京成杯(2004/01/18) のレース情報

基本情報
中山芝・右2000M
芝・右2000M
晴  
GⅢ   サ3才(混)(特) / 別定
第44 回 京成杯
10 頭
15:35発走
本賞金) 4,000 - 1,600 - 1,000 - 600 - 400 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
ハイペース
直線 310 M
image
直線 310 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.59.2
前半5F:
58.0
後半3F:
37.1
ペース:ハイ
93 (64+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 56.0 1.59.2 35.6 -6--5--6--6 2 2.5 エンドスウィープ / フォーカルプレーン 美) 河野通文 480 +8 9 8
02 11/4 後藤浩輝 56.0 1.59.4 37.3 -2--2--1--1 3 5.9 フジキセキ / サクラエンドレス 栗) 中村均  494 +4 6 6
03 31/2 バルジュ 56.0 2.00.0 36.7 -8--6--3--4 1 2.3 Kingmambo / マンファス 栗) 松田国英 494 -4 4 4
04 1/2 蛯名正義 56.0 2.00.1 36.8 -6--6--3--2 4 7.1 サンデーサイレンス / スプリングマンボ 栗) 橋田満  486 -2 7 7
05 田中勝春 56.0 2.00.6 36.4 10-10--8--8 7 52.8 シンボリルドルフ / アイネスターキン 美) 稲葉隆一 474 -4 8 7
06 ボニヤ 56.0 2.01.1 37.9 -3--3--3--4 8 73.4 サクラローレル / サンライト 美) 加賀武見 472 +12 3 3
07 クビ 吉田豊 56.0 2.01.1 38.3 -1--1--2--2 9 73.5 ロイヤルタッチ / シロツバキ 美) 南田美知 476 -2 10 8
08 11/4 石橋脩 56.0 2.01.3 37.4 -5--6--7--7 10 73.9 サニーブライアン / マヤノビクトリアス 美) 菅原泰夫 444 -6 1 1
09 柴田善臣 56.0 2.02.3 37.9 -9--9-10--8 5 21.7 エルコンドルパサー / ウインピット 栗) 南井克巳 490 -2 5 5
10 大差 藤田伸二 56.0 2.04.6 40.4 -3--3--8-10 6 38.8 フジキセキ / ビューティディクテイタス 美) 田村康仁 480 -2 2 2
単勝 9番 (2人) 2.5 枠連 6-8 (2人) 5.9 複勝 9番(2人)
6番(3人)
4番(1人)
1.0
1.2
1.0
ワイド 6-9(3人)
4-9(1人)
4-6(2人)
2.1
1.4
1.9
3連複 4-6-9 (1人) 4.0 馬連 6-9 (2人) 6.0
3連単 馬単 9-6 (3人) 8.9
該当なし
レース後のコメント


1着 9番フォーカルポイント(横山典騎手)
「スタートも良かったね。道中はもう少し前につける予定もあったんだけど、流れを見て中団につけました。自分としてはもう少し楽に交わせると思ったんだけど、相手がしぶとかった。でも上がりも良かったから、成長しているね」
(河野調教師)
「今日は+8キロでしたが、この成長がもう少し早く欲しかったですね。勝ちタイムも優秀で満足しています。エンドスウィープの産駒ですが、最初から1200mの馬ではないと判断して、長いところを使ってきました。今後はまだ未定ですが、クラシック路線に行けたらと思います」
2着 6番マイネルマクロス(後藤騎手)
「ハイペースだったかもしれないけど、あくまで自分のペースで競馬はできた。決してバテてはいないのだけど、相手の決め脚が上だったね」
3着 4番キングカメハメハ(バルジュー騎手)
「まだまだ経験不足で、自分が何をしたらいいのかがわかっていない。乗った感触ではものすごい能力を感じるので、経験を積めばいずれはチャンピオンになれる存在だと思う」
4着 7番スズカマンボ(蛯名騎手)
「いい形で競馬はできたけど、最後は一杯になってしまった」v
2着 スターキングマン(武豊騎手)
「勝った馬が強いですね。結構ペースも速くて、いい展開になったと思っていました。それでいて最後は勝ち馬に、また突き放されてしまいましたから」
「きついコーナーを6回も周るので、(川崎記念のコースは)この馬に向いているとは言えませんが、この馬自身よく走っていると思います。このところずっと安定して走っていたし、今日も力は出せたと思います。またドバイで頑張ります」
3着 リージェントブラフ(大久保洋吉調教師)
「今日の川崎競馬を、朝からずっと見ていたけど、時計が速すぎるね。この馬には、レコードが出るような馬場では厳しい。次はフェブラリーSの予定だが、使わなければダイオライト記念に行くことになると思う」
4着 カネツフルーヴ(松永幹夫騎手)
「スタート直後はカイジンクンが競りかけてきたけど、道中はこの馬自身のペースで、いい感じで行けました。展開は申し分無かったけど、馬自身が本調子に無いのかな。徐々に、徐々に変わってはいるのだけどね」
5着 コアレスハンター(内

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
過去のレース一覧
mirei
mirei
当ページを共有する