関門橋ステークス(2004/01/25) のレース情報

基本情報
小倉芝・右2000M
第01回 小倉 04日目
11 R
芝・右2000M
曇  
3勝クラス特別   サ4上(混) / 別定
関門橋ステークス
10 頭
15:30発走
本賞金) 1,800 - 720 - 450 - 270 - 180 (万
コース・ラップ
ハイペース
直線 293 M
image
直線 293 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.01.4
前半5F:
59.4
後半3F:
37.5
ペース:ハイ
80 (51+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武幸四郎 54.0 2.01.4 37.5 -1--1--1--1 3 3.8 メイショウホムラ / メイショウハゴロモ 栗) 高橋成忠 504 +4 8 7
02 11/4 佐藤哲三 57.0 2.01.6 37.7 -3--3--2--2 2 3.6 サクラチトセオー / ロマンシラオキ 栗) 湯窪幸雄 486 -4 3 3
03 ハナ 中舘英二 54.0 2.01.6 37.0 -8--8--8--6 8 15.0 トニービン / バラワキ 栗) 湯窪幸雄 462 0 2 2
04 アタマ 渡辺薫彦 54.0 2.01.6 37.3 -7--7--5--5 1 3.3 メジロライアン / ベストダンシング 栗) 沖芳夫  478 +6 6 6
05 高橋亮 57.0 2.02.1 37.4 10-10--9--6 7 14.9 Southern Halo / Switch Ur Kingdom 栗) 浅見秀一 478 -4 1 1
06 スボリッ 56.0 2.02.6 38.5 -4--4--4--3 4 8.6 タイキシャトル / ハイスピリット 栗) 中尾正  498 +2 7 7
07 13/4 田嶋翔 55.0 2.02.9 38.1 -8--8-10--9 10 184.7 ジェネラス / ミュージカルラーク 栗) 崎山博樹 456 +4 10 8
08 11/4 河北通 57.0 2.03.1 38.8 -5--5--5--6 9 37.3 ティンバーカントリー / チャイナブリーズ 栗) 小野幸治 524 -8 4 4
09 秋山真一 56.0 2.03.9 40.0 -2--2--2--3 6 14.5 タイキシャトル / メイトリアーク 栗) 柴田政見 458 0 5 5
10 ハナ 池添謙一 55.0 2.03.9 39.4 -5--5--7--9 5 13.1 コマンダーインチーフ / エイブルカグラ 栗) 伊藤雄二 494 0 9 8
単勝 8番 (3人) 3.8 枠連 3-7 (1人) 4.9 複勝 8番(3人)
3番(1人)
2番(7人)
1.7
1.5
3.1
ワイド 3-8(1人)
2-8(8人)
2-3(11人)
2.8
6.6
7.3
3連複 2-3-8 (9人) 27.3 馬連 3-8 (2人) 7.2
3連単 馬単 8-3 (5人) 15.7
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 メイショウバトラー(武幸騎手)
「2番手でもいいと思っていたけど、前にいるインペリアルナイトを見て掛かって行ってしまった。1頭になったら落ち着いていたけどね。普通なら沈んでいる流れだったけど、そこから盛り返したのは力のある証拠だね」
2着 エーティーダイオー(佐藤哲騎手)
「この馬は力を出してよく頑張っている。相手が走りすぎただけだよ」
3着 メモリーキアヌ(中舘騎手)
「思った通りの競馬ができた。状態があまりよくないと聞いてたけど、能力が違うからこれだけ走れる。暖かくなればもっとよくなると思う」
4着 ベストアルバム(渡辺騎手)
「4コーナーで終わってしまった感じだった。滞在の効果はあったけど、もう少し調教が積めていればと思う。休み明けだからね」Sコーナー外を回ってもよかったんですが、もう一杯でした。流れが向かなかったのでしょうね」ヘ伸びているんですがね。距離は1200mより1600mのほうがやりやすいですよ」トの中で動き回って、あちこちぶつけながら出て行くような状態でした。ですからリズムにも流れにも乗れず、力を出し切れませんでした。基本的なところから直していかなければ苦しいですね」です」
2着 スターキングマン(武豊騎手)
「勝った馬が強いですね。結構ペースも速くて、いい展開になったと思っていました。それでいて最後は勝ち馬に、また突き放されてしまいましたから」
「きついコーナーを6回も周るので、(川崎記念のコースは)この馬に向いているとは言えませんが

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する