日刊スポーツ賞中山金杯(2004/01/05) のレース情報

基本情報
中山芝・右2000M
開催
第01回 中山01日目
コース
中山芝・右2000M
クラス
オープンGⅢ(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(混)[指]
頭数
16
発走時刻
15:25
回次
第 53 回
本賞金(万
4,300 - 1,700 - 1,100 - 650 - 430
レース名
日刊スポーツ賞中山金杯 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
勝ちタイム:1.59.2
平均ペース
2 (-27+29)
前半5F:
1.00.6
後半3F:
35.2
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 中舘英二 55.0 1.59.2 34.3 -7--6--7--7 4 9.1 パラダイスクリーク / スプリームクィーン 栗) 鶴留明雄 518 +4 7 4
02 31/2 田中勝春 54.0 1.59.8 34.7 -8--8--8--8 5 10.9 Spinning World / Savannah Song 美) 宗像義忠 526 +2 4 2
03 3/4 小野次郎 57.5 1.59.9 34.7 -8--9--8--8 3 7.0 ウォーニング / ループスキークロス 栗) 山内研二 516 +6 16 8
04 クビ バルジュ 54.0 2.00.0 35.8 -4--3--3--2 7 14.5 ジェイドロバリー / エルレイナ 美) 清水利章 490 +2 9 5
05 アタマ 大西直宏 55.0 2.00.0 33.8 15-16-15-15 9 15.0 サクラホクトオー / コガネセンガン 栗) 崎山博樹 472 -6 2 1
06 ハナ 蛯名正義 55.0 2.00.0 35.4 -4--5--5--4 2 5.4 アンバーシヤダイ / ミナガワローマン 美) 山田要一 486 +2 6 3
07 11/2 田嶋翔 55.0 2.00.2 34.8 10-10-10-10 12 18.3 サツカーボーイ / タケハナホープ 栗) 松永善晴 460 +4 5 3
08 石橋脩 51.0 2.00.4 34.5 13-13-13-13 16 138.9 ヘクタープロテクター / サベージレディ 栗) 鮫島一歩 468 -4 1 1
09 クビ 柴田善臣 57.0 2.00.4 35.9 -6--6--5--4 10 16.9 ペンタイア / ダイナマッケンジー 美) 田中清隆 468 +6 15 8
10 クビ 後藤浩輝 52.0 2.00.5 36.1 -3--3--4--4 11 17.5 ブライアンズタイム / フサイチカツラ 美) 秋山雅一 444 +4 13 7
11 ハナ 勝浦正樹 51.0 2.00.5 35.1 10-10-10-10 13 24.6 サニーブライアン / エステーローザ 美) 笹倉武久 488 -2 3 2
12 ハナ 安藤勝己 58.0 2.00.5 36.5 -1--1--2--2 1 5.2 ダンスインザダーク / アフターザサン 栗) 松田博資 482 +12 11 6
13 13/4 菊沢隆徳 54.0 2.00.8 35.4 10-10-10-12 14 33.4 タイキシャトル / リキサンフラッシュ 栗) 福島勝  466 -20 14 7
14 クビ 横山典弘 54.0 2.00.9 36.9 -2--2--1--1 8 14.8 サツカーボーイ / ヘイアンリリー 栗) 角居勝彦 510 +14 12 6
15 ハナ 吉田豊 56.0 2.00.9 35.0 13-14-13-13 6 13.4 French Deputy / Explosive Girl 美) 尾形充弘 478 +6 10 5
16 ハナ 郷原洋司 55.0 2.00.9 34.8 15-15-15-15 15 54.0 サンデーサイレンス / イージームービング 美) 河野通文 538 -6 8 4
~払い戻し~
単勝 7番 (4人) 9.1 枠連 2-4 (17人) 29.8 複勝 7番(4人)
4番(9人)
16番(3人)
2.9
4.5
2.5
ワイド 4-7(24人)
7-16(7人)
4-16(20人)
18.8
11.1
17.2
3連複 4-7-16 (35人) 117.8 馬連 4-7 (21人) 49.9
3連単 馬単 7-4 (30人) 80.3
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 7番アサカディフィート(中舘英二騎手)
「スタートが良ければ逃げるくらいのつもりでいたが、元々スタートの良くない馬なので、出たなりの位置で中団の位置になった。4コーナーに入るくらいで仕掛けたら手応えが良く、直線ではこれで差されたら仕方ないというくらいの勢いだった。去年は怪我をしてしまいましたが、今年は怪我をしないで頑張ります」
2着 4番ワールドスケール(田中勝春騎手)
「一回使って良くなっていた。これでオープンのメドが立ちましたし、上々の競馬でした。まだ子供っぽいところがあるし、これからの馬です」
4着 9番エルカミーノ(D.バルジュー騎手)
「レース中、他の馬のことを気にしながら走っているね。もっとレースに集中してくれればいいのだけど」
6着 6番カナハラドラゴン(蛯名正義騎手)
「4コーナーを回ったところで前が詰まった。そこで前に離されてしまった。勝つまではともかく、スムーズだったらもっと差を詰められた」
12着 11番タガノマイバッハ(安藤勝己騎手)
「いい時はこのペースでも全然大丈夫だったが、久々でまだまだ本調子とは言えないね」したと思います。マイルから延びてもこなせると思います。」スターキングマン(武豊騎手)
「勝った馬が強いですね。結構ペースも速くて、いい展開になったと思っていました。それでいて最後は勝ち馬に、また突き放されてしまいましたから」
「きついコーナーを6回も周るので、(川崎記念のコースは)この馬に向いているとは言えませんが、この馬自身よく走っていると思います。このところずっと安定して走っていたし、今日も力は出せたと思います。またドバイで頑張ります」
3着 リージェントブラフ(大久保洋吉調教師)
「今日の川崎競馬を、朝からずっと見ていたけど、時計が速すぎるね。この馬には、レコードが出るような馬場では厳しい。次はフェブラリーSの予定だが、使わなければダイオライト記念に行くことになると思う」
4着 カネツフルーヴ(松永幹夫騎手)
「スタート直後はカイジンクンが競りかけてきたけど、道中はこの馬自身のペースで、いい感じで行けました。展開は申し分無かったけど、馬自身が本調子に無いのかな。

予想動画
関連記事
関連つぶやき