ラジオたんぱ賞(2004/07/04) のレース情報

基本情報
福島芝・右1800M
開催
第02回 福島06日目
コース
福島芝・右1800M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(特)
頭数
15
発走時刻
15:35
回次
第 53 回
本賞金(万
4,000 - 1,600 - 1,000 - 600 - 400
レース名
ラジオたんぱ賞 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
ハイペース
直線 292 M
勝ちタイム:1.47.1
ハイペース
85 (55+30)
前半5F:
58.6
後半3F:
36.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 松永幹夫 56.0 1.47.1 34.3 -4--4--4--4 1 3.3 デヒア / アドベンチャーオン 栗) 白井寿昭 492 +4 3 2
02 クビ 柴原央明 56.0 1.47.1 34.1 -7--7--6--5 3 4.0 ミラクルアドマイヤ / ブリリアントベリー 栗) 音無秀孝 456 +16 4 3
03 北村宏司 53.0 1.47.6 35.7 -3--3--3--3 15 239.9 フジキセキ / ミスアヴェニュー 美) 岩戸孝樹 416 +6 12 7
04 ハナ 岡部幸雄 55.0 1.47.6 37.2 -2--2--2--2 10 56.2 スターオブコジーン / ブラダマンテ 美) 二ノ宮敬 504 +2 14 8
05 1/2 柴田大知 55.0 1.47.7 37.4 -1--1--1--1 9 37.8 アフリート / エプソムジョーオー 栗) 岡田稲男 450 0 15 8
06 1/2 蛯名正義 55.0 1.47.8 34.9 -7--5--5--5 5 11.4 エルコンドルパサー / スプリングコート 美) 二ノ宮敬 460 0 13 7
07 クビ 内田博幸 55.0 1.47.9 34.9 -5--5--6--7 7 24.2 ブライアンズタイム / ナイキショウリ 美) 古賀史生 460 -4 9 5
08 クビ 吉田豊 55.0 1.47.9 34.2 15-15-13-10 8 29.9 マヤノトップガン / シルクベルベット 栗) 北出成人 442 +2 7 4
09 ハナ 柴田善臣 55.0 1.47.9 34.5 12-11-11-12 2 3.4 サンデーサイレンス / トリッキーコード 栗) 角居勝彦 474 -12 5 3
10 1/2 大西直宏 55.0 1.48.0 34.7 14-13--8--7 6 13.5 フジキセキ / バニラアフリート 美) 鈴木伸尋 482 -2 2 2
11 村田一誠 55.0 1.48.5 35.2 10--8--8--9 12 81.2 ホワイトマズル / フレアリングセレス 美) 本郷一彦 480 +2 1 1
12 クビ 中舘英二 53.0 1.48.6 35.3 -7--8--8-11 11 64.8 ペンタイア / ラウレルシーダー 美) 石毛善彦 488 +4 6 4
13 赤木高太 56.0 1.48.9 35.2 10-12-13-12 4 11.1 チーフベアハート / ミホグレース 栗) 坪憲章  488 -6 8 5
14 大差 吉永護 55.0 1.51.5 38.0 -5--8-12-14 13 174.7 アサティス / サマーアフタヌーン 美) 武市康男 456 +8 11 6
15 小林淳一 55.0 1.52.2 38.2 12-13-15-15 14 236.5 ジェイドロバリー / マネーバンドル 美) 戸田博文 488 -6 10 6
~払い戻し~
単勝 3番 (1人) 3.3 枠連 2-3 (1人) 3.4 複勝 3番(1人)
4番(3人)
12番(13人)
1.4
1.9
20.7
ワイド 3-4(1人)
3-12(67人)
4-12(66人)
3.3
92.7
89.5
3連複 3-4-12 (108人) 452.5 馬連 3-4 (1人) 7.5
3連単 馬単 3-4 (2人) 14.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 3番ケイアイガード(松永幹夫騎手)
「スタートして斜めに出て行ってしまって、他の馬に迷惑かけてしまいました。すみません。レースでは4番手、いいところにつけて行けました。好位につけて、一瞬の脚で決めるというこの馬のレースができましたね。とにかく本当に乗りやすい馬なんです。ムキにならず、無駄なところで余計な力を使わず、仕掛けても素直なんです。これで福島の重賞は初めて勝つことができて、福島にきたかいがありましたよ。」
2着 4番カンパニー(柴原央明騎手)
「展開が向いてよかったんだけど、3,4コーナーで内に閉じ込められてしまって、自分で動けなかった。もっと早く外に出せていたら…。」
3着 12番リスティアエーデル(北村宏司騎手)
「離れた3番手でしたが、リラックスして走れました。牝馬だけどよく頑張っていますよ。」
4着 14番ダイワネバダ(岡部幸雄騎手)
「流れが速くてもガーガー行くのではなく、リズムよく行けたので最後まで頑張れたんだね。いい馬だよ。」
5着 15番フウランジョー(柴田大知騎手)
「ちょっと流れがきつかったですね。息を入れることができませんでした。でもその割に頑張っていますよ。」
6着 13番コンドルクエスト(蛯名正義騎手)
「位置取りもよくまずまずの競馬ができたけど、最後勝負どころでもうひとつ伸びないね。今日はゲートもおとなしく出たんだけど、春から思ったほど変わってこない。この後休養するので、成長を期待したいですね。」r />「2番手からのレースになったけど、折り合ってましたからね。3コーナーで先頭に立った時も無理に先頭に立ったわけではないし。でもこういう深いダートは苦しいですね。先頭に立ってから深い砂に脚をとられるようなところもあったし、もう少し砂が締まっていたら違った結果になったかもしれないけどね。でも1週前に福島で走って一旦栗東に帰ってまた盛岡に輸送してこれだけの状態で走れるんだから偉い馬だよね」
(取材:佐藤泉)ってくれたと思う」
4着 ニホンピロサート(安藤勝己騎手)
「スタートで躓いてしまって、あの位置になってしまった。最後はよく追い上げているけどね」
6着 マイネルセレクト(武豊騎手)
「息遣いが、いい時のものでは無かった。今日のところは、正直よくわからない」
(中村均調教師)
「調整過程はうまくいっていたと思うけど、いつもうるさい馬が、今日はパドックで妙に落ち着いていたし、本来の状態ではなかったようだ。レースでも掛かり気味だったし、力を出せていないね。当初は、ここを使って東京盃からJBCスプリントというローテーションを考えていたけど、ここまで惨敗したのは初めてだし、改めて馬の様子を見てから、今後を考えたいと思う」
(取材:中野雷太)冾フボコボコした馬場はよくないと見て、いいところを選んで走ったけど、走り方の問題とかキャリアの差が出てし

予想動画
関連記事
関連つぶやき