アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)(2004/01/25) のレース情報

基本情報
中山芝・右外2200M
第01回 中山 08日目
11 R
芝・右外2200M
晴  
GⅡ   サ4上(混)[指] / 別定
第45 回 アメリカジョッキークラブカップ
11 頭
15:35発走
本賞金) 6,400 - 2,600 - 1,600 - 960 - 640 (万
呼称: AJCC  →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 310 M
ペース平均:
14
内枠好走:
-3
勝タイム:
2.15.5
前半5F:
1.02.9
後半3F:
34.7
ペース:平均
-55 (-103+48)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤田伸二 57.0 2.15.5 34.0 -5--5--6--4 2 3.3 ウォーニング / ループスキークロス 栗) 山内研二 514 -2 8 7
02 ハナ 蛯名正義 56.0 2.15.5 34.1 -6--6--3--2 3 3.5 タマモクロス / マヤノカンパネラ 美) 国枝栄  538 +6 1 1
03 小野次郎 57.0 2.15.7 33.9 -7--7--8--4 8 40.7 サンデーサイレンス / マイアミガルチ 美) 増沢末夫 466 -4 2 2
04 クビ 吉田豊 57.0 2.15.7 33.6 11-11-11--8 4 10.2 French Deputy / Explosive Girl 美) 尾形充弘 478 0 7 6
05 ハナ 江田照男 57.0 2.15.7 34.3 -3--3--3--4 10 52.4 サンデーサイレンス / ポインテッドパス 美) 中野隆良 504 +2 9 7
06 クビ 柴田善臣 57.0 2.15.8 34.1 -7--7--8--8 5 16.5 サツカーボーイ / タケハナホープ 栗) 松永善晴 466 +6 3 3
07 3/4 田中勝春 56.0 2.15.9 34.2 -9-10--8-11 1 2.7 Spinning World / Savannah Song 美) 宗像義忠 532 +6 5 5
08 後藤浩輝 57.0 2.16.4 35.6 -1--1--1--1 6 21.5 Zafonic / Schezerade 美) 田村康仁 508 +30 11 8
09 11/2 北村宏司 57.0 2.16.6 35.0 -9--7--6--8 7 39.3 トニービン / ツィンクルブライド 栗) 橋口弘次 502 +6 4 4
10 3/4 村田一誠 56.0 2.16.7 35.6 -2--2--2--2 11 158.9 サンデーサイレンス / マリスター2 栗) 中尾秀正 478 0 10 8
11 11/2 横山典弘 57.0 2.16.9 35.6 -4--4--3--4 9 48.2 Silver Hawk / All My Memories 美) 河野通文 480 +8 6 6
単勝 8番 (2人) 3.3 枠連 1-7 (3人) 5.8 複勝 8番(2人)
1番(3人)
2番(7人)
1.4
1.4
5.6
ワイド 1-8(3人)
2-8(14人)
1-2(18人)
2.7
13.6
15.2
3連複 1-2-8 (15人) 50.8 馬連 1-8 (3人) 5.7
3連単 馬単 8-1 (6人) 10.9
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 ダンツジャッジ(藤田騎手)
「予想した流れと違ったが、2コーナーで大体判断できたので中団やや前につけました。勝負どころで置かれるのはいつものことですが、今日は外から一気に来られることなく順調にレースを進められました。自分では直線早めに抜けたように思ったんですが、内の馬とはずいぶん接戦だったんですね。これでGIIをとることができましたし、2200mの距離も克服したのでGIに挑戦していきたいですね」
2着 ウインジェネラーレ(国枝師)
「惜しかったけれど仕方ないですね。内容的にはいいレースでしたが、この馬に33秒台の末脚は使えませんから。今度は日経賞へ向かいます。そこにはダンツジャッジは出てこないでしょうから」
7着 ワールドスケール(田中勝騎手)
「余裕があれば4コーナー外を回ってもよかったんですが、もう一杯でした。流れが向かなかったのでしょうね」ヘ伸びているんですがね。距離は1200mより1600mのほうがやりやすいですよ」トの中で動き回って、あちこちぶつけながら出て行くような状態でした。ですからリズムにも流れにも乗れず、力を出し切れませんでした。基本的なところから直していかなければ苦しいですね」です」
2着 スターキングマン(武豊騎手)
「勝った馬が強いですね。結構ペースも速くて、いい展開になったと思っていました。それでいて最後は勝ち馬に、また突き放されてしまいましたから」
「きついコーナーを6回も周るので、(川崎記念のコースは)この馬に向いているとは言えませんが、この馬自身よく走っていると思います。このところずっと安定して走っていたし、今日も力は出せたと思います。またドバイで頑張ります」
3着 リージェントブラフ(大久保洋吉調教師

予想動画
関連記事
関連つぶやき
過去のレース一覧
当ページを共有する