ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(2004/03/13) のレース情報

基本情報
中山芝・右1800M
開催
第02回 中山05日目
コース
中山芝・右1800M
クラス
オープンGⅢ(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(混) 牝 [指]
頭数
16
発走時刻
15:40
回次
第 22 回
本賞金(万
4,200 - 1,700 - 1,100 - 630 - 420
レース名
ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
勝ちタイム:1.46.1
平均ペース
42 (12+30)
前半5F:
58.3
後半3F:
35.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 55.0 1.46.1 34.4 -8--8-10--8 9 15.4 フジキセキ / タイセイカグラ 栗) 中尾正  426 -2 4 2
02 1/2 田中勝春 55.5 1.46.2 34.2 15-15-14-11 6 10.5 サンデーサイレンス / ハッピートレイルズ 美) 藤沢和雄 478 +4 15 8
03 1/2 村田一誠 51.0 1.46.3 34.2 15-16-16-12 10 29.8 フジキセキ / キタノファンタジー 栗) 武邦彦  448 +4 11 6
04 ハナ 藤田伸二 53.0 1.46.3 34.9 -2--3--3--3 3 7.6 メイショウホムラ / メイショウハゴロモ 栗) 高橋成忠 498 -4 16 8
05 クビ 本田優 54.0 1.46.3 35.1 -4--4--2--2 4 8.0 サンデーサイレンス / チアズダンサー 栗) 領家政蔵 492 -4 6 3
06 1/2 横山典弘 56.0 1.46.4 34.9 10--9--5--5 8 12.4 サンデーサイレンス / ロゼカラー 栗) 橋口弘次 428 -4 2 1
07 11/2 吉田豊 54.0 1.46.6 34.8 14-12-10--8 7 10.7 ホワイトマズル / コクトビューティー 美) 勢司和浩 448 +4 10 5
08 ハナ 後藤浩輝 52.0 1.46.6 34.8 -9--9-10-16 11 44.7 ダンシングブレーヴ / エリモシユーテング 栗) 沖芳夫  456 +4 7 4
09 ハナ バルジュ 53.0 1.46.6 35.1 -6--6--5--5 2 6.7 サンデーサイレンス / フロムビヨンド 美) 鈴木伸尋 452 +6 3 2
10 13/4 安藤勝己 54.0 1.46.9 35.6 -2--2--3--3 5 8.1 Candy Stripes / Ocean Bay 栗) 宮徹   450 0 1 1
11 21/2 内田博幸 52.0 1.47.3 35.7 -6--6--9-13 12 67.9 メジロマックイーン / カンパナ 栗) 池江泰郎 466 +6 14 7
12 クビ 福永祐一 54.0 1.47.3 35.3 12-12-14-13 1 3.3 サンデーサイレンス / ビバムール 栗) 坂口正大 490 -6 8 4
13 ハナ 吉田隼人 49.0 1.47.3 36.8 -1--1--1--1 16 161.7 アンバーシヤダイ / ミデオンレディー 美) 戸田博文 506 -1 5 3
14 クビ 木幡初広 51.0 1.47.4 35.9 -4--4--5--7 15 137.6 サンデーサイレンス / リープフォージョイ 栗) 池江泰郎 446 +6 9 5
15 3/4 北村宏司 51.0 1.47.5 35.7 12-12-10-15 14 129.7 サツカーボーイ / バンシユーウエー 美) 石毛善彦 492 +10 13 7
16 13/4 江田照男 50.0 1.47.8 36.3 10--9--5--8 13 106.4 サンデーサイレンス / ディフェレンテ 美) 加藤征弘 516 -3 12 6
~払い戻し~
単勝 4番 (9人) 15.4 枠連 2-8 (5人) 10.2 複勝 4番(9人)
15番(6人)
11番(10人)
5.5
3.3
8.3
ワイド 4-15(32人)
4-11(48人)
11-15(41人)
24.1
47.3
33.4
3連複 4-11-15 (147人) 639.9 馬連 4-15 (29人) 64.3
3連単 馬単 4-15 (69人) 160.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 4番オースミコスモ(蛯名正義騎手)
「ペースが速く、うまく折り合い、よく伸びました。坂を上がってからもうひと伸びして、よく我慢してくれました」
2着 15番ハッピーパス(田中勝春騎手)
「もう一息だったね。出が遅くて、でも中途半端な競馬はしたくなかった。内をスムーズに行けました」
3着 11番フラワーチャンプ(村田一誠騎手)
「前走とは違って馬の気持ちが前向きになっていた。惜しかったね」
4着 16番メイショウバトラー(藤田伸二騎手)
「前の馬が残っているので、ペースがどうこうで負けたということではないですね。別に逃げ馬ではないので、好位でもいいというつもりで乗っていました。道中ゴチャついたときに少しかかる仕草をしましたが、勝てた競馬だったかもしれませんね。あえて敗因と言われれば、展開のアヤということでしょうか?」
8着 7番エリモピクシー(後藤浩輝騎手)
「3-4コーナーで手応えのなくなった馬が下がってきて、その後ろに入ってしまったからね。なのにここまで来るんですから。力を出し切れなかったですね」
9着 3番チューニー(D.バルジュー騎手)
「凄い手応えで、外に出したら伸びると思ったが、あと200mで止まってしまった。距離や馬体のせいじゃなく、気持ちが足りないかな」
12着 8番ピースオブワールド(福永祐一騎手)
「道中頭を高くしてレースをやめようとする。これだけ負けたら、展開や騎乗がどうという問題ではないですね」フか、まだまだでした。道悪は苦にしないけど、ゴーサインを出してからの反応が今ひとつだったのはその久々のせいかもね。結果は5着だけど、本番へ向けてまったく悲観していませんよ」
(佐々木晶師)
「道中力んで走っていたのは久々のせいだね。向正面でミスティックエイジにこすられる不利があったよ。勢いがつくところだったので残念だったが、距離など克服してくれたし、本番へのメドが立ちましたね」
6着 コンドルクエスト(蛯名騎手)
「返し馬で少し掛かるところがあったので掛からないように気をつけて、道中もフットワークがきれいなので馬場のいいところを選んで走りました。しかし現時点ではまだ課題がありますね」竄゚ようとしていましたからね。以前も船橋で同じようなことがありましたが、難しいところが出てしまいましたね。でも、次はまた牝馬同士のレースになるので頑張れると思いますよ。」
 
(取材:小林雅巳)驍ニころがあったからかな。前を行った馬が速かったので、2コーナーまでは我慢しようと思っていたんです。でもその後がねぇ‥‥」
(取材:小林雅巳)ーテーションを考えていたけど、ここまで惨敗したのは初めてだし、改めて馬の様子を見てから、今後を考えたいと思う」
(取材:中野雷太)冾フボコボコした馬場はよくないと見て、いいところを選んで走ったけど、走り方の問

予想動画
関連記事
関連つぶやき