夕刊フジ賞クリスタルカップ(2004/03/14) のレース情報

基本情報
中山芝・右外1200M
第02回 中山 06日目
11 R
芝・右外1200M
晴  
GⅢ
サ3才(混)(指) / 別定
第18 回 夕刊フジ賞クリスタルカップ
13 頭
15:35発走
本賞金) 4,000 - 1,600 - 1,000 - 600 - 400 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
ペース平均:
8
内枠好走:
10
勝タイム:
1.08.6
前半5F:
56.2
後半3F:
35.5
ペース:平均
28 (80-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 56.0 1.08.6 35.5 -------1--1 1 2.3 Southern Halo / Taiki Crystal 美) 土田稔  480 +14 2 2
02 3/4 吉田豊 56.0 1.08.7 33.9 ------13-13 12 67.6 フジキセキ / プレミアムショール 栗) 須貝尚介 440 -4 6 5
03 ハナ バルジュ 56.0 1.08.7 34.2 ------11-11 10 51.5 アジュディケーティング / ケージースキー 美) 斎藤誠  522 -6 1 1
04 アタマ 内田博幸 56.0 1.08.7 35.2 -------4--4 6 20.1 スターオブコジーン / ウィッチズハット 美) 萩原清  512 -4 10 7
05 クビ 勝浦正樹 56.0 1.08.8 34.3 ------11-11 13 139.5 スターオブコジーン / フルフリングス 栗) 福島勝  466 0 4 4
06 ハナ 後藤浩輝 57.0 1.08.8 34.7 ------10--9 2 3.8 サクラバクシンオー / タイキミステリー 美) 田村康仁 506 +6 13 8
07 3/4 池添謙一 56.0 1.08.9 35.6 -------2--2 5 17.9 Foxhound / Krayyalei 地) 高橋三郎 498 -2 9 6
08 アタマ 木幡初広 56.0 1.08.9 35.1 -------8--5 9 36.4 サクラバクシンオー / ファストハーベスト 美) 小島太  462 -12 11 7
09 11/4 横山典弘 55.0 1.09.1 35.6 -------4--5 3 5.7 Peaks and Valleys / Dime Queen 美) 松山康久 528 +2 3 3
10 クビ 村田一誠 56.0 1.09.2 35.6 -------4--8 11 62.2 ブライアンズタイム / スリーエフ 美) 中川公成 448 -2 5 4
11 クビ 岡部幸雄 56.0 1.09.2 35.7 -------4--5 8 30.0 Wild Rush / Soap Opera Queen 美) 二ノ宮敬 466 -14 7 5
12 クビ 川島信二 57.0 1.09.3 36.0 -------2--2 4 7.5 サクラバクシンオー / サブリーナ 栗) 安藤正敏 486 -2 8 6
13 21/2 田中勝春 56.0 1.09.7 35.9 -------8--9 7 29.7 エリシオ / ハヴァグッタイム 栗) 加藤敬二 450 +2 12 8
単勝 2番 (1人) 2.3 枠連 2-5 (9人) 22.7 複勝 2番(1人)
6番(11人)
1番(12人)
1.6
10.0
12.2
ワイド 2-6(26人)
1-2(28人)
1-6(70人)
24.5
25.1
127.9
3連複 1-2-6 (150人) 849.0 馬連 2-6 (24人) 76.0
3連単 馬単 2-6 (27人) 95.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 タイキバカラ(蛯名騎手)
「いきなりガツンと馬が行く気になってしまって乗っている方が持っていかれた形。何か他の馬が行ってくれればと思ったけれど、行ってしまったので仕方なくハナへ。後はなんとか頑張ってくれればと思って乗った。今日のようなレースで我慢するんだから強い馬ですよ。
3着 ケージーアジュデ(バルジュー騎手)
「芝の感触に戸惑ったのか、スタートしてすぐにスピードを落としてしまった。それで後ろからのレースになったんだが、勢いがついてからはいい脚を使ってくれた。次はもっといいレースをしてくれると思う」
5着 テイエムボッケモン(勝浦騎手)
「道中はこんな行きっぷりでいいのか?という感じ。展開が向いたのもあるけど、一瞬いい脚を使ったね。力はあると思うよ」
6着 ナムラビッグタイム(後藤騎手)
「スタートから内にもたれて思うような位置をとれなかった。直線はそれなりに伸びてはいるんだけど、やっぱり内にもたれてたからね。初めてだからわからないけど、そのへんが課題かもしれない」
12着 タイセイブレーヴ(川島騎手)
「スタートでタイキバカラに行かれてしまって中途半端なレースになってしまった。最初から抑えていくレースをするつもりなら結果は変わったと思うんですが」もうひとつでしたから。能力はあるけど、まだトモがパンとしていないし、ホントによくなるのはまだ先でしょう」
5着 コスモサンビーム(バルジュー騎手)
「TOO FRESH! 心も体も久々なのか、まだまだでした。道悪は苦にしないけど、ゴーサインを出してからの反応が今ひとつだったのはその久々のせいかもね。結果は5着だけど、本番へ向けてまったく悲観していませんよ」
(佐々木晶師)
「道中力んで走っていたのは久々のせいだね。向正面でミスティックエイジにこすられる不利があったよ。勢いがつくところだったので残念だったが、距離など克服してくれたし、本番へのメドが立ちましたね」
6着 コンドルクエスト(蛯名騎手)
「返し馬で少し掛かるところがあったので掛からないように気をつけて、道中もフットワークがきれいなので馬場のいいところを選んで走りました。しかし現時点ではまだ課題がありますね」竄゚ようとしていましたからね。以前も船橋で同じようなことがありましたが、難しいところが出てしまいましたね。でも、次はまた牝馬同士のレースになるので頑張れると思いますよ。」
 
(取材:小林雅巳)驍ニ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する