ダービーGP(中央交流) G1(2004/09/20) のレース情報

基本情報
盛岡ダート・左2000M
開催
第07回 盛岡03日目
コース
盛岡ダート・左2000M
クラス
GⅠ(
レースNO
10 R
天候馬場
条件
サ3才
頭数
14
本賞金(万
5,000 - 1,500 - 850 - 650 - 500
レース名
ダービーGP(中央交流) G1 
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤勝己 56.0 2.02.8 - ----------- 1 0.0 Wild Rush / Personally 栗) 山内研二 487 +3 11 7
02 四位洋文 56.0 2.04.2 - ----------- 2 0.0 シャンハイ / トップサンキスト 栗) 藤岡健一 457 -13 12 7
03 蛯名正義 56.0 2.04.9 - ----------- 4 0.0 リンドシェーバー / ピンクノワンピース 美) 小島太  497 +3 5 4
04 クビ 山田信大 56.0 2.04.9 - ----------- 6 0.0 ホリスキー / ミスコンバツト 美) 高橋義博 463 +1 3 3
05 小牧太 56.0 2.05.6 - ----------- 3 0.0 ブライアンズタイム / アサヒブライト 美) 加藤征弘 485 -2 4 3
06 村上忍 56.0 2.06.9 - ----------- 14 0.0 407 +4 2 2
07 21/2 北村宏司 56.0 2.07.3 - ----------- 5 0.0 Boston Harbor / Texas Robbery 美) 鹿戸雄一 476 +6 13 8
08 丸野勝虎 56.0 2.07.6 - ----------- 8 0.0 アジュディケーティング / ヒートウェイブ 美) 小林常泰 491 -1 7 5
09 21/2 小林俊彦 56.0 2.08.0 - ----------- 7 0.0 467 -4 1 1
10 1/2 沢田盛夫 56.0 2.08.1 - ----------- 9 0.0 ブロッコ / ディアジョンレター 地) 城地藤男 477 +5 14 8
11 11/4 板垣吉則 56.0 2.08.3 - ----------- 13 0.0 511 -12 6 4
12 草地保隆 56.0 2.09.4 - ----------- 11 0.0 508 +5 9 6
13 10 鮫島克也 56.0 2.11.1 - ----------- 10 0.0 446 -1 10 6
14 大差 南郷家全 54.0 2.14.5 - ----------- 12 0.0 415 +4 8 5
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


ダービーグランプリ(GI)のレース後の関係者のコメントは以下の通り。
1着 パーソナルラッシュ(安藤勝己騎手)
「スムーズな競馬ができれば勝てると思っていた。出来ればいい位置を取りたいと考えていたけど、まさかこれほど楽にあの位置(2番手)が取れるとは思っていなかった。今日の競馬は、見てもらった通りの強い内容で完勝だったね。まだ精神的にムラなところがあるので、その辺りが成長すれば、もっと強くなると思う」
〃        (山内調教師)
「距離は長い方がいいと思っていた。来年、本格化するだろうと思っていたが、思った以上に力をつけていたね。この後は山田ステーブルに放牧。年内は出来れば、レースに使いたくないね」
2着 トップオブワールド(四位騎手)
「距離が長いので、大事に乗った。勝ちにいっての2着、しょうがないね。相手が強かったよ」
4着 トキノコジロー(山田信騎手)
「一瞬、おおっと思ったけど・・・」
5着 トーセンブライト(小牧太騎手)
「ハナにたって、目標にされた分しんどかった。ま、勝ちにいってのレース、仕方ないね」
7着 ダイワバンディット(北村宏騎手)
「スムースに折り合いもついたけど、最後におつりがなくなったね」 
(取材:木和田篤)スタートが良くなくて位置も予定より後ろになり、一番なって欲しくない展開になってしまった。いずれGIを勝てるだけの器だと思っているのだけど、今日は負けすぎな気もする。残念な結果だったけど、また頑張ります」
(取材:中野雷太)はよく伸びてくれましたね。」
3着クールアイバー 石崎駿騎手
「すごく素直で乗りやすく、休み明けとは思えない仕上がりでした。道中はいつ仕掛けても伸びてくれそうな手応えがありました。4コーナーでは2着はあるなと思ったのですが、いい脚が一瞬しかつかえないようで最後はいっぱいになってしまいました。
4着アイディンワンダー 石崎隆之騎手
「まだ本調子じゃないみたいだね。」
8着サンデーバニヤン 鷹見騎手
「どこが悪いということはなかったんだが、途中で完全に息切れしてしまった。休み明けが応えたとしか思えませんね。」
(取材:中野雷太)」は大丈夫だと思ってました。この次どのレースを使うかは馬の状態と相談して、ということになるでしょう。
(取材:佐藤 泉) フェニックスリーチ(ドワイヤー騎手)
「非常にいいレースだ

予想動画
関連記事
関連つぶやき