麒麟山特別(2004/07/24) のレース情報

基本情報
新潟ダート・左1800M
第02回 新潟 03日目
11 R
ダート・左1800M
晴  
2勝クラス特別
サ3上(混)(特) / 別定
麒麟山特別
15 頭
15:40発走
本賞金) 1,450 - 580 - 360 - 220 - 145 (万
コース・ラップ
スローペース
直線 354 M
ペース平均:
10
内枠好走:
1
勝タイム:
1.53.3
前半5F:
1.04.0
後半3F:
36.8
ペース:スロー
-66 (-48-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 中舘英二 57.0 1.53.3 36.8 -1--1--1--1 3 5.4 ティンバーカントリー / マキシマムデニール 栗) 石坂正  482 -4 4 3
02 21/2 後藤浩輝 57.0 1.53.7 36.1 11-12-10--9 4 6.7 エルハーブ / アスクザリーズン 栗) 加用正  498 0 7 4
03 岩田康誠 57.0 1.54.2 36.5 11--9-11-11 1 2.6 ジョリーズヘイロー / スギノアイドル 栗) 池添兼雄 472 -4 8 5
04 クビ 田中勝春 57.0 1.54.2 37.3 -3--4--3--3 5 10.0 Brian's Time / Hujjab 美) 二ノ宮敬 492 -2 10 6
05 11/4 柴田善臣 57.0 1.54.4 37.0 10--9--8--8 7 31.6 スターオブコジーン / ヘルシーベル 美) 加藤修甫 474 -2 14 8
06 1/2 石崎隆之 57.0 1.54.5 37.4 -6--6--5--5 12 103.2 サンシャック / リンゴジョオー 美) 勢司和浩 482 0 12 7
07 クビ 石神深一 57.0 1.54.5 37.4 -6--6--5--5 6 13.3 ブライアンズタイム / ゴールデンジャック 美) 中島敏文 500 0 3 2
08 11/4 二本柳壮 57.0 1.54.7 38.1 -2--2--2--2 11 103.1 フォーティナイナー / アイバーズイメージ 美) 奥平真治 468 +4 2 2
09 3/4 大西直宏 55.0 1.54.8 36.6 15-15-14-14 13 128.8 タヤスツヨシ / メイショウフレスコ 美) 佐藤吉勝 450 -2 15 8
10 クビ 郷原洋司 57.0 1.54.9 37.2 13-12-11-12 14 173.5 ネーハイシーザー / スイートマリア 美) 笹倉武久 470 +4 5 3
11 1/2 吉田豊 55.0 1.55.0 38.2 -3--3--3--3 9 75.2 メジロライアン / メジロリべーラ 美) 萱野浩二 454 +2 6 4
12 クビ 蛯名正義 58.0 1.55.0 37.1 14-14-13-12 2 3.8 ブライアンズタイム / ドラゴンリリー 地) 服部健一 428 -2 13 7
13 クビ 高山太郎 57.0 1.55.1 38.0 -5--5--5--5 10 102.9 アジュディケーティング / アロープリンセス 美) 佐藤全弘 538 +6 1 1
14 ハナ 江田照男 57.0 1.55.1 37.6 -9--8--9--9 8 45.9 フジキセキ / ニフティエンジェル 美) 柴崎勇  482 -8 9 5
15 大差 村田一誠 55.0 1.59.0 40.0 -6-11-15-15 15 199.8 メジロライアン / メジロビユーテイー 美) 大久保洋 482 -4 11 6
単勝 4番 (3人) 5.4 枠連 3-4 (10人) 20.4 複勝 4番(4人)
7番(3人)
8番(1人)
1.8
1.8
1.2
ワイド 4-7(6人)
4-8(3人)
7-8(2人)
5.9
4.0
3.4
3連複 4-7-8 (5人) 16.7 馬連 4-7 (8人) 17.6
3連単 馬単 4-7 (13人) 32.2
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 ウッドカッター 中舘英二
「行かなければ話にならない馬ですから行くつもりでいました。この馬のペースで行ければ頑張るタイプですからね。前に乗って勝った時のパターンと同じになりましたが、前の時よりも行きっぷりがよくなっていましたね」
2着 ロングオベリスク 後藤浩輝騎手
「道中うまく行っていましたが、直線に向いてビックリですよ。あんなに勝った馬が離れているとは思いませんでした。普通の流れならあれでうまく行くのに、それまでがスローでしたからね」
3着 ウララハクテン 岩田康誠騎手
「どのくらいの脚を使うのか分からないので、上がっていく時に迷いました。よく伸びてはいますが、負けたのはやはり先行馬ペースでしたからね」
4着 テンカタイヘイ 田中勝春騎手
「休み明けのせいなんでしょうね。ちょっと物足りないですね。2着はあると思ったんですが・・・」
12着 ビッグドン 蛯名正義騎手
「背負っているせいなのか、左回りのせいなのか?外を回るように言われていたんですが、上がっていけませんでした」藤岡騎手)
「一瞬勝った-と思ったんですけどね。でも馬も今までにないくらいいい出来でした」
10着 トーホウシデン(安藤騎手)
「初めて乗ったのでよく分からないが、後ろで折り合ってしまい、全然押しても動かなかった。ジワジワは来るが、切れる脚ではなかったね」
13着 ヒマラヤンブルー(四位騎手)
「前に行く馬がいたので、2番手で抑えて折り合えると思ったが、気性で行きたがってしまった」スが、馬の状態は良かったと思います。このメンバーの割にペースも落ち着いてしまい、勝った馬に上手く乗られました。惜しい競馬でした」
3着 ノボトゥルー(横山典弘騎手)
「理想の位置取りで競馬は出来たと思うけど、3コーナーでストロングブラッドに先に動かれてしまった時、斤量差もあってこちらはスッと動けなかったのが痛かった。それでもよく差を詰めているし、この馬は良く頑張って走ってくれたと思う」
4着 ニホンピロサート

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する