函館2歳ステークス(2004/08/08) のレース情報

基本情報
函館芝・右1200M
第02回 函館 08日目
9 R
芝・右1200M
晴  
GⅢ
サ2才(混)(特) / 馬齢
第36 回 函館2歳ステークス
16 頭
15:25発走
本賞金) 3,200 - 1,300 - 800 - 480 - 320 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 262 M
ペース平均:
10
内枠好走:
4
勝タイム:
1.10.4
前半5F:
58.1
後半3F:
36.1
ペース:平均
8 (60-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 ホワイト 54.0 1.10.4 35.9 -------2--2 6 15.2 フレンチデピュティ / フサイチミニヨン 栗) 平田修  462 -22 6 3
02 3/4 藤田伸二 54.0 1.10.5 35.8 -------5--2 1 1.9 タイキシャトル / チカリー 地) 川島正行 474 -6 15 8
03 松永幹夫 54.0 1.10.7 36.1 -------2--2 8 21.4 ヘクタープロテクター / フラワーブリーズ 美) 高市圭二 432 +4 13 7
04 1/2 四位洋文 54.0 1.10.8 35.8 ------12-10 3 7.2 Diktat / Oiselina 栗) 浅見秀一 530 +4 8 4
05 11/4 武幸四郎 54.0 1.11.0 36.2 -------7--8 12 110.5 エイシンサンディ / エイシンサニー 栗) 藤原英昭 422 0 16 8
06 ハナ 宮崎光行 54.0 1.11.0 36.0 ------12--5 13 116.4 マイネルラヴ / シビルスイート 栗) 中村均  456 -2 3 2
07 クビ 勝浦正樹 54.0 1.11.0 36.1 ------10--8 4 11.2 メジロライアン / ヒカリクリスタル 美) 高橋裕  470 -2 9 5
08 穂苅寿彦 54.0 1.11.5 36.7 -------7--5 7 15.8 アグネスワールド / カズサグリッター 美) 小笠倫弘 478 0 2 1
09 1/2 本田優 54.0 1.11.6 36.8 -------7-12 2 7.2 サンデーサイレンス / ホワイトトルネード 栗) 村山明  466 0 7 4
10 1/2 池添謙一 54.0 1.11.7 37.4 -------1--1 5 12.8 サクラバクシンオー / パラダイスチャイム 栗) 藤沢則雄 438 +4 1 1
11 11/4 芹沢純一 54.0 1.11.9 36.9 ------12-15 10 36.8 フレンチデピュティ / アンフォイルド 栗) 橋田満  448 +2 14 7
12 クビ 小野次郎 54.0 1.11.9 36.9 ------12-12 11 49.8 キンググローリアス / メジロセリーヌ 美) 保田一隆 450 +6 11 6
13 3/4 岡部幸雄 54.0 1.12.0 37.3 -------5--5 9 28.0 スキャターザゴールド / イエローブルーム 美) 伊藤圭三 440 +2 4 2
14 3/4 岩崎祐己 54.0 1.12.1 37.0 ------12-16 15 200.3 Phone Trick / Sioux City 栗) 中竹和也 464 +12 10 5
15 31/2 和田竜二 54.0 1.12.7 37.8 ------10-10 14 197.9 スペシャルウィーク / ポリッシュデイム 栗) 柴田光陽 494 +2 5 3
16 木幡初広 54.0 1.14.0 39.4 -------2-12 16 374.5 Sword Dance / Hold the Dream 美) 杉浦宏昭 470 -2 12 6
単勝 6番 (6人) 15.2 枠連 3-8 (8人) 19.2 複勝 6番(6人)
15番(1人)
13番(7人)
3.5
1.3
3.6
ワイド 6-15(8人)
6-13(39人)
13-15(7人)
7.8
28.3
7.6
3連複 6-13-15 (28人) 87.0 馬連 6-15 (6人) 20.9
