両津湾特別(2004/09/05) のレース情報

基本情報
新潟ダート・左1800M
第03回 新潟 08日目
10 R
ダート・左1800M
曇  
2勝クラス特別
サ3上(混)[指] / ハンデ
両津湾特別
13 頭
15:00発走
本賞金) 1,450 - 580 - 360 - 220 - 145 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 354 M
ペース平均:
10
内枠好走:
1
勝タイム:
1.52.5
前半5F:
1.01.0
後半3F:
38.7
ペース:平均
42 (60-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 木幡初広 57.0 1.52.5 38.4 -2--4--2--2 6 12.8 マーベラスサンデー / オークビューティー 美) 武藤善則 520 +12 11 7
02 クビ 田中勝春 57.0 1.52.6 37.6 12-12-12-11 4 8.9 Brian's Time / Hujjab 美) 二ノ宮敬 496 +4 4 4
03 ハナ 柴田善臣 55.5 1.52.6 38.3 -8--7--5--4 1 2.8 ブライアンズタイム / ペラドンナ 美) 柴崎勇  450 +6 12 8
04 ハナ 小林淳一 55.0 1.52.6 38.3 -5--5--5--6 7 16.9 ジェネラス / ミスマルコチャン 美) 清水美波 458 -6 3 3
05 11/4 中舘英二 55.0 1.52.8 38.2 -8--7--7--7 10 56.0 サツカーボーイ / ナイキユニバース 美) 岩戸孝樹 442 +6 2 2
06 ハナ 後藤浩輝 57.0 1.52.8 38.1 11-10--9--8 5 9.2 ジョリーズヘイロー / スギノアイドル 栗) 池添兼雄 480 +8 13 8
07 ハナ 大庭和弥 53.0 1.52.8 37.9 -7--7-10-11 8 26.1 アサティス / サマーアフタヌーン 美) 武市康男 452 -4 10 7
08 ハナ 北村宏司 53.0 1.52.8 39.0 -1--1--1--1 2 4.1 ウォーニング / ホイッスル 美) 手塚貴久 478 +6 5 4
09 ハナ 吉田豊 55.0 1.52.8 38.8 -2--2--2--2 3 5.0 バブルガムフェロー / エアシャロン 美) 清水美波 498 -2 8 6
10 1/2 嘉藤貴行 51.0 1.52.9 37.7 13-12-13-13 12 124.9 タヤスツヨシ / メイショウフレスコ 美) 佐藤吉勝 458 +8 6 5
11 郷原洋司 53.0 1.53.9 39.4 -5--5--7--8 13 338.5 ネーハイシーザー / スイートマリア 美) 笹倉武久 474 +6 9 6
12 11/4 高山太郎 52.0 1.54.1 39.2 -8-10-10-10 11 94.4 アジュディケーティング / アロープリンセス 美) 佐藤全弘 538 -2 7 5
13 江田照男 57.0 1.54.8 40.7 -2--2--2--4 9 30.3 ブライアンズタイム / トロピカルサウンド2 美) 古賀史生 498 +10 1 1
単勝 11番 (6人) 12.8 枠連 4-7 (6人) 15.6 複勝 11番(8人)
4番(4人)
12番(1人)
4.5
2.4
1.4
ワイド 4-11(31人)
11-12(11人)
4-12(5人)
25.9
10.4
5.7
3連複 4-11-12 (25人) 72.8 馬連 4-11 (26人) 80.4
3連単 馬単 11-4 (53人) 170.5
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 11番シルキーゲイル(木幡初広騎手)
「積極的な競馬で勝っているようなので、ゲートさえちゃんと出てくれればと思っていました。早めに先頭に立っていい競馬ができました。もう少し落ち着きが出てくれるといいですね。」
2着 4番テンカタイヘイ(田中勝春騎手)
「前回行って味がなかったので、少し抑えて行きました。よく伸びていますよ。」
3着 12番ベルモントパティ(柴田善臣騎手)
「勝ちに行った分終いが甘くなってしまった。今日は馬も少し硬く感じたね。」
4着 3番トモクン(小林淳一騎手)
「3コーナーでもたれて、少し置かれてしまった。昇級戦だけど、よく頑張っていますよ。」師)
「相手も強いので、ダメもとで『砂を被らないように、無理をしてでも前につけてくれ』と言っていたのですが、楽なペースで、いい位置で競馬ができているので、『もしかしたら』という思いはありましたが、直線は絶叫してしまいました(笑)。人気を裏切った前走こそ、普通に走れば勝てると思っていたのですが、まさかここで勝てるとは…不思議なものですね。でも、今日の勝利で改めて、砂を被ると良くないのだなと思いました。とりあえず、一つ重賞を勝ててホッとしています。これだけのメンバー相手に勝ったのですから次走を期待されるかもしれませんが、東京盃やJBCスプリントでは

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する