京成盃グランドマイラーズ(2004/11/17) のレース情報

基本情報
船橋ダート・左1600M
第09回 船橋 02日目
10 R
ダート・左1600M
重賞   /
京成盃グランドマイラーズ
13 頭
00:00発走
本賞金) 1,500 - 525 - 300 - 150 - 75 (万
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 張田京 56.0 1.38.6 - ----------- 1 0.0 マジックマイルズ / ラッキーアルテミス 地) 岡林光浩 518 0 6 5
02 11/2 石崎隆之 54.0 1.38.9 - ----------- 6 0.0 Glitterman / Regal Word 栗) 小原伊佐 500 +4 10 7
03 アタマ 野崎武司 52.0 1.38.9 - ----------- 8 0.0 サンデーウェル / ランヤジェニー 美) 平井雄二 456 +5 4 4
04 クビ 内田博幸 52.0 1.38.9 - ----------- 5 0.0 Crafty Prospector / Spectacular April 美) 二ノ宮敬 577 +1 3 3
04 同着 山田信大 56.0 1.38.9 - ----------- 3 0.0 479 0 5 4
06 今野忠成 56.0 1.39.3 - ----------- 7 0.0 Valid Appeal / Dame's Rocket 地) 山崎尋美 464 +4 11 7
07 11/2 左海誠二 52.0 1.39.6 - ----------- 10 0.0 ジェネラス / ベイダー 地) 国光徹  501 +8 13 8
08 クビ 酒井忍 52.0 1.39.6 - ----------- 4 0.0 471 +5 1 1
09 1/2 御神本訓 54.0 1.39.7 - ----------- 11 0.0 504 -2 12 8
10 11/2 石崎駿 56.0 1.40.0 - ----------- 12 0.0 ヒシアリダー / ホクトプロスパー 地) 八木正喜 481 +4 7 5
11 桑島孝春 56.0 1.40.2 - ----------- 9 0.0 フレイズ / ノーベルスター 地) 桑原義光 530 +5 2 2
12 クビ 的場文男 56.0 1.40.2 - ----------- 2 0.0 507 +13 8 6
佐藤隆 54.0 - - ----------- 13 - 485 0 9 6
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


京成盃グランドマイラーズ、関係者のコメントは以下の通り。
●1着トミケンマイルズ 
(張田騎手)
「スムースに折り合えたし、競馬はし易かった。完勝です。走る事に対して、すごく真面目だし、ベストの距離はマイルだと思う。今後は距離の克服が課題かな」
 〃 (岡林調教師)
「もともとシリウスSを使う予定が、ざ石の影響で武蔵野Sを使う事になってしまった。その武蔵野Sは追い不足で、体も重かったみたい。今回のレースも、まだ体が重いとは思ったけど、追いきりの動きが良かったので使う事になった。よく結果を出してくれた。この後のローテーションは未定」
●2着ユニークステータス
(石崎騎手)
「スピードのある馬だし、ペースもゆったりしていたから楽に前に行けたね。その分、最後まで良く粘ってくれた。でも、前に行かなくても良いタイプかも知れない。そういう競馬も、試す価値はありそうだね」
●3着マキノヒリュウ
(野崎騎手)
「4コーナーを回って来るときは、前回よりも手応えがあったし楽だった。よく頑張ったよ」
●6着ロッキーアピール
(今野騎手)
「ブリンカーの効果もあったし、前走よりも内容は良かったと思う。今日の距離が、この馬には一番合ってるね」
●12着キョウエイプライド
(的場騎手)
「この馬は、左回りはダメだね。あと、休み明けも影響したみたい。3コーナーで、もう手応えが怪しかった」キ方策は、今のところ思いつきません」
3着 デルタブルース(安藤騎手)
「ゲートでフワフワしていて遅れてしまいました。もう少し前に行きたかったんですがね。位置取りが悪くなってしまいましたが、そのなかでまずまずいいレースができましたね。こんな競馬もできるんですね。最後は伸びていましたよ。やはり今年の3歳馬のレベルは高いんですね。あの競馬でこの着順ですから本当に強いですよ」
4着 ポリシーメイカー(パスキエ騎手)
「非常にうまく乗れて、直線の半ばまで勝てたと思った。しかし、最後の100mで脚が止まってしまった」
5着 ナリタセンチュリー(藤沢則師)
「調教師が気負ってしまっていましたが、力を見せてくれましたね。道中、蹄鉄を落としてきていましたが、それでもこの着順ですから収穫がありました。有馬記念はオーナーと相談して決めたいと思います」
6着 フェニックスリーチ(ドワイヤー騎手)
「非常にいいレースだった。馬の状態も非常によく勝てるかと思ったが、少しペースが速かった」
7着 リュヌドール(ジャルネ騎手)
「大勢の観衆で馬が多少ナーバスになっていた。スタートして少し行きたがり、最後は脚がなくなってしまった。でもよく走ってくれたと思う」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する