水郷特別(2003/12/27) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1200M
第06回 中山 07日目
12 R
ダート・右1200M
晴   稍重
2勝クラス特別   サ3上(混)[指] / 別定
水郷特別
16 頭
16:00発走
本賞金) 1,450 - 580 - 360 - 220 - 145 (万
コース・ラップ
ハイペース
直線 308 M
image
直線 308 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.11.9
前半5F:
58.3
後半3F:
38.3
ペース:ハイ
64 (157-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 田面木博 57.0 1.11.9 38.3 -------1--1 5 7.7 ラストタイクーン / カオリローマン 美) 吉永正人 572 +10 6 3
02 ハナ 後藤浩輝 57.0 1.11.9 38.2 -------2--2 2 5.3 サンデーサイレンス / セブンレツトウ 美) 和田正道 530 +10 16 8
03 柴田善臣 57.0 1.12.1 37.6 -------8--6 9 21.6 ダンスインザダーク / モンテカモン 美) 松山康久 502 +6 10 5
04 クビ ペリエ 55.0 1.12.2 38.0 -------6--6 1 4.8 ダンシングブレーヴ / フリートレガッタ 美) 佐藤吉勝 528 0 14 7
05 アタマ 横山典弘 56.0 1.12.2 37.2 ------11-10 3 6.1 サンデーサイレンス / ミュンシー 美) 河野通文 492 +8 9 5
06 1/2 小野次郎 55.0 1.12.3 38.3 -------3--3 6 9.5 Crafty Prospector / Persian Flute 美) 柴田政人 496 0 12 6
07 21/2 田中勝春 57.0 1.12.7 38.8 -------3--3 4 7.4 フサイチコンコルド / ラブルーセント 美) 嶋田潤  486 -2 7 4
08 11/4 菊沢隆徳 56.0 1.12.9 38.0 ------11-13 15 79.6 サンシャインフォーエヴァー / ローマンニシキ 美) 的場均  460 +4 15 8
09 ハナ 吉田豊 56.0 1.12.9 37.9 ------11-12 8 17.4 サクラバクシンオー / ファストハーベスト 美) 大久保洋 544 +6 11 6
10 クビ 江田照男 56.0 1.12.9 38.5 -------8-10 7 14.0 フジキセキ / ダイワラブリー 美) 矢野英一 488 +4 5 3
11 11/4 小林淳一 57.0 1.13.1 37.8 ------14-14 16 155.5 ビゼンニシキ / ヤングチハル 美) 清水美波 470 +4 2 1
12 3/4 鈴木慶太 57.0 1.13.2 37.4 ------15-15 13 52.6 テンビー / サザントウショー 美) 藤原辰雄 486 +2 4 2
13 13/4 バルジュ 57.0 1.13.5 39.6 -------3--3 11 28.3 フサイチコンコルド / インフルエンス 栗) 田所秀孝 504 +8 13 7
14 クビ 坂井千明 55.0 1.13.5 39.1 -------8--8 14 67.8 ロドリゴデトリアーノ / リリーオブザダンス 美) 佐藤全弘 446 0 8 4
15 1/2 土谷智紀 57.0 1.13.6 39.4 -------6--8 10 26.1 クリスタルグリツターズ / シユジンスキー 美) 大江原哲 500 +2 1 1
16 勝浦正樹 56.0 1.14.3 37.2 ------16-16 12 30.0 アジュディケーティング / アンバーオーカン 美) 高橋裕  514 +4 3 2
単勝 6番 (5人) 7.7 枠連 3-8 (4人) 12.5 複勝 6番(4人)
16番(1人)
10番(8人)
2.6
1.9
5.1
ワイド 6-16(2人)
6-10(38人)
10-16(17人)
6.0
27.9
15.3
3連複 6-10-16 (27人) 109.3 馬連 6-16 (3人) 14.8
3連単 馬単 6-16 (4人) 29.3
該当なし
レース後のコメント


1着 6番カオリジョバンニ(田面木博公騎手)
「芝でしか乗ったことがないし、体も太くなっていたからダートの短距離に対応できるかどうか心配だった。行けるなら行こうと思っていたけど、よく頑張ってくれた。それでもやはり芝の方が合っている。今日はダートを"こなしてくれた"感じだね」
2着 16番ハスラー(後藤浩輝騎手)
「相手がしぶとかったね」
3着 10番モンテタイウン(柴田善臣騎手)
「ダートも悪くない。一息入れて馬も良くなっている」
4着 14番スナークスズラン(O.ペリエ騎手)
「よく走っているとは思うけど、ペースの違いからか本来のフットワークではなかった」
6着 12番レディーシップ(小野次郎騎手)
「内にモタれながらもよく走っていた」
7着 7番ダイタクソニック(田中勝春騎手)
「楽に追走しているように見えて楽じゃない。一杯一杯だった」前は左回りの短距離馬、というイメージだったけど、キングマンボの産駒だし、何よりこの馬自身が強くなっているから、距離も全然こなせるようになっている。この後は、川崎記念からフェブラリーS、選ばれればドバイへも遠征するつもり。そしてアメリカのレースを、春のうちに走らせてみたいと考えている」
2着 コアレスハンター(内田博幸騎手)
「今回も差す競馬がきちっと出来たことは収穫だったけど、あそこまで行ったら何とかしたかった。でも、この馬来年が本当に楽しみだよ」
3着 ビワシンセイキ(横山典弘騎手)
「よく頑張って走っているけど、最後は離されてしまった」
7着 サイレントディール(ペリエ騎手)
「馬が自分から行ってしまった、気持ちの問題だね」
8着 ナチュラル

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する