大阪―ハンブルクカップ(2004/04/10) のレース情報

基本情報
阪神芝・右2500M
開催
第02回 阪神05日目
コース
阪神芝・右2500M
クラス
オープン特別(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(混)[指]
頭数
10
発走時刻
15:45
本賞金(万
2,400 - 960 - 600 - 360 - 240
レース名
大阪―ハンブルクカップ 
コース・ラップ
平均ペース
直線 356.5 M
勝ちタイム:2.31.9
平均ペース
7 (-38+45)
前半5F:
1.01.6
後半3F:
35.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 岩田康誠 56.0 2.31.9 35.2 -5--5--6--6 5 8.9 サンデーサイレンス / ローザネイ 栗) 橋口弘次 472 -2 1 1
02 クビ 秋山真一 55.0 2.32.0 35.6 -3--3--2--2 2 5.1 ジョリーズヘイロー / マチカネエルベ 栗) 湯窪幸雄 484 +4 2 2
03 アタマ デムーロ 54.0 2.32.0 35.1 10-10-10--9 1 2.5 サクラローレル / エイシンゴーデイー 栗) 中村均  462 +2 3 3
04 角田晃一 54.0 2.32.5 35.8 -7--7--8--6 8 21.8 デインヒル / サークルシヨウワ 栗) 田島良保 512 -4 9 8
05 ハナ 小牧太 58.5 2.32.5 36.1 -5--5--5--1 3 5.7 ダンスインザダーク / スプリングネヴァー 栗) 橋口弘次 492 -20 8 7
06 ハナ 石橋守 56.0 2.32.5 35.6 -9--9--9--9 4 6.1 サツカーボーイ / タケハナホープ 栗) 松永善晴 464 -2 4 4
07 松永幹夫 54.0 2.33.0 36.6 -2--2--2--5 6 14.8 メジロライアン / ブランドセレナーデ 美) 奥平雅士 474 -2 5 5
08 11/2 小原義之 52.0 2.33.2 36.9 -1--1--1--2 9 22.8 ティッカネン / ピュリースイート 栗) 小原伊佐 488 +4 10 8
09 21/2 本田優 57.0 2.33.6 37.1 -7--7--6--2 7 19.3 サンデーサイレンス / チアズダンサー 栗) 山内研二 462 -2 7 7
10 大差 岩崎祐己 50.0 2.35.4 39.0 -3--3--2--6 10 55.1 シンボリルドルフ / リュウコウサクラ 栗) 西橋豊治 506 -2 6 6
~払い戻し~
単勝 1番 (5人) 8.9 枠連 1-2 (13人) 25.0 複勝 1番(5人)
2番(2人)
3番(1人)
2.2
1.6
1.3
ワイド 1-2(8人)
1-3(5人)
2-3(1人)
7.0
4.8
2.8
3連複 1-2-3 (4人) 16.8 馬連 1-2 (10人) 25.3
3連単 馬単 1-2 (24人) 58.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 1番ヴィータローザ(橋口弘次郎調教師)
「勝ったので天皇賞に行きます。今日は落ち着いていました。前走の中京は入れ込んでいましたが、初コースは気を使う馬ですね。いつも4コーナー手前で脚色が怪しくなりますが、今日のように走る気を出すと強い競馬をします。今まで素質だけで走っていましたが、気性面で大人になってくれればいいんですが……」
5着 8番ダイタクバートラム(橋口弘次郎調教師)
「今日は休み明け、完調じゃなかった。しかしこの一走で筋肉がつきますから、次の天皇賞は良くなりますよ」ナを切っていけばこれくらいは走る馬ですよね。ただ、最後はもういっぱいいっぱいでしたけどね」だいぶ良くなっていまして、2週間で立ち直っていたと思ったのですが、なんといっても女の子ですしね。今日はスタートしてから自分のリズムで走っていませんでした。このあと、慎重に見て使い方を考えてみます」なかった。あれなら外を進んで自分から動いた方がよかったかもしれない」
10着 アルスブランカ(横山典騎手)
「気分次第な面があって今日はまったく競馬にならなかった」それを待っ

予想動画
関連記事
関連つぶやき