栗東ステークス(2004/05/16) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1200M
開催
第03回 京都08日目
コース
京都ダート・右1200M
クラス
オープン特別(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
雨 不
条件
サ4上(混)[指]
頭数
14
発走時刻
15:45
本賞金(万
2,400 - 960 - 600 - 360 - 240
レース名
栗東ステークス 
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
勝ちタイム:1.10.6
平均ペース
0 (93-93)
前半5F:
57.4
後半3F:
36.7
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小池隆生 51.0 1.10.6 35.6 ------10--7 11 59.1 ウォーニング / ロマンスレディー 栗) 池添兼雄 458 -2 1 1
02 11/2 松永幹夫 55.0 1.10.8 36.9 -------1--1 1 2.8 シャンハイ / ハヤノキフジン 美) 松山康久 506 +8 5 4
03 角田晃一 56.0 1.11.3 36.5 -------7--5 3 5.4 フォーティナイナー / ツルマルガール 栗) 橋口弘次 484 0 9 6
04 1/2 吉田稔 53.0 1.11.4 35.9 ------13-12 10 32.4 フジキセキ / ニッポーダイリン 栗) 池添兼雄 502 -2 3 3
05 11/4 小林徹弥 57.5 1.11.6 36.5 ------10-10 6 16.9 ダンスインザダーク / キョウエイタイヨウ 栗) 野村彰彦 474 +4 13 8
06 1/2 岩崎祐己 52.0 1.11.7 37.3 -------4--3 7 19.0 ディアブロ / ユーワマユミ 栗) 宮本博  496 -8 6 4
07 クビ 四位洋文 54.0 1.11.7 36.9 -------6--5 2 3.7 Twining / La Gueriere 美) 土田稔  488 +8 11 7
08 クビ 熊沢重文 53.0 1.11.8 36.8 -------7--7 9 24.3 ソヴィエトスター / マザートウショウ 美) 奥平真治 488 -8 14 8
09 石橋守 53.0 1.12.0 38.0 -------2--2 8 20.2 エルハーブ / ワンダードレッサー 栗) 藤岡範士 544 -2 2 2
10 岩田康誠 53.0 1.12.2 37.8 -------3--3 4 8.9 フォーティナイナー / グローバルダイナ 栗) 鹿戸幸治 502 +8 7 5
11 1/2 渡辺薫彦 52.0 1.12.3 37.4 -------7-10 14 132.3 Jade Hunter / Cochet Cochet 栗) 南井克巳 464 +4 12 7
12 3/4 柴山雄一 52.0 1.12.4 36.8 ------13-14 12 110.5 ニホンピロウイナー / エンジェルコール 栗) 谷潔   512 -10 4 3
13 大差 赤木高太 55.0 1.14.8 40.2 -------4--7 5 16.0 End Sweep / Sweet Nena 栗) 角居勝彦 510 +8 8 5
14 21/2 竹之下智 52.0 1.15.2 40.1 ------10-12 13 121.8 ニホンピロウイナー / ニシノアレッジ 栗) 松田正弘 496 -2 10 6
~払い戻し~
単勝 1番 (11人) 59.1 枠連 1-4 (20人) 59.6 複勝 1番(11人)
5番(1人)
9番(2人)
10.6
1.4
1.6
ワイド 1-5(30人)
1-9(47人)
5-9(2人)
23.9
46.5
3.4
3連複 1-5-9 (62人) 203.2 馬連 1-5 (33人) 102.2
3連単 馬単 1-5 (81人) 318.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 1番ブイヤマト(小池隆生騎手)
「行けるようなら行け、と言われていましたが、自分の競馬をしようと思っていました。今日は気楽に乗れましたが、馬がよく走ってくれました。」
2着 5番バリオス(松永幹夫騎手)
「スピードがありますね。1200mくらいなら確実に走ります。馬場は気にしていませんでしたが、最後耳を絞って自分でブレーキをかけるような感じでした。併せる形になった方がよかったかもしれませんが、時計が速いですね。勝った馬の大駆けにやられてしまったって感じです。」
7着 11番タイキジリオン(安田隆行調教師)
「前が止まりませんでしたが、この馬にはもう少し乾いた馬場の方がいいようです。」線も良く伸びてくれました。ダートの時は途中で止めたりしたんですが、気分良く走らせればいい脚を使うんだと思います」で追い込みがききにくい印象でした」オリヴァー騎手)
「2400mは気持ち長いかな。2000mだったらもっとレースがしやすいと思うけど…」てダービーの時とは別の喜びがあります。次は帝王賞に出したいですね。2000メートルでも気持ちよく行かせれば大丈夫でしょう。」
●2着 トーシンブリザード(佐藤賢調教師)
「あの良かった頃を追い求めて来ましたが、だんだんいいところが出てきてはいたんです。今日は頑張ったので褒めてやらないといけないですね。次は帝

予想動画
関連記事
関連つぶやき