オーシャンステークス(2004/03/06) のレース情報

基本情報
中山芝・右外1200M
開催
第02回 中山03日目
コース
中山芝・右外1200M
クラス
オープン特別(別定
レースNO
11 R
天候馬場
曇 良
条件
サ4上(混)(指)
頭数
16
発走時刻
15:40
本賞金(万
2,400 - 960 - 600 - 360 - 240
レース名
オーシャンステークス 
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
勝ちタイム:1.08.1
平均ペース
5 (57-52)
前半5F:
56.2
後半3F:
34.9
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小林淳一 54.0 1.08.1 34.4 -------7--5 9 25.0 ブライアンズタイム / シーヴィーナス 美) 池上昌弘 452 -6 2 1
02 クビ 後藤浩輝 55.0 1.08.1 34.5 -------4--5 3 5.2 カリスタグローリ / ペルソナソレイユ 美) 加藤和宏 466 -2 3 2
03 ハナ 岡部幸雄 56.0 1.08.1 34.9 -------1--1 1 2.9 Boston Harbor / Libby Lee 美) 松山康久 542 +6 7 4
04 11/4 勝浦正樹 55.0 1.08.3 34.6 -------7--8 7 12.7 Boston Harbor / Bay Barrister 美) 古賀史生 484 -2 6 3
05 アタマ 石崎隆之 56.0 1.08.3 33.7 ------15-14 5 12.3 ロドリゴデトリアーノ / ヤマノタンポポ 栗) 飯田雄三 500 -6 4 2
06 アタマ 柴田善臣 56.0 1.08.3 34.6 -------7--9 6 12.7 スターオブコジーン / ポトマツクチエリー 地) 坂本昇  516 +4 9 5
07 1/2 横山典弘 55.0 1.08.4 35.0 -------3--3 2 4.1 Boundary / Thunder Maid 美) 古賀史生 492 +6 13 7
08 クビ 田中勝春 53.0 1.08.4 34.2 ------11-11 4 11.3 Cozzene / レン2 栗) 宮徹   486 -10 10 5
09 クビ 横山賀一 55.0 1.08.5 34.0 ------14-14 15 294.1 ソヴィエトスター / マザートウショウ 美) 奥平真治 504 +14 11 6
10 ハナ 江田照男 55.0 1.08.5 33.8 ------16-14 12 109.7 Flying Spur / Sawlah 栗) 山内研二 542 -6 12 6
11 アタマ バルジュ 55.0 1.08.5 34.2 ------12-11 13 143.8 Southern Halo / Misty Silver 美) 手塚貴久 506 -6 15 8
12 アタマ 木幡初広 56.0 1.08.5 34.6 ------10--9 8 21.7 コマンダーインチーフ / グッドミセスマーフィー 栗) 安田隆行 468 -4 5 3
13 11/4 石橋脩 55.0 1.08.7 34.4 ------12-11 10 25.7 タイキシャトル / リターンバンダム 地) 曽和直栄 472 -8 1 1
14 11/4 北村宏司 54.0 1.08.9 35.4 -------4--3 14 216.3 Salt Lake / Piper Piper 美) 国枝栄  478 0 14 7
15 1/2 郷原洋司 53.0 1.09.0 35.4 -------4--5 11 68.2 サクラバクシンオー / サクラマツリ 栗) 福島信晴 458 -10 16 8
16 吉田豊 55.0 1.09.3 36.1 -------2--2 16 355.9 サクラバクシンオー / リバーフエイム 美) 大久保洋 492 -2 8 4
~払い戻し~
単勝 2番 (9人) 25.0 枠連 1-2 (11人) 24.7 複勝 2番(9人)
3番(3人)
7番(1人)
5.7
1.8
1.4
ワイド 2-3(22人)
2-7(17人)
3-7(2人)
17.3
13.0
3.6
3連複 2-3-7 (22人) 69.9 馬連 2-3 (29人) 84.7
3連単 馬単 2-3 (65人) 222.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 2番シルキーラグーン(小林淳一騎手)
「ゲートも上手いし、力もあるし、うまく流れに乗って最後捌ければいいレースになるとは思っていた。思っていた通りの競馬ができた。あとは一線級に混じって、どれだけの競馬をしてくれるかですね」
2着 3番トーセンオリオン(後藤浩輝騎手)
「うまくいったんだけど、最後は勝ち馬のほうが手応えが良かったからね。馬込みに入れられないので外を回ってくるしかないけど、勝った馬は平気で馬込みに入っていけるからねぇ……」
7着 13番サーガノヴェル(横山典弘騎手)
「よく走っているんだけど、馬が少し硬い感じがした。以前のいい頃と比べると、もうひとつだったかなぁ」
8着 10番レンドフェリーチェ(田中勝春騎手)
「急に1200mは辛いのかなぁ。もう少し長いところで慣れてきているから……」ッスル 安藤勝己騎手
「気の小さい馬で、他の馬が寄ってくるとビクッとしてブレーキをかけてしまいました。バネがあっていい馬なんですけどね」
「朝日杯では行ってしまったので、今日も行きたがっていましたがこの距離でどういう走りになるか掴みたかったんです。だから勝ちに出るならもっと早めにスパートするんですが、今日はトライアルですからね。負けたけど敵わない相手とは思わないし、今年のクラシックはみんな互角ですよ。ただ距離はギリギリですね。だからこの次は瞬発力勝負になったらきついでしょう。まあ今日の感じなら次は楽しみですよ」
3着 メテオバースト 安藤勝己騎手
「久々のためかテンションが高かったよ。もう少し力を抜いてフワッとしていたら最後はもっと弾けたはずで、2着も

予想動画
関連記事
関連つぶやき