東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(2004/10/30) のレース情報

基本情報
東京ダート・左1600M
開催
第04回 東京07日目
コース
東京ダート・左1600M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
雨 重
条件
サ3上(国)(指)
頭数
16
発走時刻
15:40
回次
第 9 回
本賞金(万
4,200 - 1,700 - 1,100 - 630 - 420
レース名
東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 501 M
勝ちタイム:1.35.4
平均ペース
48 (87-39)
前半5F:
58.0
後半3F:
37.4
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 柴田善臣 56.0 1.35.4 37.0 -------5--4 5 12.4 Pulpit / デアリングダンジグ 美) 加藤征弘 494 0 4 2
02 3/4 田中勝春 56.0 1.35.5 37.4 -------3--2 2 4.5 マーベラスサンデー / フジノタカコトブキ 美) 高木登  476 -4 16 8
03 1/2 勝浦正樹 54.0 1.35.6 36.2 ------15-16 12 51.3 ブライアンズタイム / ペラドンナ 美) 柴崎勇  456 +4 12 6
04 3/4 横山典弘 56.0 1.35.7 37.1 -------7--7 4 7.4 Dynaformer / Sedona Berry 栗) 藤原英昭 510 -14 1 1
05 蛯名正義 56.0 1.35.9 37.0 -------9-10 6 13.6 リンドシェーバー / ピンクノワンピース 美) 小島太  500 +3 3 2
06 クビ 和田竜二 57.0 1.35.9 37.3 -------7--7 8 20.3 フォーティナイナー / クールアライヴァル 栗) 岩元市三 524 -6 5 3
07 1/2 北村宏司 56.0 1.36.0 37.3 -------9--9 10 29.9 メジロライアン / ラスティックベル 美) 高市圭二 504 +8 7 4
08 クビ 四位洋文 55.0 1.36.1 37.0 ------13-13 3 4.5 シャンハイ / トップサンキスト 栗) 藤岡健一 464 -8 9 5
09 クビ 村田一誠 56.0 1.36.1 37.2 ------11-10 7 14.9 フサイチコンコルド / エビスファミリー 栗) 服部利之 496 +18 8 4
10 クビ 小野次郎 54.0 1.36.2 37.0 ------15-15 11 46.4 アサティス / サマーアフタヌーン 美) 武市康男 462 +2 14 7
11 3/4 小林淳一 56.0 1.36.3 37.2 ------14-13 16 198.4 シャンハイ / ブランドイナリ 美) 本郷一彦 486 +12 13 7
12 21/2 吉田豊 56.0 1.36.7 37.8 ------11-10 13 81.5 ジェニュイン / シクレノンメモリー 栗) 中尾秀正 472 -12 10 5
13 ペリエ 57.0 1.38.0 39.5 -------5--6 1 3.8 Grindstone / Tropico Cielo 栗) 松田国英 540 -10 11 6
14 3/4 石橋脩 56.0 1.38.1 39.8 -------3--4 9 22.6 ディアブロ / レインボーファスト 栗) 鮫島一歩 536 -2 2 1
15 小池隆生 55.0 1.38.8 40.8 -------1--1 15 103.9 アジュディケーティング / ロングマサユメ 栗) 大根田裕 490 -4 6 3
16 張田京 56.0 1.39.1 41.0 -------2--2 14 83.8 マジックマイルズ / ラッキーアルテミス 地) 岡林光浩 518 +14 15 8
~払い戻し~
単勝 4番 (5人) 12.4 枠連 2-8 (9人) 13.6 複勝 4番(6人)
16番(3人)
12番(11人)
4.0
2.2
9.9
ワイド 4-16(9人)
4-12(52人)
12-16(40人)
10.6
45.8
34.5
3連複 4-12-16 (104人) 379.1 馬連 4-16 (7人) 22.9
3連単 4-16-12 (506人) 1,902.7 馬単 4-16 (21人) 61.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 4番ピットファイター(柴田善臣騎手)
「スタートがうまく切れましたね。ですからかからずに自分の呼吸で走れました。道中リラックスして走っていたので、最後は必ず伸びてくれると思ってました。休み明けでしたが落ち着いていましたね。精神的に強くなって来ているようです。このまま成長してくれれれば、一流馬になれる器だと思います」
2着 16番サイレンスボーイ(田中勝春騎手)
「我慢せずにもう少し早めに外に出した方が良かったかもしれませんね。勝ち馬に一瞬早くピュッと出られてしまいました。最後はビューっと伸びているんですが、まぁしょうがないですね」
3着 12番ベルモントパティ(勝浦正樹騎手)
「もともといいところのある馬ですし、最後に切れる脚を使うのはわかっていましたから、道中は馬なりで行きました。最後はよく伸びて、勝てるかと思ったんですがね。これからまだ良くなりますね」
8着 9番トップオブワールド(四位洋文騎手)
「下手に乗ったと書いておいてください。スタートで寄られて位置取りが悪くなってしまいました。終いは伸びそうなところがあっただけに……スイマセンでした」
13着 11番エコルプレイス(松田国英調教師)
「決して速いタイムの決着とは思えないんですが、それが逆にこの馬にとっては良くなかったんですかね。テンのダッシュが利かないので、今日は特に位置取りが悪くなってしまいました。鍛えてはいるんですが、まだ力がつききっていませんね。これでは重賞は勝てません」(田中勝騎手)
「悪くなかったと思うけど、この馬場で大外を回っては厳しいよ」
10着 シルクフェイマス(四位騎手)
「返し馬の時から馬場を気にしていた。道悪は全然ダメ。反応しなかった」
11着 テレグノシス(勝浦騎手)
「前走と同じように見えたかもしれないけど、道中のリズムがよくなかった。ペースが合わなかったとしか思えない。もっとスローになってくれた方がこの馬にはいいかもしれない」
12着 リンカーン(安藤勝騎手)
「4コーナー手前はいい反応だったけど直線は全然。初めてなので判断がつかないけど、一瞬しかいい脚を使えないのかな」
17着 ダイワメジャー(上原師)
「ノドを気にしているようで…また立て直します」ワした。有馬記念はオーナーと相談して決めたいと思います」
6着 フェニックスリーチ(ドワイヤー騎手)
「非常にいいレースだった。馬の状態も非常によく勝てるかと思ったが、少しペースが速かった」
7着 リュヌドール(ジャルネ騎手)
「大勢の観衆で馬が多少ナーバスになっていた。スタートして少し行きたがり、最後は脚がなくなってしまった。でもよく走ってくれたと思う」
10着同着 ハーツクライ(武豊騎手)
「今日のボコボコした馬場はよくないと見て、いいところを選んで走ったけど、走り方の問題と

予想動画
関連記事
関連つぶやき