ガーネットステークス(2004/01/11) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1200M
開催
第01回 中山03日目
コース
中山ダート・右1200M
クラス
オープンGⅢ(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(混)(指)
頭数
16
発走時刻
15:25
回次
第 8 回
本賞金(万
4,200 - 1,700 - 1,100 - 630 - 420
レース名
ガーネットステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
ハイペース
直線 308 M
勝ちタイム:1.10.9
ハイペース
84 (177-93)
前半5F:
57.3
後半3F:
38.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武豊 58.5 1.10.9 37.6 -------5--4 1 1.8 フォーティナイナー / ウメノアスコット 栗) 中村均  516 +6 6 3
02 31/2 松永幹夫 55.0 1.11.5 38.5 -------3--3 2 7.4 フサイチコンコルド / エビスファミリー 栗) 服部利之 488 -20 15 8
03 31/2 江田照男 54.0 1.12.1 38.1 ------10--9 6 16.0 フォーティナイナー / シーズグレイス 栗) 森秀行  460 +4 12 6
04 クビ 吉永護 51.0 1.12.2 39.4 -------1--1 13 109.0 シャンハイ / ハヤノキフジン 美) 松山康久 500 +12 16 8
05 アタマ 安藤勝己 57.0 1.12.2 39.3 -------2--2 4 9.3 Silver Deputy / Be My Baby 美) 和田正道 500 +2 14 7
06 アタマ 田中勝春 53.0 1.12.2 38.4 -------9--9 10 38.7 Polish Precedent / Gaily Grecian 栗) 山内研二 474 +2 13 7
07 1/2 勝浦正樹 57.5 1.12.3 37.8 ------16-15 9 33.5 ウォーニング / カディザデー 栗) 瀬戸口勉 450 -6 3 2
08 11/2 小林淳一 51.0 1.12.5 39.0 -------7--7 11 40.6 ブライアンズタイム / シーヴィーナス 美) 池上昌弘 458 +2 5 3
09 クビ 柴田善臣 55.0 1.12.5 39.5 -------3--4 7 20.9 キンググローリアス / ラブリーサンライズ 栗) 石坂正  530 0 10 5
10 3/4 蛯名正義 54.0 1.12.6 38.3 ------12-15 16 317.9 ホワイトマズル / プリンシパルマーゴ 栗) 藤岡健一 442 -4 7 4
11 3/4 中舘英二 54.0 1.12.8 38.6 ------12-11 12 106.7 シャンハイ / ブランドイナリ 美) 本郷一彦 490 +8 8 4
12 1/2 バルジュ 53.0 1.12.9 38.6 ------12-13 14 113.0 Southern Halo / Misty Silver 美) 手塚貴久 512 +8 2 1
13 クビ 内田博幸 57.0 1.12.9 39.0 ------10-11 3 9.0 アジュディケーティング / グリンパサー 地) 佐藤賢二 524 +4 4 2
14 クビ 河北通 53.0 1.13.0 38.7 ------12-13 15 176.3 アフリート / ツバキヒメ 栗) 小野幸治 492 -4 11 6
15 後藤浩輝 53.0 1.13.3 40.1 -------5--6 8 24.0 Boston Harbor / Home Again 美) 後藤由之 494 -2 9 5
16 アタマ 横山典弘 54.0 1.13.3 39.9 -------7--7 5 15.6 Boundary / Thunder Maid 美) 古賀史生 488 +2 1 1
~払い戻し~
単勝 6番 (1人) 1.8 枠連 3-8 (3人) 7.3 複勝 6番(1人)
15番(3人)
12番(5人)
1.1
2.0
2.2
ワイド 6-15(3人)
6-12(4人)
12-15(13人)
3.7
4.2
11.0
3連複 6-12-15 (6人) 23.0 馬連 6-15 (3人) 8.0
3連単 馬単 6-15 (3人) 10.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 マイネルセレクト 中村均調教師
「一昨年も武君に乗ってもらって勝ってはいるんだけど、『その時とは馬が違いますよ』と武君も驚いていた。それだけ腰の力が段違いについてきたということでしょう。今日は久々とトップハンデが心配で、4コーナーでムチが2,3発入った時はちょっとヒヤヒヤしたんだが、ドバイ遠征を考えている馬がこの辺で負けていられませんからね。期待通りしっかり伸びてくれました。ドバイ(ゴールデンシャヒーン)に選ばれるならフェブラリーステークスには出走せず遠征に備えます。次は根岸Sの予定です」
4着 バリオス 吉永護騎手
「このメンバーで楽にハナにいけて、最後も4着に粘ってるんだから強いレース。ハンデは軽かったとはいえ力をつけている証拠ですね」
5着 ディバインシルバー 安藤勝己騎手
「並んでからフワーッとしてしまう馬なんで本当はもっとすんなりしたレースが良かったんだけど、終いのタルい馬だしね。今日のレースはこの馬に合わなかったですね」4コーナーで手応えがよかったんですが、前の馬が止まってくれませんでしたね。折り合いはついていましたよ。今日は馬の良さは引き出したと思います。マイルから延びてもこなせると思います。」スターキングマン(武豊騎手)
「勝った馬が強いですね。結構ペースも速くて、いい展開になったと思っていました。それでいて最後は勝ち馬に、また突き放されてしまいましたから」
「きついコーナーを6回も周るので、(川崎記念のコースは)この馬に向いているとは言えませんが、この馬自身よく走っていると思います。このところずっと安定して走っていたし、今日も力は出せたと思います。またドバイで頑張ります」
3着 リージェントブラフ(大久保洋吉調教師)
「今日の川崎競馬を、朝からずっと見ていたけど、時計が速すぎるね。この馬には、レコードが出るような馬場では厳しい。次はフェブラリーSの予定だが、使わなければダイオライト記念に行くことにな

予想動画
関連記事
関連つぶやき