1勝 (サ3才) 中山 7R 2004/03/13 のレース情報

基本情報
中山芝・右1800M
第02回 中山 05日目
7 R
芝・右1800M
晴  
1勝クラス   サ3才(特) / 馬齢
15 頭
13:20発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
image
直線 310 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.49.8
前半5F:
1.01.9
後半3F:
35.1
ペース:平均
-45 (-75+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 後藤浩輝 56.0 1.49.8 35.1 -1--1--1--1 1 2.3 サクラチトセオー / サクラジェンヌ 美) 勢司和浩 504 +6 14 8
02 11/4 蛯名正義 54.0 1.50.0 35.0 -2--3--3--3 7 23.0 スペシャルウィーク / ヒシショウコ 美) 国枝栄  466 -4 4 3
03 3/4 安藤勝己 56.0 1.50.1 33.8 15-15-15-10 4 13.6 デヒア / ペニーアップ 美) 小島太  472 -8 15 8
04 クビ 藤田伸二 56.0 1.50.2 34.9 -7--6--5--5 3 5.1 バブルガムフェロー / ダンシエンヌ 美) 加藤征弘 468 0 1 1
05 ハナ 村田一誠 56.0 1.50.2 34.4 12-11-12-13 6 20.2 ホワイトマズル / フレアリングセレス 美) 本郷一彦 482 +2 9 5
06 クビ 岡部幸雄 56.0 1.50.2 35.4 -2--2--2--2 12 60.6 エルコンドルパサー / パープルホワイト 美) 高橋祥泰 452 +2 8 5
07 北村宏司 56.0 1.50.5 35.2 -6--6--5--5 10 51.4 フジキセキ / カミノスルスミ 美) 嶋田功  452 0 3 2
08 11/4 田中勝春 56.0 1.50.7 35.6 -4--4--3--3 2 3.3 Spectrum / ディジーハイツ 美) 藤沢和雄 492 -4 13 7
09 1/2 柴田善臣 56.0 1.50.8 35.3 -9--8--8--8 5 19.0 スターオブコジーン / ウインクドリーム 美) 斎藤誠  492 +2 12 7
10 山中尊徳 54.0 1.51.1 35.6 12-11--8--8 14 309.1 ニホンピロウイナー / セイショウコスモス 地) 山浦武  434 -6 5 3
11 11/4 内田博幸 54.0 1.51.3 35.6 -7--8-12-15 8 37.0 ジョリーズヘイロー / ウイル 美) 柴崎勇  454 -1 7 4
12 1/2 石橋脩 54.0 1.51.4 35.9 12-14--8--5 13 205.0 ダンツシアトル / モリユウエル 美) 戸田博文 458 +2 10 6
13 クビ バルジュ 56.0 1.51.4 35.7 11-11-12-10 11 57.9 ダンスインザダーク / ローリングゲーム 美) 的場均  450 0 11 6
14 1/2 福永祐一 54.0 1.51.5 35.9 -9--8--8-13 9 51.0 バブルガムフェロー / グレイスルーマー 美) 栗田博憲 468 +12 2 2
15 大差 武士沢友 54.0 1.53.5 38.1 -4--5--7-10 15 328.0 メジロライアン / リバティドール 美) 中野渡清 416 -4 6 4
単勝 14番 (1人) 2.3 枠連 3-8 (8人) 26.3 複勝 14番(1人)
4番(7人)
15番(4人)
1.3
5.3
2.9
ワイド 4-14(10人)
14-15(4人)
4-15(30人)
10.7
5.1
30.0
3連複 4-14-15 (31人) 106.4 馬連 4-14 (11人) 32.7
3連単 馬単 14-4 (14人) 47.6
該当なし
レース後のコメント


1着 14番サクラエキスプレス(後藤浩輝騎手)
「前回はちぐはぐな競馬だったけど、今日は自分のペースで行けました。まだ良くなります」
2着 4番ヒシシンエイ(蛯名正義騎手)
「馬が怖がらないように注意して乗ったけど、思ったより競馬が上手でしたね。前が広くなったらシュッと出ていきました。芝向きだと思っていたし、トモにもっと力がつけばいいですね」
3着 15番コウギョウマシーン(安藤勝己騎手)
「枠入りは最後だったからまだマシだったけど、やっぱり少し遅れたね。でも前に乗ったときに凄い脚を見せてくれましたからね。距離も大丈夫。現状では今日のようなレースがいいようです」いうつもりで乗っていました。道中ゴチャついたときに少しかかる仕草をしましたが、勝てた競馬だったかもしれませんね。あえて敗因と言われれば、展開のアヤということでしょうか?」
8着 7番エリモピクシー(後藤浩輝騎手)
「3-4コーナーで手応えのなくなった馬が下がってきて、その後ろに入ってしまったからね。なのにここまで来るんですから。力を出し切れなかったですね」
9着 3番チューニー(D.バルジュー騎手)
「凄い手応えで、外に出したら伸びると思ったが、あと200mで止まってしまった。距離や馬体のせいじゃなく、気持ちが足

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する