おおぞら特別(2004/09/25) のレース情報

基本情報
札幌芝・右1200M
第02回 札幌 05日目
11 R
芝・右1200M
晴  
2勝クラス特別
サ3上(混) 牝 (特) / 別定
おおぞら特別
13 頭
15:30発走
本賞金) 1,450 - 580 - 360 - 220 - 145 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 266 M
ペース平均:
-3
内枠好走:
4
勝タイム:
1.09.5
前半5F:
57.4
後半3F:
35.4
ペース:平均
-9 (43-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 松永幹夫 55.0 1.09.5 35.1 -------4--3 2 3.4 サンデーサイレンス / パーフェクトサークル 美) 高市圭二 466 +4 4 4
02 11/4 藤田伸二 55.0 1.09.7 35.6 -------1--1 3 4.0 ハウスバスター / ビワテースト 栗) 安達昭夫 456 0 7 5
03 21/2 北村浩平 55.0 1.10.1 35.7 -------4--4 1 2.9 ジェニュイン / メイプルダンス 栗) 田所秀孝 460 +8 9 6
04 武士沢友 53.0 1.10.3 35.5 ------11-10 12 97.6 トワイニング / デルマプリティ 栗) 昆貢   486 +16 6 5
05 クビ 本田優 53.0 1.10.3 36.0 -------2--2 5 12.0 フジキセキ / レーブドグランパ 栗) 昆貢   444 +8 11 7
06 1/2 菊沢隆徳 55.0 1.10.4 36.0 -------4--4 8 35.9 Danehill / シルクテイル 美) 柄崎孝  486 +2 1 1
07 アタマ 石橋脩 55.0 1.10.4 35.7 -------8--7 7 17.9 サンデーサイレンス / シングライクトーク 美) 鈴木康弘 426 +6 5 4
08 11/4 竹之下智 55.0 1.10.6 36.2 -------4--7 6 17.5 タイキシャトル / ジュエルヒル 栗) 松田正弘 436 +2 10 7
09 小林徹弥 53.0 1.10.9 36.3 -------8--9 4 10.3 フジキセキ / ダービーラブリネス 栗) 高橋成忠 516 +2 3 3
10 ハナ 加藤士津 55.0 1.10.9 35.6 ------12-12 9 54.9 ホワイトマズル / ラウレルシーダー 美) 平井雄二 496 +10 12 8
11 クビ 勝浦正樹 55.0 1.10.9 35.4 ------13-13 10 55.0 Salt Lake / Tracey's Secret 美) 杉浦宏昭 456 +2 8 6
12 岩崎祐己 53.0 1.11.1 36.5 -------8-10 11 87.6 スピニングワールド / エイユーサンバー 栗) 加藤敬二 466 -6 13 8
13 11/2 津村明秀 53.0 1.11.3 37.0 -------2--4 13 164.3 Miswaki / ジャスーラー 美) 根本康広 474 +10 2 2
単勝 4番 (2人) 3.4 枠連 4-5 (2人) 5.6 複勝 4番(2人)
7番(3人)
9番(1人)
1.2
1.2
1.1
ワイド 4-7(3人)
4-9(1人)
7-9(2人)
2.2
1.6
2.0
3連複 4-7-9 (1人) 5.3 馬連 4-7 (2人) 6.5
3連単 4-7-9 (4人) 27.0 馬単 4-7 (3人) 12.1
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 スターリーヘヴン(松永幹夫騎手)
「すでにこのクラスで勝っている馬だしね。一度使われたことで動きが軽くなり仕上がっていた。すごく乗りやすい馬ですよ」
(高市圭二調教師)
「牝馬限定戦なら負けないよ。1200mも全然不安はなかった」
2着 メイショウジャコウ(藤田伸二騎手)
「楽に行かせてもらえたけど、相手の決め手が上だった。ダッシュは速いけど終いが甘い馬だから。交わされるとそこで終わってしまうんだよね」
4着 スペシャルアタック(武士沢友治騎手)
「久々のせいで前半はモタモタしたけど、最後はよく伸びてくれた。現状ではダートの方がいい気がします」んですね。でも止まっているわけじゃなくジリジリ伸びているので、もう少し長い方がいいかもしれません」。実はスプリンターズSもちらっと考えたんですが、まだ1000万クラスでしたから。様子を見てこのあとのことを考えます」突きましたが牝馬ですから。ひるんでしまって走る気を無くしたようです」、内を突いて行こうと思った。道中外へ出すタイミングもあったけど、一か八か内を突いて行った。バテた馬が後退してきて、前が壁になるし、関係者に申し訳なかった。」
15着 7番カフェボストニアン(岡部幸雄騎手)
「滑って足を取られてしまった。それ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する