日経賞(2004/03/27) のレース情報

基本情報
中山芝・右2500M
開催
第03回 中山01日目
コース
中山芝・右2500M
クラス
オープンGⅡ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(国)(指)
頭数
14
発走時刻
15:40
回次
第 52 回
本賞金(万
6,400 - 2,600 - 1,600 - 960 - 640
レース名
日経賞 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
勝ちタイム:2.32.8
平均ペース
-20 (-65+45)
前半5F:
1.01.5
後半3F:
35.2
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 56.0 2.32.8 35.2 -1--1--1--1 2 10.0 タマモクロス / マヤノカンパネラ 美) 国枝栄  542 +4 3 3
02 クビ 柴田善臣 57.0 2.32.8 34.9 -3--3--6--5 1 1.1 サンデーサイレンス / ローミンレイチェル 美) 藤沢和雄 502 -4 6 4
03 田中勝春 57.0 2.33.0 34.9 -8--8--7--6 10 45.4 トニービン / ダービーキングダム 栗) 高橋成忠 460 -4 1 1
04 11/4 後藤浩輝 57.0 2.33.2 35.4 -5--6--5--2 3 18.6 マヤノトップガン / カーロッサ 栗) 安達昭夫 464 -2 4 3
05 13/4 木幡初広 56.0 2.33.5 35.4 -8--8--7--6 8 37.6 Spinning World / Savannah Song 美) 宗像義忠 522 -10 12 7
06 3/4 石崎隆之 56.0 2.33.6 35.1 12-12-12-10 9 39.8 ジョリーズヘイロー / マチカネエルベ 栗) 湯窪幸雄 480 -6 14 8
07 21/2 菊沢隆徳 57.0 2.34.0 35.7 11-11-11-10 6 31.2 リアルシヤダイ / ヤマノトウショウ 栗) 福永甲  472 -4 5 4
08 クビ 角田晃一 56.0 2.34.1 36.1 -7--6--7--6 4 22.5 ラムタラ / フェイヴァーワン 栗) 新川恵  450 -2 10 6
09 アタマ 横山典弘 57.0 2.34.1 34.8 14-14-14-13 13 189.8 サンデーサイレンス / アンシャンテ 美) 河野通文 500 +2 7 5
10 江田照男 58.0 2.34.6 36.6 -5--5--7-10 7 33.0 オペラハウス / ロイヤルバイオ 栗) 崎山博樹 506 +2 8 5
11 クビ 小野次郎 57.0 2.34.6 36.9 10--8--2--2 12 70.4 サンデーサイレンス / マイアミガルチ 美) 増沢末夫 468 +4 13 8
12 21/2 池添謙一 57.0 2.35.0 37.3 -3--3--2--2 5 28.1 チーフベアハート / レアシングチェリー 栗) 田所清広 476 -10 11 7
13 11/4 バルジュ 56.0 2.35.2 37.5 -2--2--2--6 11 67.2 ティンバーカントリー / ドミナントダンサー 美) 鈴木伸尋 506 -2 9 6
14 内田博幸 57.0 2.35.4 36.7 12-12-13-13 14 383.2 ホワイトマズル / シュガーダディガール 地) 福永二三 500 -2 2 2
~払い戻し~
単勝 3番 (2人) 10.0 枠連 3-4 (1人) 2.5 複勝 3番(2人)
6番(1人)
1番(7人)
1.3
1.0
3.4
ワイド 3-6(1人)
1-3(23人)
1-6(9人)
1.9
23.5
6.7
3連複 1-3-6 (10人) 31.0 馬連 3-6 (1人) 3.7
3連単 馬単 3-6 (9人) 21.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 3番ウインジェネラーレ(国枝栄調教師)
あれだけの大きい馬ですから、体を持て余していたんですが、ようやく体のハリもよくなりましたし、精神面でも成長してきましたね。前走は後ろから行く形になりましたが、今日蛯名騎手に聞いたら馬場は悪くないというので、位置取りは任せました。でも、ハナに行くとは思いませんでしたね。
最後は競り合って抜かせなかったわけですが、重賞を勝とうという馬はあれくらいでないと。やはり強くなっていますね。この後、天皇賞という事になるとどうでしょう。
スローな流れになって決め脚比べになると苦しいし、大きな馬が3000mを走っての脚への負担も気になります。ま、もう少し考えます。
2着 6番ゼンノロブロイ(柴田善臣騎手)
有馬記念に比べて、随分よくなりました。息っぷりもいい感じでしたよ。3コーナー辺りで流れが急に変わってちょっと狭くなってしまいましたが、直線でウインジェネラーレの外に並んだ時は勝てると思ったんですが……。
ま、これを使ってもっとよくなりますよ。れないと辛い…。」
5着 2番プリンシパルリバー(北村宏司騎手)
「勝った馬の後で大事に乗りました。そのおかげで、直線思ったよりいい反応をしました。頑張ってます。」
6着 5番イサオヒート(田中勝春騎手)
「流れに乗れなかったね。3コーナーからもう少し馬群を捌いていたら、3着はあったと思う。」
8着 6番トレジャー(柴田善臣騎手)
「1回も手前を替えていない。自分からなかなか進んでいかないですね。空回りしているようでした。」
9着 11番クラクエンリーグ(江田照男騎手)
「オープン馬のペースじゃないよ。前は脚を溜めているから止まんないよね。後ろから行く馬は苦しい。」スターキングマン(武豊騎手)
「やはり休み明けですからね。いつもの反応がなかったです。本当なら一気に上がっていけるんですけど今日は仕方がないでしょう。ここで一度叩かれたわけで、次の帝王賞に期待したいですね。」<

予想動画
関連記事
関連つぶやき