内外タイムス杯(2004/02/28) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1800M
第02回 中山 01日目
11 R
ダート・右1800M
晴  
3勝クラス特別   サ4上(混)[指] / 別定
内外タイムス杯
14 頭
15:40発走
本賞金) 1,800 - 720 - 450 - 270 - 180 (万
コース・ラップ
ハイペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 308 M
ペース平均:
27
内枠好走:
-5
勝タイム:
1.54.4
前半5F:
1.01.5
後半3F:
39.8
ペース:ハイ
65 (83-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 57.0 1.54.4 38.6 -5--5--3--3 5 15.0 サンデーサイレンス / エイリーンズモーメント 美) 河野通文 484 -2 7 5
02 1/2 ペリエ 58.0 1.54.5 38.6 -4--4--3--3 1 1.8 メジロライアン / ラスティックベル 美) 高市圭二 496 -2 14 8
03 13/4 田中勝春 57.0 1.54.8 38.8 -6--6--6--6 14 195.1 アフリート / ドリームオン 美) 相沢郁  480 0 11 7
04 ハナ 小野次郎 57.0 1.54.8 38.3 -8--9-11--8 11 108.2 アサティス / コバノマニッシュ 美) 伊藤伸一 472 0 6 4
05 クビ バルジュ 57.0 1.54.8 38.6 10--9--8--8 7 24.7 Marquetry / Crafty Tenderoni 美) 鈴木伸尋 516 -6 5 4
06 クビ 柴田善臣 57.0 1.54.9 38.3 12-12-12-12 6 21.3 タマモクロス / ダイモンジ 栗) 田島良保 474 -10 1 1
07 21/2 江田照男 57.0 1.55.3 39.0 10--9--8--7 9 53.0 Sea Hero / Sue's Temper 美) 小林常泰 494 +2 9 6
08 11/4 鈴木慶太 57.0 1.55.5 40.9 -1--1--1--1 12 144.3 アフリート / アムワジ 美) 藤原辰雄 550 -4 10 6
09 13/4 中舘英二 56.0 1.55.8 39.6 -8--7--8--8 8 35.7 ロイヤルタッチ / リュウダイヤモンド 栗) 武田博  478 -6 4 3
10 1/2 後藤浩輝 57.0 1.55.9 40.8 -2--2--2--2 2 4.0 マーベラスサンデー / フジノタカコトブキ 美) 高木登  468 -6 8 5
11 クビ 石橋脩 56.0 1.56.0 39.2 14-14-14-12 10 92.6 ソウルオブザマター / ガーデンパーティ 美) 鈴木勝美 470 -2 12 7
12 31/2 北村宏司 56.0 1.56.6 40.5 -6--7--6--8 3 7.1 キョウワアリシバ / ハナコサン 栗) 大久保龍 480 +4 13 8
13 1/2 古川吉洋 57.0 1.56.7 40.9 -3--3--3--3 4 11.9 Gulch / Weekend Storm 栗) 武田博  440 -6 2 2
14 左海誠二 55.0 1.57.4 40.7 12-12-12-14 13 194.9 パラダイスクリーク / ニシノハナカゴ 美) 萱野浩二 474 0 3 3
単勝 7番 (5人) 15.0 枠連 5-8 (1人) 2.8 複勝 7番(4人)
14番(1人)
11番(14人)
2.3
1.2
34.8
ワイド 7-14(3人)
7-11(70人)
11-14(45人)
4.8
196.0
63.4
3連複 7-11-14 (112人) 653.1 馬連 7-14 (4人) 10.5
3連単 馬単 7-14 (12人) 34.5
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 アグネスアラシ 横山典弘騎手
「ひと叩きして順当に良化していました。追い出しても気の悪さを見せないでスッと反応しました。完璧な騎乗です」
2着 ベラージオ O.ペリエ騎手
「斤量を背負っているので、いい位置につけたいと思って前へ行きました。いい競馬でしたが、溜めた方が良かったかもしれません。力は出しています」
3着 セゴビア 田中勝春騎手
「今日はうまくいきました。雰囲気も良かった。前も引っ張ってくれましたからね」
4着 コバノファイター 小野次郎騎手
「道中いつも途中から掛かってしまうのに、今日はそんな所もなくいい競馬でした。新しい面を見せてくれました」
5着 エイシンクリバーン D.バルジュー騎手
「今日はテンから全くついていけない。追い通しです。ブリンカーのせいでしょうか。何かを気にしているようでした。残念な結果です」
10着 サイレンスボーイ 後藤浩輝騎手
「前を追っかけるような所もあり、スムーズというわけではなかったね。休み明けもあったのでしょうか」まったので、抑えてもと思い行きましたが、よく粘ってますね」
6着 スターオブアディラ(武豊騎手)
「砂を被ったら頭を上げて下がってしまった。1200mの馬という感じではないね」トミケンウイナー(岡林光浩調教師)
「スタートも良かったし、位置取りも良かった。体が減ってしまっていた分、伸びきれなかったかな」
4着 カネマサデューク(佐藤隆騎手)
「出遅れてしまった上に、落鉄していた。それが無ければ、もっと良い競馬が出来たと思う」
12着 ビービーバーニング(森下博騎手)
「笹針して、2ヶ月も開いた上に、男馬の一線級相手に1700m。いくら乗り込んでいたとはいえ、厳しいよ」マン(武豊騎手)
「やはり休み明けですからね。いつもの反応がなかったです。本当なら一気に上がっていけるんですけど今日は仕方がないでしょう。ここで一度叩かれたわけで、次の帝王賞に期待したいですね。」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する