ニューイヤーステークス(2004/01/17) のレース情報

基本情報
中山芝・右外1600M
第01回 中山 05日目
11 R
芝・右外1600M
曇  
オープン特別   サ4上(混)[指] / ハンデ
ニューイヤーステークス
13 頭
15:40発走
本賞金) 2,400 - 960 - 600 - 360 - 240 (万
コース・ラップ
平均ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 310 M
ペース平均:
33
内枠好走:
11
勝タイム:
1.33.1
前半5F:
58.0
後半3F:
35.1
ペース:平均
26 (10+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 田中勝春 53.0 1.33.1 35.1 ----1--1--1 4 9.4 Candy Stripes / Ocean Bay 栗) 宮徹   450 -4 7 5
02 クビ ボニヤ 54.0 1.33.1 34.7 ----5--6--5 3 8.7 Mt. Livermore / モーニングタイド 美) 堀井雅広 474 +6 2 2
03 1/2 吉田豊 52.0 1.33.2 34.9 ----2--4--3 11 45.3 ミシル / メジロクロヒメ 美) 高橋裕  476 +2 6 5
04 11/4 菊沢隆徳 54.0 1.33.4 34.6 ---10--9-10 10 44.1 サンデーサイレンス / ミルレーサー 栗) 藤岡健一 440 +4 1 1
05 クビ バルジュ 55.0 1.33.4 35.0 ----5--6--5 1 1.7 Danehill / Soie de Rose 美) 鈴木伸尋 544 -10 5 4
06 クビ 柴田善臣 55.0 1.33.5 35.1 ----5--6--8 5 14.3 ブライアンズタイム / シンコウラブリイ 美) 藤沢和雄 540 +12 4 4
07 ハナ 江田照男 56.0 1.33.5 34.7 ----5--9--8 8 34.6 Rahy / A Chance of Storm 美) 鈴木勝美 498 +4 11 7
08 11/2 蛯名正義 52.0 1.33.7 35.5 ----3--4--5 9 35.5 デインヒル / ユキノローズ 栗) 鮫島一歩 466 +12 3 3
09 1/2 北村宏司 53.0 1.33.8 35.0 ---10--9-10 12 53.2 タイトスポット / イエローサファイア 美) 清水利章 500 +6 10 7
10 ハナ 橋本美純 55.0 1.33.8 34.2 ---13-13-13 7 20.1 サンデーサイレンス / タイムトゥダンス 地) 加藤幸保 460 -8 9 6
11 クビ 横山典弘 53.0 1.33.9 35.8 ----9--2--3 2 6.7 サンデーサイレンス / マイアミガルチ 美) 増沢末夫 470 +2 13 8
12 11/2 松岡正海 49.0 1.34.1 36.0 ----3--2--2 13 116.3 ミシル / イエローブルーム 美) 伊藤圭三 480 +10 8 6
13 勝浦正樹 56.0 1.34.3 35.3 ---12-12-12 6 16.5 Cozzene / チームカラーズ 美) 和田正道 538 +12 12 8
単勝 7番 (4人) 9.4 枠連 2-5 (9人) 20.7 複勝 7番(3人)
2番(4人)
6番(10人)
2.4
3.1
9.6
ワイド 2-7(8人)
6-7(21人)
2-6(40人)
8.6
17.8
40.7
3連複 2-6-7 (70人) 233.6 馬連 2-7 (8人) 22.8
3連単 馬単 7-2 (17人) 54.3
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 7番マイネアイル(田中勝春騎手)
「ハナにはこだわっていなかったが、ほかに行く馬がいなかった。ジワジワと伸びてしぶとく粘ってくれました」
2着 2番マイネルモルゲン(D.ボニヤ騎手)
「外へ出すのに手間取ってしまった。勝ち馬とはそのぶんの差」
5着 5番ミッドタウン(D.バルジュー騎手)
「抑えるレースの練習をしました。仕方ない5着です。ただ、抑えるレースにも従っていたし、次回以降は変わってくれると思う」
6着 4番トレジャー(柴田善臣騎手)
「競り合いになったら耳を絞ってほかの馬を威嚇していた」
10着 9番タイムトゥチェンジ(橋本美純騎手)
「スタートしてすぐにパッチンを喰らってしまい、流れに乗れなかった」u小さいから力がないんですね。稽古のようにゆっくり行って、最後にビュッと伸びればいいんですが。千二のダッシュ戦の後では、力がないだけに難しいですね。次走は芝で変わるでしょう」ない。乗った感触ではものすごい能力を感じるので、経験を積めばいずれはチャンピオンになれる存在だと思う」
4着 7番スズカマンボ(蛯名騎手)
「いい形で競馬はできたけど、最後は一杯になってしまった」v
2着 スターキングマン(武豊騎手)
「勝った馬が強いですね。結構ペースも速くて、いい展開になったと思っていました。それでいて最後は勝ち馬に、また突き放されてしまいましたから」
「きつ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する