ファーストレディー賞(2003/11/27) のレース情報

基本情報
大井ダート・右1790M
開催
第16回 大井04日目
コース
大井ダート・右1790M
クラス
重賞(
レースNO
11 R
天候馬場
条件
頭数
11
本賞金(万
2,000 - 700 - 400 - 200 - 100
レース名
ファーストレディー賞 
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 石崎隆之 57.0 1.53.3 - ----------- 3 0.0 480 +8 5 5
02 的場文男 57.0 1.54.1 - ----------- 1 0.0 ダンスインザダーク / フオアザボーイズ 美) 加藤和宏 459 +7 9 7
03 アタマ 左海誠二 55.0 1.54.1 - ----------- 4 0.0 462 +4 6 6
04 内田博幸 57.0 1.54.5 - ----------- 2 0.0 490 0 1 1
05 坂井英光 55.0 1.55.1 - ----------- 5 0.0 モガミ / ミヨウコウザン 美) 古賀一隆 494 +3 3 3
06 張田京 53.0 1.55.7 - ----------- 6 0.0 ヤマニンゼファー / アクセスイオウ 栗) 宮本博  505 +15 10 8
07 3/4 佐藤隆 57.0 1.55.9 - ----------- 7 0.0 アスワン / タマモビット 美) 成宮明光 478 +14 8 7
08 鈴木啓之 53.0 1.56.1 - ----------- 9 0.0 437 +1 7 6
09 見澤譲治 57.0 1.56.5 - ----------- 10 0.0 アサティス / ノースケープ 美) 伊藤圭三 504 -2 2 2
10 11/2 森下博 53.0 1.56.8 - ----------- 11 0.0 483 0 4 4
11 10 堀千亜樹 54.0 1.58.9 - ----------- 8 0.0 445 0 11 8
レース後のコメント


 石崎隆之騎乗のアートブライアンの圧勝に終わった大井競馬場のファーストレディー賞。レース後の関係者のコメントは以下のとおり。
●1着 アートブライアン
(石崎隆之騎手)
「間隔は開いていたけれど、馬はいい雰囲気だった。レースも思いどおりの競馬ができた」
「直線に入ってホウザングラマーが一気に来たけど、手応えが全く違ったからね」
「これだけの勝ち方ができれば、今後が楽しみになるよ」
(出川調教師)
「トゥインクルレディー賞の後、疲れが出たので少し休ませてここまで間隔を空けました。でも調整はしっかりやってきたし、最近は馬に落ち着きが出てきたのがいいですね」
「今回は距離も(前回から)1ハロン伸びたんだけれど、それ以上に斤量が57キロになるのが心配だったんです。それでもこれだけ強い勝ち方を見せられると、この秋ずいぶん力を付けたんだなと思います」
「この後はTCK女王盃(1月21日)を目標にしますが、その前に1回、埼玉新聞杯(12月24日)を使うことになるかもしれません」
●2着 ホウザングラマー(的場文男騎手)
「強い追い切りをしないでの(馬体重)7キロ増加。身体も重かったし、みんな一緒とは言っても57キロ(の斤量)はこの馬には厳しかったね。4コーナーまでは完璧なレース。でもしまいが切れなかったからね」
●3着 ブルーマドンナ(左海誠二騎手)
「スローペースにハマってしまった。脚を余して負けてしまった」
●4着 アオバコリン(内田博行騎手)
「転厩したし、今日は輸送もあったし、新たな環境に慣れてこれば、この後はまだ頑張れると思ってやっていきたいと思います」
(取材:中野雷太)」
12着 14番ユートピア(武豊騎手)
「出来は悪くないはずなんですが、結果が悪かった。精神的なものなのかもしれない」錐K騎手)
「折り合いをつけてがまんしたが、最後は馬も人もバテてしまった」
6着 タイガーテイル(ジレ騎手)
「京都で3着だったからJCでもいけるかと思ったが、相手は意外に強かった。それでも最後までいい走りをしてくれた。牝馬なのにがんばっている」
8着 デノン(ナカタニ騎手)
「馬の位置取りは悪くなかったが、直線でバテました。ペースがこの馬にはあいませんでした」
9着 イズリントン(ファロン騎手)
「馬場が軟らかすぎて切れ味を発揮できなかった。やはり硬い馬場でないとダメです」
14着 サクラプレジデント(武豊騎手)
「溺れたように走っていた。馬場もペースもあわなかった。行かすと掛かるし、抑えるとあの位置。ただ折り合いがついたのだけよかった」
15着 ツルマルボーイ(橋口師)
「この馬場では仕方ないよ」
16着 ジョハー(ソリス騎手)
「道中3、4回滑ってしまい、怖気づいてしまい前に行かなくなってしまった」黷骭`になって馬がムキになって行ってしまった。それでも途中で流れが遅くなると思ったんだけど、ペースが緩むところがなかったね」ーブ(岡部幸雄騎手)
「うん、相手なりに走っているとは思うけど、とにかく馬場が硬くて願わくばもう少し軟らかかったら…。」
16着 

予想動画
関連記事
関連つぶやき