遠州灘特別(2004/03/14) のレース情報

基本情報
中京芝・左2000M
第01回 中京 04日目
11 R
芝・左2000M
晴  
2勝クラス特別
サ4上(混)[指] / ハンデ
遠州灘特別
16 頭
15:30発走
本賞金) 1,450 - 580 - 360 - 220 - 145 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 412.5 M
ペース平均:
-20
内枠好走:
1
勝タイム:
2.00.4
前半5F:
1.00.8
後半3F:
35.2
ペース:平均
-15 (-44+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 スボリッ 54.0 2.00.4 34.8 -6--3--6--5 5 14.7 ペンタイア / スケアヘッドライン 美) 佐藤吉勝 440 -4 1 1
02 アタマ 芹沢純一 51.0 2.00.4 34.5 10-10--9--8 13 36.9 ダンシングブレーヴ / メイショウハミング 栗) 高橋隆  418 0 5 3
03 1/2 吉田稔 55.0 2.00.5 35.0 -3--3--4--2 11 30.5 ブライアンズタイム / バルチックチル 栗) 南井克巳 510 +2 2 1
04 11/4 中舘英二 55.0 2.00.7 34.9 10-11--9--8 4 7.8 サクラバクシンオー / サンデイリッチ 栗) 沖芳夫  474 +2 16 8
05 クビ 小池隆生 53.0 2.00.7 35.5 -1--1--1--1 3 7.5 スキャン / ハローウエスト 栗) 宮徹   486 +4 6 3
06 3/4 松岡正海 51.0 2.00.8 35.0 10-11--9--8 16 45.9 ブライアンズタイム / ポンパドール 美) 奥平真治 426 +12 8 4
07 アタマ 内田浩一 52.0 2.00.8 35.1 -7--7--6--5 12 36.7 トニービン / ジョディーディア 栗) 宮徹   454 -4 11 6
08 クビ 向山牧 53.0 2.00.8 34.7 13-13-14-12 6 17.1 タマモクロス / ヒカルダンサー 美) 斎藤宏  418 -4 13 7
09 クビ 和田竜二 53.0 2.00.9 35.0 -7--7--9-12 14 42.4 メジロライアン / イナズマビクトリア 栗) 川村禎彦 476 0 7 4
10 1/2 安田康彦 55.0 2.01.0 34.7 16-16-16-12 8 21.5 Capote / California Rush 栗) 岡田稲男 466 +10 12 6
11 クビ 高橋亮 56.0 2.01.1 35.7 -2--2--2--2 1 2.9 フジキセキ / ミスババロア 美) 藤原辰雄 480 -4 3 2
12 3/4 橋本美純 54.0 2.01.2 35.5 -7--7--6--8 7 19.6 ブラックタイアフェアー / マーブルズタイム 栗) 田所清広 468 -6 15 8
13 11/4 畑端省吾 54.0 2.01.4 35.9 -3--3--4--5 15 43.0 コマンダーインチーフ / シスターソノ 栗) 坂口正則 496 +4 10 5
14 1/2 菊沢隆仁 54.0 2.01.5 35.6 14-14--9-12 10 27.2 ランドヒリュウ / テルノワカクサ 栗) 河内洋  506 0 14 7
15 13/4 柴原央明 55.0 2.01.8 35.7 14-15-14-16 2 4.9 タマモクロス / マコトコーラン 栗) 橋本寿正 452 -2 4 2
16 1/2 古川吉洋 52.0 2.01.9 36.5 -3--3--2--2 9 21.8 サンデーサイレンス / セトフローリアン2 栗) 瀬戸口勉 482 +14 9 5
単勝 1番 (5人) 14.7 枠連 1-3 (14人) 31.9 複勝 1番(5人)
5番(14人)
2番(13人)
4.6
9.0
8.9
ワイド 1-5(72人)
1-2(57人)
2-5(107人)
58.0
45.3
103.4
3連複 1-2-5 (322人) 1,327.9 馬連 1-5 (68人) 196.1
3連単 馬単 1-5 (121人) 384.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 ワンモアチャッター(友道師)
「掛かる馬だから3コーナーまでじっくり行って欲しいと騎手に伝えていた。スボリッチ騎手もよく研究してくれていたみたいで、前に馬を置いてうまく脚をためてくれた。ハンデ戦とはいえ昇級戦で内容がありました」
2着 メイショウラピート(芹沢騎手)
「前走も差のない競馬をしているし力はある馬。51キロもきいた」
3着 ファンドリマヤサン(吉田稔騎手)
「距離ロスなくレースができたが、最後は抜け切れませんでした」
4着 ロングユウシャ(中舘騎手)
「外枠がこたえた。前に壁を作らないとサッサカサッサカ行ってしまう馬なんです」
11着 ライウン(高橋亮騎手)
「無理して前に行ったわけではないのに3コーナーで一杯。やはり(脚を)ためる競馬が合っているんですね」は仕方ないけど、相手も強かったし……。これで賞金を加算したけれど、この後は立て直してオークスに直行ということもあるかもしれない。とにかく、ローテーションはこれから」しです」たので、追っつけながらになりましたが上手に対応していましたね。今日もよく走っているのですが、相手が一枚上でしたね」」
3着 ホクザンフィールド(岩田康誠騎手)
「馬は絶好調だった。一番いい脚を使ったと思うけど、大外をまわってかなりのロスをしてしまった。いい感じだっただけに残念」
4着 ノボジャック(小牧太騎手)
「スンナリ逃げられれば、勝ち目はあると思っていたが、勝ち馬に先に行かれてしまった。この馬のレースはできたと思う」
(取材:舩山陽司

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する