
頭数
15
発走時刻
15:25
回次
第 49 回
本賞金(万
18,000 - 7,200 - 4,500 - 2,700 - 1,800
レース名
有馬記念 
呼び名・略称 →追加申請
有馬 
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
勝ちタイム:2.29.5
コースレコード
平均ペース
33 (-12+45)
前半5F:
1.00.3
後半3F:
35.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 ペリエ 57.0 2.29.5 35.3 -2--2--2--2 1 2.0 サンデーサイレンス / ローミンレイチェル 美) 藤沢和雄 508 +6 1 1
02 1/2 佐藤哲三 57.0 2.29.6 35.7 -1--1--1--1 3 8.8 Pleasant Tap / All Dance 栗) 佐々木晶 504 9 5
03 11/2 四位洋文 57.0 2.29.8 35.1 -7--6--6--5 9 27.3 マーベラスサンデー / セイントセーラ 栗) 鮫島一歩 480 +14 6 4
04 武豊 57.0 2.30.0 34.9 10-10--9-10 5 11.2 ダンスインザダーク / スプリングネヴァー 栗) 橋口弘次 498 0 8 5
05 クビ ボニヤ 55.0 2.30.0 35.6 -4--4--4--3 4 8.9 ダンスインザダーク / ディクシースプラッシュ 栗) 角居勝彦 530 +18 10 6
06 21/2 吉田豊 55.0 2.30.4 34.5 13-14-14-14 14 109.8 サンデーサイレンス / ファンジカ 美) 大久保洋 518 +12 3 2
07 クビ 安藤勝己 57.0 2.30.4 35.3 -8--8--9--8 8 21.3 ティンバーカントリー / ベガ 栗) 松田博資 452 -2 15 8
08 クビ 蛯名正義 57.0 2.30.5 35.1 11-11-11-12 7 15.5 ダンスインザダーク / ツルマルガール 栗) 橋口弘次 462 -2 13 7
09 アタマ 横山典弘 55.0 2.30.5 34.2 15-15-15-15 10 43.5 サンデーサイレンス / アイリッシュダンス 栗) 橋口弘次 472 -8 5 3
10 ハナ 柴田善臣 57.0 2.30.5 34.9 13-13-13-12 15 125.2 サンデーサイレンス / マイアミガルチ 美) 増沢末夫 472 +2 7 4
11 アタマ 五十嵐冬 55.0 2.30.5 35.6 -9--8--8--8 2 7.0 ザグレブ / イセノトウショウ 地) 田部和則 498 +6 4 3
12 藤田伸二 55.0 2.31.0 35.7 11-11-11-10 13 94.6 サンデーサイレンス / レミニセントリー 美) 藤沢和雄 514 +2 2 2
13 アタマ 小牧太 55.0 2.31.0 36.4 -6--6--6--7 11 85.8 サンデーサイレンス / アンブロジン 栗) 池江泰郎 458 -2 12 7
14 13/4 角田晃一 57.0 2.31.3 37.1 -2--2--2--3 6 13.1 サツカーボーイ / シュンサクヨシコ 栗) 佐山優  456 +2 11 6
15 11/4 岡部幸雄 57.0 2.31.5 37.1 -4--5--4--5 12 91.1 サンデーサイレンス / レトス 美) 藤沢和雄 534 +6 14 8
~払い戻し~
単勝 1番 (1人) 2.0 枠連 1-5 (2人) 5.7 複勝 1番(1人)
9番(5人)
6番(7人)
1.2
2.7
3.6
ワイド 1-9(5人)
1-6(6人)
6-9(21人)
5.7
6.9
17.5
3連複 1-6-9 (21人) 58.6 馬連 1-9 (4人) 12.4
3連単 1-9-6 (70人) 247.6 馬単 1-9 (5人) 18.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 ゼンノロブロイ(ペリエ騎手)
