テレビ西日本賞北九州記念(2004/07/18) のレース情報

基本情報
小倉芝・右1800M
開催
第02回 小倉02日目
コース
小倉芝・右1800M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(混)(特)
頭数
13
発走時刻
15:45
回次
第 39 回
本賞金(万
4,300 - 1,700 - 1,100 - 650 - 430
レース名
テレビ西日本賞北九州記念 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 293 M
勝ちタイム:1.44.1
コースレコード
平均ペース
50 (20+30)
前半5F:
57.4
後半3F:
35.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小牧太 57.0 1.44.1 34.3 11-11-10--9 6 13.8 ダンスインザダーク / スプリングネヴァー 栗) 橋口弘次 504 -4 12 8
02 ハナ 武豊 56.0 1.44.1 34.5 -7--7--6--3 3 5.5 スキャン / キンセングローリー 栗) 坂口正大 518 0 11 7
03 クビ 佐藤哲三 54.0 1.44.2 35.2 -1--1--1--1 8 16.9 メイショウホムラ / メイショウハゴロモ 栗) 高橋成忠 496 0 10 7
04 蛯名正義 56.0 1.44.5 35.0 -5--5--4--3 5 7.6 フジキセキ / タイセイカグラ 栗) 中尾正  428 +6 4 4
05 クビ 安藤勝己 57.0 1.44.5 35.1 -3--3--4--6 1 3.3 フォーティナイナー / ドリームビジヨン 栗) 橋口弘次 474 +8 13 8
06 クビ 岩田康誠 56.0 1.44.6 34.9 -7--7--8--6 10 43.3 タマモクロス / ソルティーレディー 栗) 中竹和也 484 +10 5 4
07 ハナ 武幸四郎 57.0 1.44.6 35.4 -3--3--2--2 9 22.2 タイキシャトル / インヴァイト 栗) 松元茂樹 480 -2 3 3
08 1/2 池添謙一 57.0 1.44.7 35.0 -9--9--8--6 2 4.9 ウォーニング / ループスキークロス 栗) 山内研二 492 -12 9 6
09 クビ 赤木高太 56.0 1.44.8 34.9 -9-10-11-11 11 57.8 ブライアンズタイム / ビューティフルゴールド 栗) 中尾正  466 -2 8 6
10 11/2 福永祐一 56.0 1.45.0 35.4 -5--5--6-10 7 15.4 サツカーボーイ / メイタイザン 栗) 坂口正則 486 0 7 5
11 13/4 柴原央明 56.0 1.45.3 34.5 13-12-12-12 12 75.2 サクラホクトオー / コガネセンガン 栗) 崎山博樹 478 -2 1 1
12 クビ 幸英明 58.0 1.45.3 36.1 -2--2--2--3 4 6.8 サンデーサイレンス / ブラダマンテ 栗) 松元省一 464 0 6 5
13 31/2 角田晃一 56.0 1.45.9 35.1 12-12-12-13 13 269.4 Known Fact / Koluctoo's Robin 栗) 谷潔   486 +2 2 2
~払い戻し~
単勝 12番 (6人) 13.8 枠連 7-8 (1人) 5.7 複勝 12番(6人)
11番(3人)
10番(8人)
3.2
2.1
5.6
ワイド 11-12(20人)
10-12(42人)
10-11(16人)
14.5
39.5
13.1
3連複 10-11-12 (69人) 197.6 馬連 11-12 (22人) 47.8
3連単 馬単 12-11 (44人) 115.9
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 12番ダイタクバートラム(小牧太騎手)
「徐々に状態もよくなっていた。人気もなく、気楽な立場で積極的に乗ろうと思っていました。位置取りは少し後ろかなと思いましたが、ちょうど武豊騎手のメイショウカイドウをマークする形になり、楽に競馬ができました。直線ではよく伸びてくれましたね。馬も必死でしたが、僕も必死で追いました。この勝利で秋が楽しみです。僕は九州出身なので、小倉に来ると落ち着きます。ここでよいスタートを切れて嬉しいです。この後も頑張ります。」
3着 10番メイショウバトラー(佐藤哲三騎手)
「返し馬で掛かると聞いていたが、今日はスムーズでした。スタートも決まったし、開幕週ということもありますが、自分でレースを作ってレコードタイムで駆けるんだからたいした馬です。今日は価値あるレースでしたね。イメージよりも乗りやすい馬でした。」
5着 13番ユートピア(安藤勝己騎手)
「ゲートでガタガタしてリズムに乗れませんでした。4コーナーでレースをやめてしまったが、直線で盛り返しました。気性の難しさが出ましたね。」
8着 9番ダンツジャッジ(池添謙一騎手)
「小回り1800mは忙しすぎ。ずっと追っ付け通しでした。ハミを掛け直し続けていました。」
12着 6番スティルインラブ(幸英明騎手)
「斤量が応えましたね。3-4コーナーではもう手応えがありませんでした。馬は前回と同じ状態で悪くはありませんでした。それにしても負けすぎですね。立て直して頑張ります。」br />「2番手からのレースになったけど、折り合ってましたからね。3コーナーで先頭に立った時も無理に先頭に立ったわけではないし。でもこういう深いダートは苦しいですね。先頭に立ってから深い砂に脚をとられるようなところもあったし、もう少し砂が締まっていたら違った結果になったかもしれないけどね。でも1週前に福島で走って一旦栗東に帰ってまた盛岡に輸送してこれだけの状態で走れるんだから偉い馬だよね」
(取材:佐藤泉)ってくれたと思う」
4着 ニホンピロサート(安藤勝己騎手)
「スタートで躓いてしまって、あの位置になってしまった。最後はよく追い上げているけどね」
6着 マイネルセレクト(武豊騎手)
「息遣いが、いい時のものでは無かった。今日のところは、正直よくわからない」
(中村均調教師)
「調整過程はうまくいっていたと思うけど、いつもうるさい馬が、今日はパドックで妙に落ち着いていたし、本来の状態ではなかったようだ。レースでも掛かり気味だったし、力を出せていないね。当初は、ここを使って東京盃からJBCスプリントというローテーションを考えていたけど、ここまで惨敗したのは初めてだし、改めて馬の様子を見てから、今後を考えたいと思う」
(取材:中野雷太)冾フボコボコした馬場はよくないと見て、いいところを選んで走ったけど、走り方の問題とかキャリアの差が出てしまったよ

予想動画
関連記事
関連つぶやき