ペルセウスステークス(2004/09/18) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1800M
開催
第04回 中山03日目
コース
中山ダート・右1800M
クラス
オープン特別(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(混)(特)
頭数
10
発走時刻
15:45
本賞金(万
2,400 - 960 - 600 - 360 - 240
レース名
ペルセウスステークス 
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
勝ちタイム:1.53.4
平均ペース
-3 (15-18)
前半5F:
1.02.9
後半3F:
38.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 56.0 1.53.4 37.5 -5--6--7--6 2 3.6 Saint Ballado / Sloane Street 美) 国枝栄  506 -6 2 2
02 クビ 後藤浩輝 57.5 1.53.4 37.8 -3--3--4--4 1 2.6 マヤノトップガン / ビーサイレント 美) 萩原清  480 +4 1 1
03 13/4 伊藤直人 49.0 1.53.7 38.4 -1--1--1--1 4 7.0 アフリート / ゴールドシェイド 美) 伊藤圭三 474 +6 7 7
04 1/2 蛯名正義 58.0 1.53.8 38.4 -8--8--2--2 3 6.8 アフリート / ビッグモンロー 栗) 中尾正  438 -8 5 5
05 福永祐一 54.0 1.54.1 38.5 -5--6--4--4 5 8.7 ブライアンズタイム / ミドルフォークラピッヅ 栗) 白井寿昭 520 0 8 7
06 11/2 石橋守 55.0 1.54.3 38.4 -5--5--7--7 7 12.5 マジックマイルズ / ダイニヴエンチア 栗) 藤岡範士 496 -8 3 3
07 石神深一 50.0 1.54.5 38.5 -9--9--9--9 9 99.3 ダンシングブレーヴ / ミスベイブリッジ 美) 佐藤吉勝 480 +2 4 4
08 3/4 嘉藤貴行 48.0 1.54.6 38.4 10-10-10--7 10 243.0 リンドシェーバー / マーチンミサ 美) 小桧山悟 460 0 9 8
09 1/2 小牧太 55.0 1.54.7 39.4 -2--2--2--2 8 39.7 ブライアンズタイム / ビューティフルゴールド 栗) 中尾正  456 -4 10 8
10 木幡初広 52.0 1.55.6 39.9 -3--3--6-10 6 11.2 マーベラスサンデー / オークビューティー 美) 武藤善則 522 +2 6 6
~払い戻し~
単勝 2番 (2人) 3.6 枠連 1-2 (1人) 5.0 複勝 2番(2人)
1番(1人)
7番(4人)
1.3
1.2
1.8
ワイド 1-2(1人)
2-7(7人)
1-7(4人)
2.0
4.5
3.9
3連複 1-2-7 (1人) 9.2 馬連 1-2 (1人) 5.2
3連単 2-1-7 (6人) 45.0 馬単 2-1 (2人) 12.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 カイトヒルウインド 横山典弘騎手
「状態が随分良くなっていたみたい。ブリンカーの効果もあるみたいだしね。ウォーミングアップの時の動きもフットワークがスムーズだった。今までジリジリとした動きで、一度は終わっちゃったかなとも思っていたけど、動き、状態が一変した感じ」
2着 プリサイスマシーン 後藤浩輝騎手
「しょうがないね。勝ち馬とは弾けたときの躍動感が違っていた。本当はもう一本追い切りを消化したかったけど。これで次は変わってくるでしょう」
4着 ビッグウルフ 蛯名正義騎手
「行きっぷりがとにかく悪くて、気合をつけて気合をつけて行った。途中走るのを止めそうになるし、あの手応えでハナに行った馬ぐらい交わさないとなあ」あのペースで行って勝ってしまうのだから、今日のところはコスモバルクが一枚上だったと認めざるを得ないね。前の馬がバラけはじめた3コーナー過ぎから最高の手応えで上がっていくことができ、これは勝ったと思ったのだけど…。でも春に比べるとソエも良くなって馬の状態は格段に良くなっていた。負けたことは少し悔しいけど競馬の内容には満足している。折り合いのつく馬だし、距離延長は歓迎。ゆったりしたローテーションで本番に向かえるのだから次こそ逆転したい」
3着 トゥルーリーズン(大西直宏騎手)
「予定通りの位置を取れたけど、ペースが速くて厳しい競馬になってしまった。これからもっと良くなる馬だと思うので今後に期

予想動画
関連記事
関連つぶやき