サンタアニタT(2004/07/26) のレース情報

基本情報
大井ダート・右1600M
第09回 大井 05日目
10 R
ダート・右1600M
重賞   /
サンタアニタT
12 頭
00:00発走
本賞金) 2,000 - 700 - 400 - 200 - 100 (万
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 張田京 54.0 1.38.5 - ----------- 1 0.0 マジックマイルズ / ラッキーアルテミス 地) 岡林光浩 504 -1 11 8
02 石崎隆之 56.0 1.39.4 - ----------- 2 0.0 Smart Strike / Top Ruhl 美) 古賀史生 475 -3 4 4
03 ハナ 野崎武司 56.0 1.39.4 - ----------- 4 0.0 Valid Appeal / Dame's Rocket 地) 山崎尋美 463 -7 2 2
04 鈴木啓之 54.0 1.39.6 - ----------- 6 0.0 サツカーボーイ / フラワーケープ 地) 松浦裕之 437 +1 3 3
05 21/2 今野忠成 56.0 1.40.1 - ----------- 10 0.0 ヒシアリダー / ホクトプロスパー 地) 八木正喜 476 -7 8 6
06 1/2 鷹見浩 56.0 1.40.2 - ----------- 7 0.0 ホワイトマズル / シュガーダディガール 地) 福永二三 498 -3 9 7
07 クビ 内田博幸 56.0 1.40.3 - ----------- 5 0.0 サクラバクシンオー / ミデオンルビー 美) 蛯名信広 507 -8 10 7
08 1/2 御神本訓 52.0 1.40.4 - ----------- 3 0.0 カリスタグローリ / マイテレサ 地) 若松平  446 +3 1 1
09 戸崎圭太 56.0 1.40.8 - ----------- 8 0.0 カコイーシーズ / シンスイザート 美) 小西一男 456 -6 5 5
10 1/2 山田信大 54.0 1.40.9 - ----------- 9 0.0 メジロマックイーン / ファンシーブライド 美) 鈴木勝美 516 +1 6 5
11 早田秀治 56.0 1.41.3 - ----------- 11 0.0 アフリート / ブレイブウーマン 美) 古賀史生 443 -3 12 8
12 11/2 宗形竹見 54.0 1.41.6 - ----------- 12 0.0 サクラチトセオー / ダイワモンロー 美) 嶋田功  515 -1 7 6
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


サンタアニタトロフィーの、レース後の関係者のコメントは以下の通り。
1着 トミケンマイルズ(張田騎手)
「位置取りはペース次第と考えていたけど、スピードのある馬だし、外枠だったことがむしろ好都合なくらいで、いい位置を楽にとることができた。終始手応えも良かったし、これだけ強い競馬ができて良かったと思う」
「この馬とは、転入してきた時からコンビを組んでいるけど、これだけ『成長したな』と感じさせてくれる馬は他にいなかったほど。これからも、もっともっと成長してくれそうな気がしている。今後が本当に楽しみな馬、自分を乗せてくれている関係者に対して、感謝の気持ちで一杯です」
(岡林調教師)
「戦前は、さすがに重賞だし、まだ格下の身だから『負けても仕方が無い』くらいの気持ちでいたけど、時計も優秀、強い内容で勝ってくれて本当に嬉しい」
「やはり、距離はマイルがベストだと思うけど、1800mまでなら大丈夫。うちの厩舎にはブラウンシャトレーもいるし、(使うレースに関して)嬉しい悩みになりそうだね(笑)。とりあえず、次はアフター5スター賞(8月18日大井 1200m)を使ってみようと考えている」
3着 ロッキーアピール(野崎騎手)
「ペースも速かったし、自分から動いての結果だから仕方が無い。勝った馬は強いよ」
8着 ネイルアート(御神本騎手)
「いつも通り後ろからの競馬になったけど、相手も強かったし、前が止まらない展開だったからね」
(取材:中野雷太)後に期待したい。
(取材:木和田篤)vスが、馬の状態は良かったと思います。このメンバーの割にペースも落ち着いてしまい、勝った馬に上手く乗られました。惜しい競馬でした」
3着 ノボトゥルー(横山典弘騎手)
「理想の位置取りで競馬は出来たと思うけど、3コーナーでストロングブラッドに先に動かれてしまった時、斤量差もあってこちらはスッと動けなかったのが痛かった。それでもよく差を詰めているし、この馬は良く頑張って走ってくれたと思う」
4着 ニホンピロサート(安藤勝己騎手)
「スタートで躓いてしまって、あの位置になってしまった。最後はよく追い上げているけどね」
6着 マイネルセレクト(武豊騎手)
「息遣いが、いい時のものでは無かった。今日のところは、正直よくわからない」
(中村均調教師)
「調整過程はうまくいっていたと思うけど、いつもうるさい馬が、今日はパドックで妙に落ち着いていたし、本来の状態ではなかったようだ。レースでも掛かり気味だったし、力を出せていないね。当初は、ここを使って東京盃からJBCスプリントというローテーションを考えていたけど、ここまで惨敗したのは初めてだし、改めて馬の様子を見てから、今後を考えたいと思う」
(取材:中野雷太)冾フボコボコした馬場はよくないと見て、いいところを選んで走ったけど、走り方の問

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する