「1番枠なので好スタートを心掛けた。タップダンスシチーをマークしたわけではなく、この馬のペースでレースをしただけです。何せこの馬の力は十分にわかっていますからね。とにかく常にリラックスして走ることのできる馬で、それが強さの秘密でしょう。シンボリクリスエスより、そういう点でレースをしやすい馬です。有馬記念を3年連続制覇できて、こんなに名誉なことはありません。これから家族とともにバカンスに入ります」
(藤沢師)
「これまでどちらかというとジリジリとしか伸びないタイプでしたが、秋になって一気に素質が開花したようで、よくここまで育ってくれました。直前までそれほど時計的には速くない稽古を重点的にやっていましたので、少し太いぐらいになって困りましたが、輸送もあってうまく切り抜けました。ジャパンカップを勝った段階で、オーナーとは来年は英国のキングジョージを目指すということになっています。ちょうど(左回りの)ヨーク競馬場で行われるので、日本馬にチャンスがあるのではないかと思っています」
2着 タップダンスシチー(佐々木師)
「今更言ってもしょうがないが、あと2週間あればという気がしますね。でもそんな状態で今日の走りは脱帽ですね。脱帽と言うんだったらペリエ騎手にも脱帽。タップダンスシチーが相手だと最初から決めてきたからね。来年は今年と同じく金鯱賞からスタートする予定。1月6日に放牧に出します」
3着 シルクフェイマス(四位騎手)
「まったく不利もなく脚をためられて、4コーナーでも手応え十分。理想のレースができたと思うんですが、前の2頭が強かったですね」
4着 ダイタクバートラム(武豊騎手)
「最後は追い上げたように見えますけど、淀みのない速いペースで苦しかった」
5着 デルタブルース(ボニヤ騎手)
「古馬を相手にしてこれだけ走れば上々でしょう。今回は経験の差が大きい。コーナーで手前を替えると走りが小さくなりましたからね。それも経験を積めば大丈夫だし、来年はもっと強くなるだろうし、楽しみですね」
11着 コスモバルク(五十嵐騎手)
「折り合いに専念して乗るつもりでしたが、馬がまったく行く気をみせず、いつもの引っ掛かるところがまったくありませんでした。折り合いがついたというより走る気が出ていなかった感じですね。いつものバルクじゃありませんでした。返し馬はいつも通りだったのに、ゲートを出てからは走りが本当じゃありませんでした。不本意な終わり方になって残念です」は伸びてくれよと思っていました。距離も大丈夫でした。競馬が上手な馬ですね」
6着 ジェダイト(藤田騎手)
「少し折り合いを欠いた。ペースが遅かったし、気性的にまだ子供だからどんな距離でもあんな感じなんだ。でも6着に残れているんだから力はあるよ。これから気性が落ち着いてきたら、もっとよくなってくるよ」
8着 アドマイヤメガミ(池添騎手)
「最初からためて行こうと思っていたんです。勝ち馬とは同じ位置にいたんですけどねぇ」
9着 レースパイロット(蛯名騎手)
「(勝ち馬について)いやぁ、あれは負けパターンだよね。あれで勝つんだから大したもんだね。レースパイロットは、素質はヒケを取らないと思ったんだけど、何とかオークスに間に合ったクチだからね。まあ、現時点の完成度の差だね」
11着 ビッグフラワー(北村宏騎手)
「前半少し掛かったけど、すぐに落ち着いてくれた。相手が相手だけに頑張っていますよ。走りそうな馬です」
12着 ライラプス(後藤騎手)
「4コーナー回るところまでは抜けるかなという感じだったけど、残り400mでフォームがバラバラになっちゃって…。やっぱり距離ですね」
13着 ジョウノビクトリア(横山典騎手)
「ペースが遅くなるのは分かっていたけど、勝った馬も後ろの方にいたんだしね。勝った馬は強かったよ」
14着 エリモファイナル(内田博騎手)
「阪神JFに乗せてもらった時はかなり引っ掛かっていたので、今日は折り合いに気をつけていったんですが、伸びませんでした。ペースが遅かったし、なだめるのが難しかったです。折り合いが今後の課題ですね」
15着 アスピリンスノー(小野騎手)
「出遅れて前に取り付こうとしたら引っ掛かってしまった」r />「よく頑張りました。ノメる馬場のぶん、逆に引っかからずに折り合いがついたけど、距離が長かった。秋に短い距離を使うときにまた期待します」
17着 16番ナイアガラ(小牧太騎手)
「道中ずっと追っつけ通しだった」せんし、これから中距離路線で戦うことになると思いますけど、良馬場ならチャンスはあるでしょう」
9着 ダイワメジャー(安藤勝己騎手)
「5-6番手から早めに動けばいいと思っていましたが……。4コーナーからスッと伸びだして

予想動画
関連記事
関連つぶやき