CBC賞(2003/12/21) のレース情報

基本情報
中京芝・左1200M
開催
第03回 中京06日目
コース
中京芝・左1200M
クラス
オープンGⅡ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(混)(特)
頭数
16
発走時刻
15:35
回次
第 39 回
本賞金(万
6,400 - 2,600 - 1,600 - 960 - 640
レース名
CBC賞 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 412.5 M
勝ちタイム:1.08.5
平均ペース
45 (97-52)
前半5F:
56.0
後半3F:
35.7
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤光彰 54.0 1.08.5 34.9 -------6--6 3 11.0 サクラバクシンオー / ジェーントウショウ 栗) 鶴留明雄 456 +4 5 3
02 1/2 二本柳壮 57.0 1.08.6 35.5 -------2--2 9 32.7 Boston Harbor / Libby Lee 美) 松山康久 536 +8 1 1
03 11/2 吉田稔 57.0 1.08.8 34.7 ------10-10 11 46.3 ロドリゴデトリアーノ / ヤマノタンポポ 栗) 飯田雄三 500 +4 6 3
04 ハナ 横山典弘 56.0 1.08.8 35.5 -------3--3 1 1.7 フジキセキ / ビーバップアルー 栗) 橋口弘次 484 +2 8 4
05 ハナ 古川吉洋 55.0 1.08.8 34.9 -------8--7 16 272.1 サクラバクシンオー / サクラマツリ 栗) 福島信晴 464 +4 9 5
06 クビ 松永幹夫 56.0 1.08.9 35.6 -------3--3 4 11.2 Distorted Humor / Glamorous Habit 栗) 山本正司 520 -2 3 2
07 11/4 秋山真一 57.0 1.09.1 34.7 ------13-13 10 34.8 サンデーサイレンス / サーストンフラッグ 栗) 福島勝  506 +8 4 2
08 11/4 ヒューズ 55.0 1.09.3 35.6 -------6--7 6 18.4 Boundary / Thunder Maid 美) 古賀史生 486 +2 7 4
09 3/4 長谷川浩 57.0 1.09.4 34.9 ------13-14 12 50.7 ラストタイクーン / セレクトレモン 栗) 中村均  526 +4 12 6
10 1/2 小池隆生 57.0 1.09.5 36.7 -------1--1 5 14.9 ウォーニング / オオシマルチア 栗) 大根田裕 504 +4 2 1
11 3/4 池添謙一 58.0 1.09.6 35.3 ------12-12 2 6.5 ウォーニング / カディザデー 栗) 瀬戸口勉 456 +8 15 8
12 小坂忠士 55.0 1.10.3 35.7 ------15-16 8 24.3 ロイヤルアカデミー2 / サーファーガール 美) 小桧山悟 496 +4 10 5
13 クビ 大西直宏 57.0 1.10.3 36.2 ------10-10 15 214.2 アフリート / ペシェミョン 栗) 沖芳夫  506 +4 13 7
14 クビ 武幸四郎 57.0 1.10.4 35.8 ------15-14 7 20.2 アフリート / ノーノーネヴアー 美) 阿部新生 500 +14 11 6
15 本田優 55.0 1.11.1 37.8 -------3--5 13 178.6 ロイヤルアカデミー2 / フラッシュグレイス 美) 加賀武見 466 -10 14 7
16 1/2 石橋脩 54.0 1.11.2 37.3 -------8--9 14 213.5 アンバーシヤダイ / ミデオンレディー 美) 戸田博文 506 +26 16 8
~払い戻し~
単勝 5番 (3人) 11.0 枠連 1-3 (12人) 27.3 複勝 5番(3人)
1番(9人)
6番(11人)
2.8
5.9
9.8
ワイド 1-5(32人)
5-6(47人)
1-6(67人)
32.7
47.9
95.9
3連複 1-5-6 (210人) 1,428.0 馬連 1-5 (31人) 120.9
3連単 馬単 5-1 (63人) 270.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 5番シーイズトウショウ(安藤光彰騎手)
「大人しくて、乗りやすそうな馬だと思っていました。道中の手応えも良く、直線では内を突くか外に出すか迷うくらいでした。150mくらいしか良い脚を使えないと池添騎手に聞いていたので、意識して乗りました。勝てて嬉しいです。」
3着 6番ゴールデンロドリゴ(吉田稔騎手)
「返し馬で乗ったときに走りそうな感じがしました。追っ付け追っ付けの追走でしたが、終いも良い脚を使ってくれました。」
4着 8番テンシノキセキ(横山典弘騎手)
「いつもは楽について行けるのに、今日は全然でした。」
5着 9番ナムラマイカ(古川吉洋騎手)
「このクラスでも着はあると思っていました。4角では勝てるかもと思ったのですが、最後は決め手の差が出ました。」
6着 3番ドローアウター(松永幹夫騎手)
「そんなに負けてないし、まだ3歳馬。よく頑張っています。馬場はもうちょっと良い方がいいみたいです。」
10着 2番カルストンライトオ(小池隆生騎手)
「ただビューっと行っているだけで、いつもの突っつかれて行くくらいの感じがなかった。馬場のせいなのかな。」
12着 10番イルバチオ(小坂忠士騎手)
「向正面で手応えが怪しくなってしまった。使い込んでいるからかもしれません。」過ぎないように言われていました。道中ムキになることもなく、いい感じで上手に競馬をしていたんですが…。」ように気をつけていた」
「感じは悪くなかったけど、微妙に距離が長かったみたいだし、斤量も堪えたかもしれない」
(取材:中野雷太)ィール(ペリエ騎手)
「馬が自分から行ってしまった、気持ちの問題だね」
8着 ナチュラルナイン(森下騎手)
「もっと走っていいと思うけど、中央で2度走った疲れがあるのかもしれない」
(取材:中野雷太)うな馬場では厳しい。次はフェブラリーSの予定だが、使わなければダイオライト記念に行くことになると思う」
4着 カネツフルーヴ(松永幹夫騎手)
「スタート直後はカイジンクンが競りかけてきたけど、道中はこの馬自身のペースで、いい感じで行けました。展開は申し分無かったけど、馬自身が本調子に無いのかな。徐々に、徐々に変わってはいるのだけどね」
5着 コアレスハンター(内田博幸騎手)
「2番手からのレースを考えていたけど、ペースが速くて、前を見る形になりました。2周目の3コーナーで勝ち馬が上がって行った時、ついていけませんでした。これま

予想動画
関連記事
関連つぶやき