UHB杯(2004/08/01) のレース情報

基本情報
函館芝・右1200M
開催
第02回 函館06日目
コース
函館芝・右1200M
クラス
1000万特別(別定
レースNO
9 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(混)[指]
頭数
11
発走時刻
15:25
本賞金(万
1,450 - 580 - 360 - 220 - 145
レース名
UHB杯 
コース・ラップ
平均ペース
直線 262 M
勝ちタイム:1.09.9
平均ペース
45 (97-52)
前半5F:
57.4
後半3F:
36.4
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 須貝尚介 58.0 1.09.9 36.0 -------3--2 1 2.0 ウォーニング / タニノメール 栗) 須貝彦三 504 +6 7 6
02 ホワイト 57.0 1.10.2 35.9 -------4--4 5 14.5 ダミスター / ダイゴウロリエル 美) 小笠倫弘 484 +2 8 7
03 1/2 菊沢隆徳 54.0 1.10.3 35.4 -------9--8 3 6.8 Wild Again / Soaring Sultana 美) 萩原清  458 +2 6 6
04 11/2 和田竜二 54.0 1.10.5 35.6 -------9--8 7 16.3 ウォーニング / シーヴィーナス 栗) 北出成人 482 +4 9 7
05 木幡初広 57.0 1.10.7 36.3 -------7--6 4 11.3 ジェイドロバリー / ジンジャーリリー 美) 本間忍  470 -2 5 5
06 クビ 北村浩平 55.0 1.10.7 36.5 -------4--4 9 26.0 ジェニュイン / メイプルダンス 栗) 田所秀孝 456 -4 3 3
07 クビ 武士沢友 55.0 1.10.8 36.0 -------8--8 11 203.9 Salt Lake / Tracey's Secret 美) 杉浦宏昭 454 +2 10 8
08 ハナ 岡部幸雄 55.0 1.10.8 35.7 ------11-11 10 52.8 ルション / アンジェラスロマン 美) 前田禎  478 +2 2 2
09 1/2 松岡正海 52.0 1.10.9 37.4 -------1--1 8 18.0 サクラバクシンオー / モーリストンベル 美) 手塚貴久 426 +4 11 8
10 3/4 勝浦正樹 55.0 1.11.0 36.8 -------4--6 6 14.6 フォーティナイナー / スリーエフ 美) 高市圭二 466 -4 4 4
11 藤田伸二 55.0 1.11.9 38.2 -------2--2 2 4.5 ハウスバスター / ビワテースト 栗) 安達昭夫 468 +2 1 1
~払い戻し~
単勝 7番 (1人) 2.0 枠連 6-7 (2人) 6.7 複勝 7番(1人)
8番(8人)
6番(3人)
1.2
3.7
2.0
ワイド 7-8(11人)
6-7(2人)
6-8(24人)
8.7
3.2
18.8
3連複 6-7-8 (13人) 45.4 馬連 7-8 (8人) 21.5
3連単 馬単 7-8 (8人) 28.4
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 タニノマティーニ(須貝尚介騎手)
「良馬場で外目の枠と条件が揃って、今日は自信を持って乗りました。夏場の中一週と調整は難しかったですが、馬体重もプラス6キロとまた増えていたようにうまくレースに持ってこれました。これから先いろいろ課題はあると思いますが、今日のところは完勝ですね」
2着 トーセンフレンド(D・ホワイト騎手)
「最後はいい伸びをしましたが先に出た勝ち馬が止まりませんでした。レースぶりもいいですし将来は楽しみな馬だと思います」
3着 エボニービジョン(菊沢隆徳騎手)
「スタートで少し寄られるところがあって後ろからのレースになりました。スムーズなレースができればもう少しやれたかと思います。前回の休み明けのレースを使って少しテンションが上がってました。能力のある馬ですし今回はじめてこんなペースを経験したわけですが、距離はもう少し伸びても大丈夫だと思います」アともありませんでした。ペースが上がってからおいていかれましたが、適性はあると思います」
6着 ビッグウルフ(福永祐一騎手)
「向正面でインタータイヨウの後ろでじっとしている時は良かったんですが、急に手応えがなくなりました。状態はよさそうな感じで、こういう馬場は得意なはずなんですがね」塔gストーム(石崎隆之騎手)
 逃げるつもりはなかったんだが、1コーナーに入るまで流れも遅く各馬の様子を見て、逃げることにした。道中は折り合っていい感じ。ただもうひとつ歯車が噛み合っていない感じ。今後に期待したい。
(取材:木和田篤)vスが、馬の状態は良かったと思います。このメンバーの割にペースも落ち着いてしまい、勝った馬に上手く乗られました。惜しい競馬でした」
3着 ノボトゥルー(横山典弘騎手)
「理想の位置取りで競

予想動画
関連記事
関連つぶやき