さくらんぼ特別(2004/06/19) のレース情報

基本情報
福島芝・右1200M
第02回 福島 01日目
11 R
芝・右1200M
曇  
2勝クラス特別   サ3上(混)[指] / 定量
さくらんぼ特別
11 頭
15:40発走
本賞金) 1,450 - 580 - 360 - 220 - 145 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 292 M
image
直線 292 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.07.5
前半5F:
55.2
後半3F:
35.1
ペース:平均
38 (90-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 57.0 1.07.5 34.2 -------9--9 2 3.8 ハートレイク / エアインセンス 美) 小島太  494 0 2 2
02 13/4 梶晃啓 57.0 1.07.8 34.6 -------7--7 5 11.9 ラムタラ / リンガスマドンナ 美) 境征勝  488 -6 4 4
03 クビ 岡部幸雄 57.0 1.07.9 34.8 -------6--5 4 5.9 シンコウキング / シンコウエトワール 美) 伊藤正徳 492 -2 7 6
04 3/4 後藤浩輝 57.0 1.08.0 35.6 -------2--2 1 2.7 フォーティナイナー / エヴァソーライトリー 美) 和田正道 494 +4 6 6
05 3/4 田中勝春 57.0 1.08.1 34.9 -------7--7 3 5.4 フサイチコンコルド / インフルエンス 栗) 田所秀孝 494 -4 10 8
06 21/2 二本柳壮 55.0 1.08.5 35.0 ------10-10 10 104.0 パークリージエント / ドリームファミリー 美) 境征勝  508 -12 3 3
07 クビ 村田一誠 52.0 1.08.6 36.2 -------1--1 8 22.1 ブライアンズタイム / ファンドリモアー 栗) 岩元市三 440 +8 5 5
08 13/4 土谷智紀 57.0 1.08.9 36.0 -------5--5 11 129.9 スターオブコジーン / リスクキャッスル 美) 佐々木亜 490 -12 8 7
09 21/2 江田照男 57.0 1.09.3 34.9 ------11-11 9 84.3 サクラチトセオー / ヒダソロン 美) 菅原泰夫 462 -10 1 1
10 1/2 中舘英二 57.0 1.09.4 36.9 -------3--3 7 20.7 Concern / Fair Davina 美) 小西一男 474 0 11 8
11 11/4 柴田善臣 57.0 1.09.6 37.1 -------3--3 6 14.4 アーミジャー / サクラメグミ 美) 藤原辰雄 478 -2 9 7
単勝 2番 (2人) 3.8 枠連 2-4 (9人) 22.5 複勝 2番(2人)
4番(5人)
7番(4人)
1.5
2.1
1.7
ワイド 2-4(11人)
2-7(6人)
4-7(9人)
8.5
5.0
6.7
3連複 2-4-7 (11人) 32.7 馬連 2-4 (11人) 23.6
3連単 馬単 2-4 (17人) 38.2
該当なし
レース後のコメント


1着 2番プレシャスカフェ(小島太調教師)
「脚元さえパンとしてくればいくらでも芝で走るのはわかっているんですが、なんといってもお坊ちゃまですから。なかなか思うように使えなかったり、ダートに限定せざるを得なかったんです。今回初めて脚元が固まった気がしたので、芝を使ってみました。このくらいは走れる馬です」
(蛯名正義騎手)
「1200mは気持ち忙しい気がしますね。1600mくらいが一番いいでしょう。思っていた以上に切れ味は凄かったですね。とにかく稽古でもきちっとできて、これだけの脚を使ったのが収穫ですね。まだまだ期待できる馬です」
2着 4番リンガスハンター(梶晃啓騎手)
「今日はスタートも上手くきれてもう少し行ってもよかったんですが、じっくりと行ったわりにはしぶとい競馬をしてくれました」
3着 7番ロードダルメシアン(岡部幸雄騎手)
「ちょっと手前の替え方がちぐはぐだったのが痛かったですね。あれがなければもう少し際どいレースになったでしょう」を欠いた分、馬群をなかなか捌けませんでしたね。外を回ると届かないし、前が開くのを待つ感じのレースになってしまいました。」ると思います」もその割に頑張っていますよ。」
6着 13番コンドルクエスト(蛯名正義騎手)
「位置取りもよくまずまずの競馬ができたけど、最後勝負どころでもうひとつ伸びないね。今日はゲートもおとなしく出たんだけど、春から思ったほど変わってこない。この後休養するので、成長を期待したいですね。」r />「2番手からのレースになったけど、折り合ってましたからね。3コーナーで先頭に立った時も無理に先頭に立ったわけではないし。でもこういう深いダートは苦しいですね。先頭に立ってから深い砂に脚をとられるようなところもあったし、もう少し砂が締まっていたら違った結果になったかもしれないけどね。でも1週前に福島で走って一旦栗東に帰ってまた盛岡に輸送してこれだけの状態で走れるんだから偉い馬だよね」
(取材

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する