オパールステークス(2004/10/23) のレース情報

基本情報
京都芝・右2000M
開催
第04回 京都05日目
コース
京都芝・右2000M
クラス
オープン特別(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(混)(特)
頭数
11
発走時刻
15:45
本賞金(万
2,400 - 960 - 600 - 360 - 240
レース名
オパールステークス 
コース・ラップ
スローペース
直線 328 M
勝ちタイム:2.01.3
スローペース
-61 (-90+29)
前半5F:
1.02.0
後半3F:
34.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小牧太 54.0 2.01.3 33.9 -8--8--9--6 8 12.3 ダンスインザダーク / ミナミノバレッツ 栗) 橋口弘次 490 -4 7 6
02 クビ 和田竜二 55.0 2.01.3 34.5 -1--1--1--1 5 8.9 サンデーサイレンス / ハイランドトーク 栗) 岩元市三 498 +10 10 8
03 3/4 池添謙一 57.0 2.01.4 34.0 -8--8--9-10 4 6.2 パラダイスクリーク / スプリームクィーン 栗) 鶴留明雄 510 +4 5 5
04 クビ 武幸四郎 54.0 2.01.4 33.8 11-11-11-11 6 9.6 サクラホクトオー / コガネセンガン 栗) 崎山博樹 476 0 3 3
05 クビ 秋山真一 53.0 2.01.5 34.5 -3--3--3--3 10 24.7 トニービン / バラワキ 栗) 湯窪幸雄 466 +10 4 4
06 ハナ 福永祐一 57.0 2.01.5 34.6 -2--2--2--2 3 5.3 Mi Cielo / Eishin Michigan 栗) 瀬戸口勉 496 +2 2 2
07 1/2 松永幹夫 54.0 2.01.6 34.6 -5--5--3--3 7 12.2 サンデーサイレンス / スターバレリーナ 栗) 長浜博之 516 +2 11 8
08 クビ 熊沢重文 53.0 2.01.7 34.5 -5--5--7--8 11 132.2 トニービン / ルフィーラ 栗) 池江泰郎 496 +8 1 1
09 1/2 四位洋文 54.0 2.01.8 34.6 -8--8--7--8 2 4.9 ダンスインザダーク / グゼカンノン 美) 谷原義明 458 -8 8 7
10 ハナ 幸英明 54.0 2.01.8 34.8 -3--3--3--3 1 4.1 El Gran Senor / カライスカットアップ 栗) 安達昭夫 488 +4 6 6
11 クビ 安藤勝己 55.0 2.01.8 34.7 -7--5--6--6 9 21.1 カコイーシーズ / ミスルピナス 美) 鈴木伸尋 496 -6 9 7
~払い戻し~
単勝 7番 (8人) 12.3 枠連 6-8 (2人) 7.7 複勝 7番(8人)
10番(6人)
5番(4人)
3.8
3.4
2.4
ワイド 7-10(24人)
5-7(19人)
5-10(11人)
15.6
12.7
8.3
3連複 5-7-10 (38人) 89.6 馬連 7-10 (25人) 53.8
3連単 7-10-5 (303人) 730.3 馬単 7-10 (55人) 116.7
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 アンフィトリオン(小牧太騎手)
「スタートが良かったのでもう少し前でと思ったけど、ちょっと後手後手に回って後ろの位置取りになってしまいました。3コーナー過ぎからエンジンのかかりが早いかなと思いましたが、馬のいくままに行かせました。長くいい脚を使ってくれました。今日は馬の具合もよかったんですが、走る気がありました。強かったですね」
2着 テイエムテンライ(和田竜二騎手)
「いいペースでいけたんですがね。ハンデがもう1キロ軽ければ粘れたかもしれませんが、でも久々でこれだけ粘れれば上々でしょう」
6着 エイシンチャンプ(福永祐一騎手)
「体の使い方がどうもいい頃の感じじゃないね。調教から直していかないといけないのかな」
10着 マヤノモーリス(幸英明騎手)
「先生から切れる脚がないと聞いていたので、早めに動いた方が良かったかもしれません。瞬発力勝負でおかれてしまいました」チたけどなぁ……。やっぱり少し下を気にしていました。人気馬をマークしているところに、外から来られましたね。力は出し切っています。展開もあったかもしれません」
3着 18番メイショウボーラー(福永祐一騎手)
「今日は上手に走っていましたよ。ゲートも昔に比べてすんなりしていました。余裕がありましたよ。最後は並ばれても簡単には抜かされないという良さが出ていました。よく頑張りました。あとひとふんばりです」
4着 15番ゴールデンキャスト(小牧太騎手)
「もうひとつ思った以上に伸びませんでしたね。でも今日は折り合いがついて内容のあるレースだったと思います。下が渋ってガーっと行けなかったのも良かったのかもしれません」
5着 6番フォルクローレ(佐藤哲三騎手)
「内枠で、3コーナーの下りで外に出すため、下げるしか

予想動画
関連記事
関連つぶやき