3連単 馬単 6-15 (22人) 65.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 アンブロワーズ(ホワイト騎手)
「調教師、厩舎スタッフが馬を完璧に仕上げてくれました。スタートはよくなかったけど、少し気合をつけたらすぐ反応して前に行ってくれました。外枠に強い馬がいたし、ある程度前につけていこうと考えていました。終始手応えもよく、最後まで余力十分でした。デビュー戦で跨った時から、短距離よりも1600mくらいがあっていると感じていた馬。先々も楽しみだと思います」
(小島師)
「来年の桜花賞をと思っている馬だから、メンバーが揃ったここでも失望するようなレースになることはないと思っていた。体は22キロ減っていたけど、デビュー戦は追いきりみたいなものだったから問題ないし、本当にいい競馬をしてくれた。この馬は競走馬に必要なものをすべて兼ね備えているよ。この後は放牧に出して阪神JFに直行する予定」
2着 ディープサマー(藤田騎手)
「ゲートの出が悪いのはいつものこと。調教で馬をかわいがりすぎたせいか、体がまだまだ太い。そのせいか直線も内にモタれていた。勝負に負けたけど、カシマフラワー(3着)と自分の馬にあれだけ迷惑をかけた勝ち馬が降着にならないなんて、ちょっと納得がいかないよ」
3着 カシマフラワー(松永騎手)
「3コーナーで物見をして飛びそうになった時は、『故障したかな?』と思ったけど、それくらい余裕があったのだと思う。この馬は走りますよ」
4着 オーヴェール(四位騎手)
「途中ペースが上がった時に置かれてしまったけど、その後はまた差を詰めてきている。やはり能力は高いし走る馬。もっと距離を延ばして広いコースで走った方がいいと思う」
6着 マイネルハーティー(宮崎騎手)
「楽に掲示板はありそうな手応えだったんだけどね。連闘が微妙に影響しているのかな。距離は延びても大丈夫だと思う」
7着 スキップジャック(勝浦騎手)
「いい感じで進められた割に物足りない内容。この程度ではないと思うんだけど…」
8着 カズサライン(穂苅騎手)
「馬はよく頑張ってくれましたけど…」
10着 リッカバクシンオ(池添騎手)
「スタートは普通だったから無理に行くつもりはなかったけど、馬が素直すぎて自分からどんどん行ってしまう。我慢することを覚えればもっとよくなると思う」轤「からレースをしてほしいと言われていたんですが……。行かざるを得ないペースでした。控えたらもっと違った着順になっていたと思います」oてからは走りが本当じゃありませんでした。不本意な終わり方になって残念です」は伸びてくれよと思っていました。距離も大丈夫でした。競馬が上手な馬ですね」
6着 ジェダイト(藤田騎手)
「少し折り合いを欠いた。ペースが遅かったし、気性的にまだ子供だからどんな距離でもあんな感じなんだ。でも6着に残れているんだから力はあるよ。これから気性が落ち着いてきたら、もっとよくなってくるよ」
8着 アドマイヤメガミ(池添騎手)
「最初からためて行こうと思っていたんです。勝ち馬とは同じ位置にいたんですけどねぇ」
9着 レースパイロット(蛯名騎手)
「(勝ち馬について)いやぁ、あれは負けパターンだよね。あれで勝つんだから大したもんだね。レースパイロットは、素質はヒケを取らないと思ったんだけど、何とかオークスに間に合ったクチだからね。まあ、現時点の完成度の差だね」
11着 ビッグフラワー(北村宏騎手)
「前半少し掛かったけど、すぐに落ち着いてくれた。相手が相手だけに頑張っていますよ。走りそうな馬です」
12着 ライラプス(後藤騎手)
「4コーナー回るところまでは抜けるかなという感じだったけど、残り400mでフォームがバラバラになっちゃって…。やっぱり距離ですね」
13着 ジョウノビクトリア(横山典騎手)
「ペースが遅くなるのは分かっていたけど、勝った馬も後ろの方にいたんだしね。勝った馬は強かったよ」
14着 エリモファイナル(内田博騎手)
「阪神JFに乗せてもらった時はかなり引っ掛かっていたので、今日は折り合いに気をつけていったんですが、伸びませんでした。ペースが遅かったし、なだめるのが難しかったです。折り合いが今後の課題ですね」
15着 アスピリンスノー(小野騎手)
「出遅れて前に取り付こうとしたら引っ掛かってしまった」r />「よく頑張りました。ノメる馬

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する